2018年04月24日

PowerCLI再び・・・(その1)復習

6、7年前はよく使っていた時期がありましたが、
既に記憶の片隅に残っていない感があり、
まずは、復習から。


@PowerCLI
http://d.hatena.ne.jp/kt_hiro/20121019/1350631006

http://blog.bit-isle.jp/bird/2015/01/436

VMware Docs
https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/index.html#com.vmware.wssdk.apiref.doc/vim.vm.GuestOsDescriptor.GuestOsIdentifier.html



Connect-VIServer -User jackbauer -Password password 192.168.100.100

状態確認

VM一覧取得
Get-VM

特定VMの情報取得
Get-VM -Name "VM name" | Select-Object Name,PowerState,NumCpu,MemoryDB


データストアパス取得
Get-Datastore | Select-Object DatastoreBrowserPath


VMホスト一覧取得(物理ブレード一覧取得)
Get-VMHost

インベントリ取得
Get-Inventory


作成
@New-VM -name 'testsv4021' -vmhost (Get-VMHost -Name 192.168.200.200) -Datastore 'datastore' -NumCpu 2 -DiskMB(1024*30) -MemoryMB (1024*2) -DiskStorageFormat 'thin' -GuestID 'winNetStandardGuest'

ANew-VM -Name vm-test -vmhost esx003 -NumCpu 1 -Datastore vsanDatastore -DiskGB 10 -MemoryGB 4 -DiskStorageFormat Thin -GuestID windows
7Server64Guest -Location "Discovered virtual machine" -NetworkName "vCenter network"


メモリ変更(複数変更に使用可能)
Get-VM -name "testsv0421" | foreach {Set-VM -VM $_ -MemoryMB (1024*2)}

CPU変更

ディスク追加


VM停止(複数停止に使用可能)
Get-VM -name "testsv0421" | foreach {Stop-VM -VM $_}


Remove-VM -VM "testsv0421" -Confirm:$false


データストア上のvmxファイルからvCenterのインベントリに登録する

テンプレートから128台の仮想マシンをクローンする(仮想マシン名vm-1〜vm-128)

・仮想ネットワーク・アダプタの接続ポート・グループをまとめて切り替える


取得から1ヶ月以上経過した古いスナップショットを削除する

パフォーマンスデータをCSVに書き出す


・「VMware Tools のインストール」状態(CDマウント)のままになっている仮想マシンを一覧化





◎:円
ソフトウェアデザイン 2018年5月号
ソフトウェアデザイン 2018年5月号


平行して以下も同時に学習中です。
PowerShellではなく、Pythonでいいやん!という話もあるのですが、
実行環境にPythonをインストール、という点があるので、
PowerShellでのスクレイピングを先に確認する必要が・・・・という事情。


PowerShellでスクレイピング 前編 文字列を取得する
http://winscript.jp/powershell/304

PowerShellでスクレイピング 後編 HTMLをパースする
http://winscript.jp/powershell/305

Invoke-WebRequest だけ。

Invoke-WebRequest -Uri "http://www.yahoo.co.jp/"

Invoke-WebRequest -Uri "http://www.yahoo.co.jp/" -OutFile "E:\yahoo.txt"

(Invoke-WebRequest -Uri "http://www.yahoo.co.jp/").Links.Href




Invoke-WebRequest "https://www.google.co.jp/search?q=$([Uri]::EscapeDataString($searchWord))"

Invoke-WebRequest "https://www.google.co.jp/search?q=$([Uri]::EscapeDataString($広瀬すず))"


$client=New-Object System.Net.WebClient
$client.Encoding = [System.Text.Encoding]::UTF8
$content = $client.DownloadString("http://www.yahoo.co.jp/")


PS C:\Users\Jack> history

Id CommandLine
-- -----------

6 $client=New-Object System.Net.WebClient
7 $client.Encoding = [System.Text.Encoding]::UTF8
8 $content = $client.DownloadString("http://www.yahoo.co.jp/")
9 $content


A値の取得
 取得した値を変数に入れる。変数はハッシュか?個別に変数用意しておくか?

Import-Csv E:\24.csv.txt

Import-Csv E:\24.csv.txt -Header "name","Fullname","age"

タブ区切り
Import-Csv E:\24tab.csv.txt -Header "name","Fullname","age" -Delimiter `t



Import-Csv E:\24.csv.txt -Header "name","Fullname","age" | foreach{Write-Output $_.Fullname}





grepコマンドとPowerShellのsls (Select-String)の比較
http://tech.sanwasystem.com/entry/2016/07/05/185717

WindowsのタスクスケジューラーでPowerShellのスクリプトを実行する際には「パス」に注意
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1412/03/news125.html




【 Register-ScheduledTask 】コマンドレット――タスクスケジューラで実行する新しいタスクを作成する
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/01/news029.html



posted by アンドレアス at 07:39| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

本日発売!ソフトウェアデザイン 2018年5月号、今から買いに行って真っ先に読むのは・・・これ!“速い”データベースの作り方 だ!

第1特集 パフォーマンスを向上させるテーブル設計とSQL
“速い”データベースの作り方 、を真っ先に読みます。

さて、どこで読もうかな・・・・



◎ソフトウェアデザイン 2018年5月号:円
ソフトウェアデザイン 2018年5月号
ソフトウェアデザイン 2018年5月号



◎ソフトウェアデザイン 2018年4月号:円
ソフトウェアデザイン 2018年4月号
ソフトウェアデザイン 2018年4月号
posted by アンドレアス at 15:13| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

(問題形式)追加ディスク(3つ)にLVM設定を行いなさい。

問題形式にしました。
問1)
以下のようなディスク構成で、LVMを作成しなさい。
既に、sdaは利用中。
追加されるディスクが、sdb,sdc,sddとする。

/dev/sda 20GB
/dev/sdb 20GB
/dev/sdc 5GB
/dev/sdd 5GB


◆LVM・・・最終的に以下となるように。
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root: 18.8 GB

/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap: 2147 MB

/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1: 32.2 GB

◆LVM・・・最終的に以下となるように。
df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root
18G 861M 16G 6% /
tmpfs 931M 0 931M 0% /dev/shm
/dev/sda1 477M 28M 425M 7% /boot
/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1
30G 29M 28G 1% /elt1

◆LVM・・・最終的に以下となるように。
cat /etc/fstab

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Fri Jun 23 19:05:39 2017
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root / ext4 defaults 1 1
UUID=5edbc4ae-83c4-471a-ab97-5bb99cf209e7 /boot ext4 defaults 1 2
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap swap swap defaults 0 0
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
UUID=226a763d-9417-46a6-abc5-c1a3eccdee02 /elt1 ext4 defaults 0 0

◆最終的に以下となるように。pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 vg_c69aide lvm2 a--u 19.51g 0
/dev/sdb1 vg_elt1 lvm2 a--u 19.99g 0
/dev/sdc1 vg_elt1 lvm2 a--u 4.99g 0
/dev/sdd1 vg_elt1 lvm2 a--u 4.99g 0
# vgs
VG #PV #LV #SN Attr VSize VFree
vg_c69aide 1 2 0 wz--n- 19.51g 0
vg_elt1 3 1 0 wz--n- 29.98g 0
# lvs
LV VG Attr LSize Pool Origin Data% Meta% Move Log Cpy%Sync Convert
lv_root vg_c69aide -wi-ao---- 17.51g
lv_swap vg_c69aide -wi-ao---- 2.00g
lv_elt1 vg_elt1 -wi-ao---- 29.98g

◆最終的に以下となるように。正しUUIDは一致しなくても良い。
blkid
/dev/sda1: UUID="5edbc4ae-83c4-471a-ab97-5bb99cf209e7" TYPE="ext4"
/dev/sda2: UUID="x4N0Qc-t9R5-FCBu-HcDe-0eUU-Ezan-bz69b7" TYPE="LVM2_member"
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root: UUID="83ecf943-a408-42e6-9cc7-8a79f1066546" TYPE="ext4"
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap: UUID="7c0dca76-5c44-4825-9571-ce85aefc7e7d" TYPE="swap"
/dev/sdb1: UUID="WVGOlw-K6io-g0OR-hCtv-ZgB8-0Ho8-nFhmxQ" TYPE="LVM2_member"
/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1: UUID="226a763d-9417-46a6-abc5-c1a3eccdee02" TYPE="ext4"
/dev/sdc1: UUID="LNjN2Y-8MGY-VY0Q-q48M-evSL-J21l-g9blX6" TYPE="LVM2


◆与えられた環境
cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.9 (Final)

◆与えられた環境
df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root
18G 861M 16G 6% /
tmpfs 931M 0 931M 0% /dev/shm
/dev/sda1 477M 28M 425M 7% /boot

fdisk -l

ディスク /dev/sda: 21.5 GB, 21474836480 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 2610
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x0000ba79

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 * 1 64 512000 83 Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2 64 2611 20458496 8e Linux LVM

ディスク /dev/mapper/vg_c69aide-lv_root: 18.8 GB, 18798870528 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 2285
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


ディスク /dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap: 2147 MB, 2147483648 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 261
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000

pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 vg_c69aide lvm2 a--u 19.51g 0

vgs
VG #PV #LV #SN Attr VSize VFree
vg_c69aide 1 2 0 wz--n- 19.51g 0

lvs
LV VG Attr LSize Pool Origin Data% Meta% Move Log Cpy%Sync Convert
lv_root vg_c69aide -wi-ao---- 17.51g
lv_swap vg_c69aide -wi-ao---- 2.00g

◆回答@ 一気に3つディスク追加(こういうケースは無い気もするが、もしも・・・)

着眼点は、1、2、3。

1./dev/mapper/ボリュームグループ名_ホスト名-lv

/dev/mapper/vg_c69aide-lv

/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap

/dev/sda2 64 2611 20458496 8e Linux LVM

2.ディスクの確認 個数

/dev/sda

fdisk -l
ディスク /dev/sda: 21.5 GB, 21474836480 バイト

3.物理ボリューム、ボリュームグループ、論理ボリュームの関係

lv_root vg_c69aide -wi-ao---- 17.51g
lv_swap vg_c69aide -wi-ao---- 2.00g

pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 vg_c69aide lvm2 a--u 19.51g 0


そして、
ディスクは3つ追加する
各々1つパーティションを作成する。
3つ作成したパーティションは、ボリュームグループ名「vg_elt1」で1つにまとめる。


論理ボリューム名「lv_elt1」を、
ボリュームグループ名「vg_elt1」にマッピングする。


blkidコマンドで、「/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1」のUUIDを確認する。

/etc/fstab

回答(最速)
fdisk /dev/sdb
fdisk /dev/sdc
fdisk /dev/sdd

pvcreate /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1

vgcreate vg_elt1 /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1

lvcreate --name lv_elt1 --size 2998M vg_elt1
lvextend -l +100%FREE /dev/vg_elt1/lv_elt1
mkfs.ext4 /dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1

ファイルシステム作成してないと、blkidコマンドで/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1 のUUIDは表示されない。

/etc/fstab
UUID=60a936c9-25a3-426e-8550-fd17279a4dfc /elt1 ext4 defaults 0 0


回答A・・・1つ追加。次に1つ追加。最後に1つ追加

fdisk /dev/sdb
pvcreate /dev/sdb1
vgcreate vg_elt1 /dev/sdb1
lvcreate --name lv_elt1 -l +100%FREE vg_elt1

mkfs.ext4 /dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1

注)
This filesystem will be automatically checked every 20 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.


2つ目ディスク追加。
fdisk /dev/sdc

pvcreate /dev/sdc1
vgextend vg_elt1 /dev/sdc1
lvextend -l +100%FREE /dev/vg_elt1/lv_elt1

resize2fs /dev/vg_elt1/lv_elt1c

最後の3つ目追加

【参考】
https://qiita.com/TsutomuNakamura/items/93c6333c8dd32aeb197a

◎日経Linux 2018年 5 月号:円
日経Linux 2018年 5 月号 -
日経Linux 2018年 5 月号 -

◎日経Linux 2018年 3 月号:円
日経Linux 2018年 3 月号 -
日経Linux 2018年 3 月号 -

【参考】
iwamocchan blog 「LVM の論理ボリュームを拡張する」
http://iwamocchan11.hatenadiary.jp/entry/2015/11/04/010752#HDD-%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88
posted by アンドレアス at 07:29| Comment(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

追加ディスクとLVM・・・再び

VMware Workstation Pro(無料でVMware社が配布している、かつてVMWare Playerと呼ばれていたもの)で
CentOS6.9を起動し、
1.ディスク追加、LVM作成、
2.更にディスク追加、LVM拡張

を行いました。
いくつかのWebサイトを参照しつつ、やはり分かりやすく
手順を記載している場合でも、
細かい確認のレベルではコマンドを全て記載されているわけでも
ないので、自分で手順を作成しておくのが良いですね。

今回は、2まで作成することにします。





◎日経Linux 2018年 5 月号:円
日経Linux 2018年 5 月号 -
日経Linux 2018年 5 月号 -

◎日経Linux 2018年 3 月号:円
日経Linux 2018年 3 月号 -
日経Linux 2018年 3 月号 -

【参考】
iwamocchan blog 「LVM の論理ボリュームを拡張する」
http://iwamocchan11.hatenadiary.jp/entry/2015/11/04/010752#HDD-%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88
posted by アンドレアス at 07:24| Comment(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PowerShellメモ(20180413)・・・日経NETWORKのバックナンバーを読みながら復習した記録

今日は、4月13日だ!

個人的な話はさておき、本題へ。

日経NETWORKのバックナンバーより、
2ページ連載していたPowerShellの連載を復習していました。
4/4〜
すっかり、忘れていたものが、記憶から蘇りました(^^)

以下はメモです。抜粋しておきました。
@Select-Object
AWhere-Object
BSort-Object
---------------------
Get-NetIPAddress

Get-NetIPAddress | Select-Object IPAddress

Get-NetIPAddress | Select-Object InterfaceAlias,IPAddress

Get-ChildItem -Recurse | Where-Object Length -ge 100000000

Get-ChildItem | Format-Wide -Column 5

Get-ChildItem -Recurse | Where-Object Length -ge 10000000 | Select-Object FullName,Length | Sort-Object Length -Descending | Export-Csv -Path E:\filelist20180404.csv -NoTypeInformation


Get-Command Format-* | Format-Table -AutoSize

Get-NetIPAddress | Format-Table -AutoSize

Get-NetIPAddress | Format-Table -AutoSize -GroupBy AddressFamily

Get-Command | Select-Object * | Out-GridView

Get-NetIPAddress | Select-Object IPAddress,InterfaceAlias | Where-Object InterfaceAlias -Like *イーサ*

Get-ChildItem -Recurse | Where-Object Length -ge 100000000 | Select-Object FullName,Length | Sort-Object Length -Descending | Export-Csv -Path E:\20180407.csv -NoTypeInformation

出力ファイルの1行目に、以下の行が出力されなくなる(させないでOK。不要な情報)
#TYPE Selected.System.IO.FileInfo

Get-ChildItem $env:windir\notepad.exe | Format-List -Property *

◆変数の扱い

$a=1
$b="1"
$c=$a+$b;$c

配列
$svc[25]
$svc.Name

$SVC.ForEach(If($_.Status -eq "Stopped"){Echo $_.Name}}


$SVC.Where{$_.Name -like "*Adobe*" }

$SVC.Where{$_.DisplayName -like "*Acro*" }

Whereの直後にスペースを入れるとエラーになる。

2018/4/7(土)
Test-NetConnection localhost -Port 445

4/9(月)
cd env:
dir
$env:Username

◆連想配列
$htable=@{Japan="Tokyo"; USA="Washington D.C"; Egypt="Cairo"}

$htable["Australia"] = "Canberra"

$htable.GetEnumerator() | Sort Name

$htable.Add("Jordan","Amman")

$htable.Remove("Jordan")

$24=Import-Csv -Header 1,2,3 .\24.csv -Encoding Default

$ht_24 = @{}

$24.ForEach{$ht_24[$_.1]=$_.3}

$ht_24.GetEnumerator().Where{$_.Name -like "*Jack*"}

foreach($name in $ar_names){Write-Host $name}

$ar_names | foreach{Write-Host

2018/4/12(木)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/23/news023.html
イベントログ「Application」のエラーのみ、CSVファイル形式で、Eドライブに出力する。

Get-EventLog Application | Where-Object {$_.EntryType -eq "Error"} | Export-Csv -
Encoding Default "E:\20180412_ApplicationLog.csv" -NoTypeInformation


Get-EventLog system | Group-Object Source | Sort-Object Count -Descending

Set-Location E:\
New-Item 20180412 -ItemType directory
New-Item 20180412.txt -ItemType file
New-Item 20180412.txt -ItemType file -Value "2018/4/12(木)"

今日から毎日使うのが以下。

==============================================================
Set-Location E:\

$now2=Get-Date -Format "yyyyMMdd_HHmm"
$foldername=$now2

==============================================================
Set-Location E:\

$now=Get-Date -Format "yyyy/MM/dd HH:mm:ss"
$today=Get-Date -Format "yyyyMMdd"
$fname = $today + ".txt"
New-Item $fname -ItemType file -Value $now -Force
==============================================================

▲最後が失敗した、FTPサーバ側(vsftpd)をPASSIVE MODE可能にしてもダメだった。
 後で、再度確認
$File = "20180412.csv"
$ftp = "ftp://jack:jack@10.102.10.14/"
Write-Host -Object "ftp url: $ftp"
$webclient = New-Object -TypeName System.Net.WebClient
$uri = New-Object -TypeName System.Uri -ArgumentList $ftp
Write-Host -Object "Uploading $File..."
$webclient.UploadFile($uri, $File)


【参考】
SQL Serverコマンド(抜粋その1)、復習中です。
http://linuxcommand2007.seesaa.net/article/452723846.html


◎SQLServer2012逆引き大全515の極意:円
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
◎SQL Server 2016の教科書 開発編:3,888円
SQL Server 2016の教科書 開発編 -
SQL Server 2016の教科書 開発編 -

◎SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応:3,996円
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
posted by アンドレアス at 07:20| Comment(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

発売開始!日経Linux 2018年 5 月号 のAmazon AIスピーカーで音声操作は真っ先に読みたい!

Alexa関連サービスは今後の続けていきたいので、
やはり、特集の「Amazon AIスピーカーで音声操作」を
最初に読みたいですね!

今から買いに行きます。
雨は降っていない・・・。

◎日経Linux 2018年 5 月号:円
日経Linux 2018年 5 月号 -
日経Linux 2018年 5 月号 -

◎日経Linux 2018年 3 月号:円
日経Linux 2018年 3 月号 -
日経Linux 2018年 3 月号 -

posted by アンドレアス at 13:04| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

2018年04月03日

バックナンバー、WEB+DBPressvol100 の 特集2 完全HTTPS化 を読み直す!

WEB+DBPressvol100の特集2 完全HTTPS化を
朝から再読中です。

やはりmixed contentの効率的な修正について記載された
第3章には目を通しておきたいところです。


◎WEB+DB PRESS Vol.100:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.100の特集は
3つとも、読み応え十分の内容で、どれがNo1と選ぶのが困難な
内容です。
ただ、予想外に良かった内容が別にあり、
それは、「記念エッセイ あのときの自分へ」です。
特に最初のFlashでおなじみ深津貴之さんの「勉強すべきこと、すべきでないこと」の
文体・文章が秀逸でした。
2006年の自分に宛てた手紙、という形式でつづった文章は
「うまい!」と思わせ、かつ内容も2ページにしては十分な内容です。
文章最後の「いきなり1週間ほど徹夜します。頑張って下さい」も、
笑いました(^^)
皆さんもぜひ、一読を!
WEB+DB PRESS Vol.100 -
WEB+DB PRESS Vol.100 -


◎WEB+DB PRESS Vol.102:円
WEB+DB PRESS Vol.102 -
WEB+DB PRESS Vol.102 -

◎WEB+DB PRESS総集編[Vol.1~102]:円
今、知りましたが、これは超!超!お買い得ですね!
最新102号まで全部揃った総集編が出ました!
WEB+DB PRESS総集編[Vol.1~102] -
WEB+DB PRESS総集編[Vol.1~102] -



posted by アンドレアス at 07:17| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

売れてますね!「AWSによるサーバーレスアーキテクチャ」は、Lambda,APIGatewayの解説もさることながら、4章5章のIAMや認証周りが実践的で役立ちます!

Lambda,APIGatewayの解説もさることながら、
4章5章のIAMや認証周りが実践的で役立つように感じます。

仕事で利用可能な内容が多いので、
会社費用でいいから買ってもらい、自分の机の上に
置いておくことをおススメします!

◎AWSによるサーバーレスアーキテクチャ:円
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ -
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ -

◎クラウドエンジニア養成読本[クラウドを武器にするための知識&実例満載! ]:円
クラウドエンジニア養成読本[クラウドを武器にするための知識&実例満載! ] (Software Design plusシリーズ) -
クラウドエンジニア養成読本[クラウドを武器にするための知識&実例満載! ] (Software Design plusシリーズ) -


◎Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド:円
4月から入社する新人教育にもおススメです!
Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド (Informatics&IDEA) -
posted by アンドレアス at 12:18| Comment(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発売開始!Interface(インターフェース) 2018年 05 月号、特集のコンセプト、準備は最小限で習うより慣れろで、だそうです。さっそく買ってきます!

◎Interface(インターフェース) 2018年 05 月号:円
Interface(インターフェース) 2018年 05 月号 -
Interface(インターフェース) 2018年 05 月号 -

Interface(インターフェース) 2018年 05 月号
動く電子ノート&ラズパイで習うより慣れる
もくもく自習 人工知能が特集ですが、
特集のコンセプトは、準備は最小限で習うより慣れろで、
だそうです。

さっそく買ってきます!

◎Interface(インターフェース) 2018年 04 月号:円
ついにAIスピーカーが特集に出てきた4月号ですが、
今、SDK等をインストール中です。
インストールスクリプトが最新Rasbianではエラーが出たり、
(uname -aの結果が変わっているため)
いちいち修正したりする必要があり、
面倒くさいです。(^^)

それとRaspberryPi3を使っていますが、
音の入出力の設定・確認は結構面倒くさいですね。

確認ポイントや、書籍のコマンドが間違っている等の点
(昔は使えていたコマンドなのか?)。

◆追記 2018/3/25(日)
皆さんが時間を無駄にしないようにメモしておきます。

1.SDKダウンロード用のsetup.sh スクリプトは変更が必要です。

最新バージョンのRaspbianの uname -a の結果が
setup.sh スクリプト(73行目付近)と合致しないため、
エラーで終わってしまいます。
自分で修正が必要がありますが、
大半の人は、自分で修正可能な簡単なレベルです。

ただ、面倒くさいなー、と思いました。

なかなか、すんなり進みませんよねー。

また、Interface 2018年4月号では、
bash setup.sh config.txt などのコマンド実行時に、
sudoが付記されてませんが、
sudoをつけないと、最後の方(97%くらい)でエラーになる(はず)なので、
sudoはつけましょう。

sudo bash setup.sh config.txt
とか
sudo bash startauth.sh
と、書いています。下記にちゃんと。
https://github.com/alexa/avs-device-sdk/wiki/Raspberry-Pi-Quick-Start-Guide-with-Script


2.ローカル設定後、話しかけた後の音声

t コマンド後、マイクで話しかけた後、
Alexaのspeakが行われているのに、
音声が聞こえない。

結局、Raspbianのボリュームを大きくしているうちに、
HDMIでディスクプレイから音声が出ていることに気付いた。

なぜか、イヤホンから聞こえず。

もちろん、アナログ設定しているのに、である。
raspi-configでAudio設定しているし、
メニューバーの右クリックでAnalog(HDMIではなく)になっていることも確認。
(再起動しても変化無し。)

となるとSDKのどこかで設定されているのでしょう。

あとは、ログインして調べるしかないかな。

Internet検索ではすぐに該当する事象の解決方法は見つからず。
とりあえずHDMIからAlexaの音声が聞けるから、先に進めよう。

Interface(インターフェース) 2018年 04 月号 -
Interface(インターフェース) 2018年 04 月号 -

◎WEB+DB PRESS Vol.104:円
WEB+DB PRESS Vol.104 -
WEB+DB PRESS Vol.104 -
Openstack特集もあり、かなり貴重な内容になっています。
Packstackによる構築の内容もあるので、買っておくと
自宅クラウドや会社クラウドで役立ちます。

posted by アンドレアス at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする