2016年05月29日

Ubuntu16.04イントール(ubuntu-16.04-desktop-amd64.iso)

こちらはdesktop版です。

○環境
VMware Player
ISOファイル
・ubuntu-16.04-desktop-amd64.iso
・apt-get install で。

◆結果
Perl:v5.22.1
PHP:PHP 7.0.4
ruby:2.3.0p0
Python:Python 2.7.11+,3.5.1+
Golang:go1.6.1
Git:2.7.4

注)# apt-get install php7.0-mbstring
apt-get install php-mbstringだと
php-mbstringとphp7.0-mbstringの2つをインストールしようとする。
ここではphp7.0-mbstringのみ選択とした。

# hostname
ubu1604ngphp1

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04 LTS"

# uname -a
Linux ubu1604ngphp1 4.4.0-21-generic #37-Ubuntu SMP Mon Apr 18 18:33:37 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

# dpkg -l | grep nginx
ii nginx 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server
ii nginx-common 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server - common files
ii nginx-core 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 amd64 nginx web/proxy server (core version)


# dpkg -l | grep php
ii php 1:7.0+35ubuntu6 all server-side, HTML-embedded scripting language (default)
ii php-common 1:35ubuntu6 all Common files for PHP packages
ii php7.0 7.0.4-7ubuntu2.1 all server-side, HTML-embedded scripting language (metapackage)
ii php7.0-cli 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 command-line interpreter for the PHP scripting language
ii php7.0-common 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 documentation, examples and common module for PHP
ii php7.0-fpm 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 server-side, HTML-embedded scripting language (FPM-CGI binary)
ii php7.0-json 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 JSON module for PHP
ii php7.0-opcache 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 Zend OpCache module for PHP
ii php7.0-readline 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 readline module for PHP


# dpkg -l | grep mysql
ii mysql-client-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database client binaries
ii mysql-client-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database core client binaries
ii mysql-common 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database common files, e.g. /etc/mysql/my.cnf
ii mysql-server 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database server (metapackage depending on the latest version)
ii mysql-server-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries and system database setup
ii mysql-server-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries



# perl -v
This is perl 5, version 22, subversion 1 (v5.22.1) built for x86_64-linux-gnu-thread-multi
(with 58 registered patches, see perl -V for more detail)
Copyright 1987-2015, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl". If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.

# php -v
PHP 7.0.4-7ubuntu2.1 (cli) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

# python -V
Python 2.7.11+

# python3 -V
Python 3.5.1+

# ruby -v
ruby 2.3.0p0 (2015-12-25) [x86_64-linux-gnu]


# go version
go version go1.6.1 linux/amd64

# git --version
git version 2.7.4

# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
udev 973M 0 973M 0% /dev
tmpfs 199M 6.4M 192M 4% /run
/dev/sda1 38G 4.5G 31G 13% /
tmpfs 992M 216K 992M 1% /dev/shm
tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock
tmpfs 992M 0 992M 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 199M 48K 199M 1% /run/user/1000


# mount
sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
proc on /proc type proc (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
udev on /dev type devtmpfs (rw,nosuid,relatime,size=996040k,nr_inodes=249010,mode=755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,nosuid,noexec,relatime,gid=5,mode=620,ptmxmode=000)
tmpfs on /run type tmpfs (rw,nosuid,noexec,relatime,size=203072k,mode=755)
/dev/sda1 on / type ext4 (rw,relatime,errors=remount-ro,data=ordered)
securityfs on /sys/kernel/security type securityfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
tmpfs on /run/lock type tmpfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,size=5120k)
tmpfs on /sys/fs/cgroup type tmpfs (ro,nosuid,nodev,noexec,mode=755)
cgroup on /sys/fs/cgroup/systemd type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd,nsroot=/)
pstore on /sys/fs/pstore type pstore (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
cgroup on /sys/fs/cgroup/perf_event type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,perf_event,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpu,cpuacct type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpu,cpuacct,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/hugetlb type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,hugetlb,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/blkio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,blkio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/devices type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,devices,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/freezer type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,freezer,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/net_cls,net_prio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,net_cls,net_prio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpuset type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpuset,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/memory type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,memory,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/pids type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,pids,nsroot=/)
systemd-1 on /proc/sys/fs/binfmt_misc type autofs (rw,relatime,fd=27,pgrp=1,timeout=0,minproto=5,maxproto=5,direct)
mqueue on /dev/mqueue type mqueue (rw,relatime)
hugetlbfs on /dev/hugepages type hugetlbfs (rw,relatime)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
fusectl on /sys/fs/fuse/connections type fusectl (rw,relatime)
tmpfs on /run/user/1000 type tmpfs (rw,nosuid,nodev,relatime,size=203072k,mode=700,uid=1000,gid=1000)
gvfsd-fuse on /run/user/1000/gvfs type fuse.gvfsd-fuse (rw,nosuid,nodev,relatime,user_id=1000,group_id=1000)


◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5号:円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
posted by アンドレアス at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubuntu16.04インストール(ubuntu-16.04-server-amd64.iso)

来月号(日経Linux(リナックス)2016年7月号)では、
Ubuntu16.04の記事が掲載されると思いますが、
その前に、インストールしてみました。

○環境
VMware Player
ISOファイル
・ubuntu-16.04-server-amd64.iso
・apt-get install で。

◆結果
Perl:v5.22.1
PHP:PHP 7.0.4
ruby:ruby 2.3.0p0
Python:Python 2.7.11+,Python 3.5.1+
Golang:go1.6.1
Git:2.7.4


# hostname
ubus1604

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04 LTS"


# uname -a
Linux ubus1604 4.4.0-22-generic #40-Ubuntu SMP Thu May 12 22:03:46 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


root@ubus1604:~# dpkg -l | grep nginx
ii nginx 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server
ii nginx-common 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server - common files
ii nginx-core 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 amd64 nginx web/proxy server (core version)
root@ubus1604:~# dpkg -l | grep php
ii php 1:7.0+35ubuntu6 all server-side, HTML-embedded scripting language (default)
ii php-common 1:35ubuntu6 all Common files for PHP packages
ii php7.0 7.0.4-7ubuntu2.1 all server-side, HTML-embedded scripting language (metapackage)
ii php7.0-cli 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 command-line interpreter for the PHP scripting language
ii php7.0-common 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 documentation, examples and common module for PHP
ii php7.0-fpm 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 server-side, HTML-embedded scripting language (FPM-CGI binary)
ii php7.0-json 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 JSON module for PHP
ii php7.0-opcache 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 Zend OpCache module for PHP
ii php7.0-readline 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 readline module for PHP
root@ubus1604:~# dpkg -l | grep mysql
ii mysql-client-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database client binaries
ii mysql-client-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database core client binaries
ii mysql-common 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database common files, e.g. /etc/mysql/my.cnf
ii mysql-server 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database server (metapackage depending on the latest version)
ii mysql-server-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries and system database setup
ii mysql-server-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries




# perl -v

This is perl 5, version 22, subversion 1 (v5.22.1) built for x86_64-linux-gnu-thread-multi
(with 58 registered patches, see perl -V for more detail)

Copyright 1987-2015, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl". If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.




# php -v
PHP 7.0.4-7ubuntu2.1 (cli) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

# python -V
Python 2.7.11+


# python3 -V
Python 3.5.1+


# ruby -v
ruby 2.3.0p0 (2015-12-25) [x86_64-linux-gnu]

# go version
go version go1.6.1 linux/amd64


# git --version
git version 2.7.4





# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
udev 973M 0 973M 0% /dev
tmpfs 199M 5.9M 193M 3% /run
/dev/mapper/ubus1604--vg-root 37G 2.4G 33G 7% /
tmpfs 992M 0 992M 0% /dev/shm
tmpfs 5.0M 0 5.0M 0% /run/lock
tmpfs 992M 0 992M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 472M 101M 347M 23% /boot
tmpfs 100K 0 100K 0% /run/lxcfs/controllers
tmpfs 199M 0 199M 0% /run/user/1000


# mount
sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
proc on /proc type proc (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
udev on /dev type devtmpfs (rw,nosuid,relatime,size=996140k,nr_inodes=249035,mode=755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,nosuid,noexec,relatime,gid=5,mode=620,ptmxmode=000)
tmpfs on /run type tmpfs (rw,nosuid,noexec,relatime,size=203072k,mode=755)
/dev/mapper/ubus1604--vg-root on / type ext4 (rw,relatime,errors=remount-ro,data=ordered)
securityfs on /sys/kernel/security type securityfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
tmpfs on /run/lock type tmpfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,size=5120k)
tmpfs on /sys/fs/cgroup type tmpfs (ro,nosuid,nodev,noexec,mode=755)
cgroup on /sys/fs/cgroup/systemd type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd,nsroot=/)
pstore on /sys/fs/pstore type pstore (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
cgroup on /sys/fs/cgroup/net_cls,net_prio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,net_cls,net_prio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpuset type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpuset,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpu,cpuacct type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpu,cpuacct,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/devices type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,devices,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/pids type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,pids,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/blkio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,blkio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/perf_event type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,perf_event,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/memory type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,memory,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/freezer type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,freezer,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/hugetlb type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,hugetlb,nsroot=/)
systemd-1 on /proc/sys/fs/binfmt_misc type autofs (rw,relatime,fd=28,pgrp=1,timeout=0,minproto=5,maxproto=5,direct)
mqueue on /dev/mqueue type mqueue (rw,relatime)
hugetlbfs on /dev/hugepages type hugetlbfs (rw,relatime)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
fusectl on /sys/fs/fuse/connections type fusectl (rw,relatime)
/dev/sda1 on /boot type ext2 (rw,relatime,block_validity,barrier,user_xattr,acl)
tmpfs on /run/lxcfs/controllers type tmpfs (rw,relatime,size=100k,mode=700)
hugetlb on /run/lxcfs/controllers/hugetlb type cgroup (rw,relatime,hugetlb,nsroot=/)
freezer on /run/lxcfs/controllers/freezer type cgroup (rw,relatime,freezer,nsroot=/)
memory on /run/lxcfs/controllers/memory type cgroup (rw,relatime,memory,nsroot=/)
perf_event on /run/lxcfs/controllers/perf_event type cgroup (rw,relatime,perf_event,nsroot=/)
blkio on /run/lxcfs/controllers/blkio type cgroup (rw,relatime,blkio,nsroot=/)
pids on /run/lxcfs/controllers/pids type cgroup (rw,relatime,pids,nsroot=/)
devices on /run/lxcfs/controllers/devices type cgroup (rw,relatime,devices,nsroot=/)
cpu,cpuacct on /run/lxcfs/controllers/cpu,cpuacct type cgroup (rw,relatime,cpu,cpuacct,nsroot=/)
cpuset on /run/lxcfs/controllers/cpuset type cgroup (rw,relatime,cpuset,nsroot=/)
net_cls,net_prio on /run/lxcfs/controllers/net_cls,net_prio type cgroup (rw,relatime,net_cls,net_prio,nsroot=/)
name=systemd on /run/lxcfs/controllers/name=systemd type cgroup (rw,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd,nsroot=/)
lxcfs on /var/lib/lxcfs type fuse.lxcfs (rw,nosuid,nodev,relatime,user_id=0,group_id=0,allow_other)
tmpfs on /run/user/1000 type tmpfs (rw,nosuid,nodev,relatime,size=203072k,mode=700,uid=1000,gid=1000)










◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5号:円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
posted by アンドレアス at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

CentOS6.7 + postgresql-9.5.3 + Ansibleのyml更新

参照:SOFTWAREDESIGN2016年2月号 特集1MySQLとPostgreSQL徹底比較

Ansibleのpostgresql9.4インストール・サービス起動ファイルを
9.5用に更新するために、レポジトリ含め確認しました。

○環境:CentOS6.7

# yum -y install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/9.5/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos95-9.5-2.noarch.rpm

# ls -la /etc/yum.repos.d/pgdg-95-centos.repo
# yum -y install postgresql95 postgresql95-contrib postgresql95-server postgresql95-devel PyGreSQL nodejs-pg perl-DBD-Pg

# service postgresql-9.5 initdb
# service postgresql-9.5 start

# su - postgres

psql (9.5.3)


\l

\q


◎ソフトウェアデザイン 2016年 2 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 02 月号 [雑誌] -



◎ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 :1318円
ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

(追記しました)本日発売! RaspberryPiの人工知能が特集なので書店が開いたらすぐ買いに行きます Interface (インターフェース) 2016年 7月号

すぐに買いに行こう。
それにしても、1,000円って安いよねー。
他の雑誌社も見習って欲しいな。

今回の特集では、「自己完結型」の人口知能となってます。
つまり、クラウドに接続して処理を行うのでは無く、
ラズベリーパイに人口知能を組み込んで
処理を完結させる、と。

最初は「ナベカ」という魚の観察を
オープンソースの画像識別ライブラリDeepBeliefSDKを
使っています。
アルゴリズムとして、AlexNetというDeep Learningの
機械学習アルゴリズムを搭載。



◎Interface (インターフェース) 2016年 7月号:1,000円
Interface(インターフェース) 2016年07月号 -
Interface(インターフェース) 2016年07月号 -



◎Interface (インターフェース) 2016年 6月号:1,080円
とうとう付録までつきました。
なのに、価格は、1,080円です。

中身は、驚きの充実した内容です。
「サウンドプログラミング入門」も良い本ですが、
3,000円を超えています。
また音声信号処理の数も半端じゃないくらい多いですので、
凄く参考になると思います。
音楽やるにしても、音声応答・音声合成・音声認識やるにしても。

また、後で、追記しますが、
CQ出版、ノリにのってるな。

Interface (インターフェース) 2016年 6月号 -
Interface (インターフェース) 2016年 6月号 -

ノってるな、CQ出版(^^)。

今、1番勢いありますね、IT系書籍の出版社として。

ちょうど

◎サウンドプログラミング入門:3,218円
サウンドプログラミング入門――音響合成の基本とC言語による実装 (Software Design plus) -
サウンドプログラミング入門――音響合成の基本とC言語による実装 (Software Design plus) -



○まとめ
参照:はじめてのAIプログラミングC言語で作る人口知能と人口無能

4章 音声処理技術
音声処理技術は大きく2種類あり。

・コンピュータが音声を発する音声合成技術
 音を出す

・人間の発する音声をコンピュータが認識する音声認識技術
 音を聞く


4.1 音声合成
・A/D変換、D/A変換
・音or音波 = 空気の振動

量子化ビット数・・・・どのくらいの精度で音の強さを記録するか

サンプリング周波数
・・・1秒間に何回音を記録するか

・音楽CD:量子化ビット数16bit, サンプリング周波数44.1kHz(44,100回/秒),ステレオ2チャンネル
・電話 :量子化ビット数8bit,サンプリング周波数8kH

WindowsのWAVファイル:RIFF(Resource Interchange File Format)


◎はじめてのAIプログラミングC言語で作る人口知能と人口無能:3,024円
はじめてのAIプログラミング―C言語で作る人工知能と人工無能 -
はじめてのAIプログラミング―C言語で作る人工知能と人工無能 -





◎はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI:円
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -

posted by アンドレアス at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

Nginx + php-fpm on CentOS6.7

Rails環境で試していますが、
最新バージョンかつ動作に支障ない状態にする。


1.yum repository状態

[root@cent6701 yum.repos.d]# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.7 (Final)

# ls -la /etc/yum.repos.d/
合計 88
drwxr-xr-x. 2 root root 4096 5月 11 00:23 2016 .
drwxr-xr-x. 127 root root 12288 5月 23 21:25 2016 ..
-rw-r--r--. 1 root root 1991 8月 4 01:13 2015 CentOS-Base.repo
-rw-r--r--. 1 root root 647 8月 4 01:13 2015 CentOS-Debuginfo.repo
-rw-r--r--. 1 root root 630 8月 4 01:13 2015 CentOS-Media.repo
-rw-r--r--. 1 root root 6259 8月 4 01:13 2015 CentOS-Vault.repo
-rw-r--r--. 1 root root 289 8月 4 01:13 2015 CentOS-fasttrack.repo
-rw-r--r--. 1 root root 166 3月 6 13:01 2016 docker-main.repo
-rw-r--r--. 1 root root 411 3月 2 21:44 2016 elasticsearch.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1056 11月 5 12:52 2012 epel-testing.repo
-rw-r--r--. 1 root root 957 11月 5 12:52 2012 epel.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1049 2月 10 16:23 2016 glusterfs-epel.repo
-rw-r--r--. 1 root root 180 4月 9 15:40 2016 google-chrome.repo
-rw-r--r--. 1 root root 200 4月 14 11:41 2016 mongodb-org-3.2.repo
-rw-r--r--. 1 root root 192 2月 24 07:25 2016 mysql-community.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1177 5月 11 00:23 2016 remi-php70.repo
-rw-r--r--. 1 root root 449 12月 9 18:14 2015 remi-safe.repo
-rw-r--r--. 1 root root 2340 12月 9 18:14 2015 remi.repo
-rw-r--r--. 1 root root 174 3月 2 23:31 2016 td.repo


2.Nginxインストール
# rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm

# vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

# nginx.repo

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/6/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

# nginx.repo

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/6/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1


# nginx -v
nginx version: nginx/1.9.15
# rpm -qa | grep nginx
nginx-1.9.15-1.el6.ngx.x86_64
nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch

◆パッケージのNginxのオプション(-V)
# which nginx
/usr/sbin/nginx

# nginx -V
nginx version: nginx/1.9.15
built by gcc 4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-16) (GCC)
built with OpenSSL 1.0.1e-fips 11 Feb 2013
TLS SNI support enabled
configure arguments: --prefix=/etc/nginx --sbin-path=/usr/sbin/nginx --modules-path=/usr/lib64/nginx/modules --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --pid-path=/var/run/nginx.pid --lock-path=/var/run/nginx.lock --http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp --http-proxy-temp-path=/var/cache/nginx/proxy_temp --http-fastcgi-temp-path=/var/cache/nginx/fastcgi_temp --http-uwsgi-temp-path=/var/cache/nginx/uwsgi_temp --http-scgi-temp-path=/var/cache/nginx/scgi_temp --user=nginx --group=nginx --with-http_ssl_module --with-http_realip_module --with-http_addition_module --with-http_sub_module --with-http_dav_module --with-http_flv_module --with-http_mp4_module --with-http_gunzip_module --with-http_gzip_static_module --with-http_random_index_module --with-http_secure_link_module --with-http_stub_status_module --with-http_auth_request_module --with-http_xslt_module=dynamic --with-http_image_filter_module=dynamic --with-http_geoip_module=dynamic --with-http_perl_module=dynamic --add-dynamic-module=njs-1c50334fbea6/nginx --with-threads --with-stream --with-stream_ssl_module --with-http_slice_module --with-mail --with-mail_ssl_module --with-file-aio --with-ipv6 --with-http_v2_module --with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic'


3.PHP7
# curl -kL https://ja.wordpress.org/wordpress-4.1.1-ja.tar.gz | tar zxf - -C /opt/.


# cat /etc/yum.repos.d/remi-php70.repo
# This repository only provides PHP 7.0 and its extensions
# NOTICE: common dependencies are in "remi-safe"

[remi-php70]
name=Remi's PHP 7.0 RPM repository for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/php70/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/php70/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php70-debuginfo]
name=Remi's PHP 7.0 RPM repository for Enterprise Linux 6 - $basearch - debuginfo
baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/debug-php70/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php70-test]
name=Remi's PHP 7.0 test RPM repository for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/test70/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/test70/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php70-test-debuginfo]
name=Remi's PHP 7.0 test RPM repository for Enterprise Linux 6 - $basearch - debuginfo
baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/debug-test70/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi




[root@cent6701 yum.repos.d]# rpm -qa | grep php
php70-php-mbstring-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php-common-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php-pecl-zip-1.13.2-1.el6.remi.7.0.x86_64
php-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php70-php-common-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-runtime-1.0-4.el6.remi.x86_64
php-cli-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php-mcrypt-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php70-php-json-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php-json-7.0.5-1.el6.remi.x86_64

# yum -y install php70-php-gd php70-php-mysql php70-php-pspell php70-php-xml php70-php-xmlrpc


# yum -y install php70-php-fpm

# rpm -qa | grep php
php70-php-mbstring-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-php-gd-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-php-fpm-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php-common-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php70-php-pecl-mysql-1.0.0-0.9.20151007git294ce3b.el6.remi.x86_64
php-pecl-zip-1.13.2-1.el6.remi.7.0.x86_64
php-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php70-php-common-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-php-mysqlnd-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-php-xmlrpc-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-runtime-1.0-4.el6.remi.x86_64
php70-php-pdo-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-php-xml-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php-cli-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php-mcrypt-7.0.5-1.el6.remi.x86_64
php70-php-json-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php70-php-pspell-7.0.6-3.el6.remi.x86_64
php-json-7.0.5-1.el6.remi.x86_64


/etc/opt/remi/php70/php-fpm.conf
/etc/opt/remi/php70/php-fpm.d/www.conf





◎nginx実践入門:2,992円
nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Nginxの最新バージョンは、1.9.9(2016/1/24現在,2016/3/15時点 1.9.12)なので、
Debian GNU/Linux 8 (jessie) 上の nginx バージョン 1.9.5を
とりあげた本書は、最新Nginxへの対応も問題無しです。

・抜けている「実践的な」設定項目もあります。
 帯域制限の limit_rateとか
 パフォーマンス向上の tcp_nodelay ディレクティブとか。

・9章「Luaによるnginxの拡張」は、個人的には良かったと思います。

・レファレンスとして利用するのが良いかと。
 Nginx ポケットリファレンスと一緒に机に置いておけば
 実務をやっている人には、ひとまず十分かと思います。



◎Nginx ポケットリファレンス:3,002円
Nginx ポケットリファレンス -
Nginx ポケットリファレンス -


◎マスタリングNginx:3,240円
マスタリングNginx -
マスタリングNginx -

◆参照
http://nodejs.osser.jp/server/nginx-max-performance/
use epollとか。

◆後で、参照
http://qiita.com/iwai/items/1e29adbdd269380167d2

◆後で、参照
http://qiita.com/cubicdaiya/items/235777dc401ec419b14e
このh2Oというのも興味深いです。
ベンチマークには、wrkを使ってますね。






◆参考

Nginx.yml・・・これ修正必要かも。
CentOS6.7で1.9.15がインストールされる
# nginx -v
nginx version: nginx/1.9.15

---
- hosts: web
sudo: yes
tasks:
- name: download epel
action: command wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
- name: install epel
action: command rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm
- name: install nginx
action: command yum -y install http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
- name: Edit nginx.repo
command: sed -i -e "s/centos\/6\/$basearch/mainline\/centos\/6\/$basearch/g" /etc/yum.repos.d/nginx.repo
- name: install nginx
action: command yum -y install nginx
- name: start nginx and enabled
service: name=nginx state=started enabled=yes
- name: copy index.html
copy: src=./index.html dest=/var/www/html/index.html owner=vagrant
- name: copy hello.php
copy: src=./hello.php dest=/var/www/html/hello.php owner=vagrant



◆ソースコードからインストール
Mainline・・・1.9.15ゆえyumでもいい。
# curl -O http://nginx.org/download/nginx-1.9.15.tar.gz
Stable
# curl -O http://nginx.org/download/nginx-1.10.0.tar.gz

# yum -y install pcre-devel zlib-devel


./configure
make
make install

# /usr/local/nginx/sbin/nginx -v
nginx version: nginx/1.9.15
posted by アンドレアス at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Apache2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

データ構造の復習・・・発売中の「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」を参考にしながら

P56 02データ構造の表現

まとめメモです。
・線形リスト


あとで追記していきます。


◎いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック:3,218円
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -
「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」は
PHPでプログラム作成されています。

JavaScript+Node.jsで以前発売された
「JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック」の
内容と比較すると、
詳しかったり、新しい項目が増えています。

新入社員でPHP案件担当になったような人は、
こっちを買うとお買い得です。

3章 便利なアルゴリズム、
 迷路の自動生成
5章 画像とアルゴリズム では、
 EXIFと位置情報の利用について
付録 TensorFlowで深層学習 など、盛りだくさんです。




◎独習PHP 第3版:3,456円
独習PHP 第3版 -
独習PHP 第3版 -




◎JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック:円
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
posted by アンドレアス at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP,CakePHP,symfony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(レビュー)Software Design (ソフトウェア デザイン) 2013年 01月号・・・バックアップ今昔,昔テープ今クラウド

まとめメモです。

参照:Software Design (ソフトウェア デザイン) 2013年 01月号

第1章:バックアップ今昔,昔テープ今クラウド

・数十TBに達するデータのバックアップはどうする?

・分散型ブロックデバイスストレージ

・実際は、ハード障害よりもオペミスやアプリ不具合によりデータ破壊が多いため、
 原因想定が異なる要因に起因するデータ消失にはバックアップは無力

・ファイルシステム情報領域の不整合発生。

・コマンド
dump ファイルしすてむ単位でバックアップ
single userモードで。
multi volumeサポート
tar ディレクトリ単位でアーカイブする
multi volumeサポート
cpio 作成したファイルリストを基にファイル単位でバックアップ

・テープ
 ストレートトラック
 オーディオ用のヘリカルトラックテープ
8mm,4mmDAT,BetaCam
致命的な欠点
長期間保存時、磁気干渉で読めなくなる
DLT


ディスク容量が巨大化した頃、
テープにとったバックアップはバックアップの意味を成さなくなっていた。

アプリから利用可能な状態のままで複製をディスクに作成するバックアップ時代へ。

スナップショット処理
UFSでいうiノードリスト


第2章:UNIXバックアップ系コマンド復習

dump
restore
ペアで利用
ディスクパーティション単位
細かな単位のバックアップには向かない

最近のLinuxだと / と /bootだけになるが、いいか悪いか。

dump:最近のLinuxではデフォルトでインストールされていない。

apt-get install dump

dump -0 -a -f /dev/sdb1 /
/パーティションをsdb1にダンプレベル0(フルバックアップ)でダンプする


第3章:クラウドのデータはどこにいくの?[Nifty Cloud編]

第4章:クラウドでのバックアップの基本「AWS編」

第5章:知っているつもり?
ハードディスクのイロハ

第6章:復旧業者に聞く
データ復旧の実際


第7章:安定運用を目指すためのFlashストレージ導入ポイント

コラム1:バックアップツール紹介Part@MASAMUNE誕生の背景と目標

HDDで最も多い障害=>リードエラー

正しくはバッドセクタでは無いというケース(技術力の高い復旧業者の作業で分かる)

HDD内部にある「リードリトライ機能」

障害の半数をリードエラーが占めるという意味が、
それだけでは解消できない例があることを意味する。

微積分回路の定数変更

・ヘッドの浮上量 2nm
・データの記録されているトラックの幅55nm

・ヘッドの正確な制御に影響を与える大きな要因 軸受 =>オイル必須

摩擦抵抗
静止摩擦
動摩擦
非線形な特性
慣性質量


同じトラックやセクタであってもヘッドの位置は
送り方によって微妙な位置の違いが発生し、
トラッキングサーボやリトライ機能では解消できず、
結果リードエラー原因になる。

★作業開始は、クローン作成から。

・AceLab社 PC-3000

追って追記する。


◎Software Design (ソフトウェア デザイン) 2013年 01月号:1,419円
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2013年 01月号 [雑誌] -
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2013年 01月号 [雑誌] -

◎IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術:4,968円
IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 -
IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 -
posted by アンドレアス at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(レビュー)ソフトウェアデザイン 2016年 2 月号 特集1MySQLとPostgreSQL徹底比較 導入時の罠を避ける現場ノウハウ

まとめメモです。

参照:SOFTWAREDESIGN2016年2月号 特集1MySQLとPostgreSQL徹底比較

第1章:利用シーンの違いとアーキテクチャの違い
速度の違いはなにに起因するのか

MySQL5.6.23 InnoDB 高速、軽量、シンプル、スレッドタイプ、更新型(ストレージエンジン依存)
PostgreSQL 9.4.5 高機能、高可用性、重厚、プロセス対応、追記型

・PostgreはUPDATEでもデータ量が増える
 更新処理のオーバーヘッドがMySQLより大きめ
But HOT + fillfactor でカバー

・8.1からAUTO VACUUM
 8.4から本格運用 今は手動VACUUMの必要性は、ほぼ無し

・どちらも断片化は発生する。
 運用面のコストの少なさもMySQLのメリット

MVCC

・SSDに対する相性
 PostgreSQLはHDDに特化したチューニング
 特に書き込み時

MySQL
innodb_flush_method=O_DIRECT
4種類の設定可能

(以下、追って追記予定)
第2章:利用時の違い
ライセンスの検討,インストールとクライアントツールを知る…… 曽根 壮大


第3章:SQLの違い
実務で気をつけるべき構文とその挙動

第4章:機能性の違い
速度,パフォーマンスについて考える

第5章:拡張性の違い
一歩進んだ使い方を知る

第6章:MySQL 5.7とPostgreSQL 9.5新機能比較

JSON対応をはじめとした期待の新機能

・MySQL 5.7 2015/10/19
 200項目近くの改善の中で。
・1テーブル1イベントに複数のトリガーを設定可能
5.6までは1テーブル1イベントに1つのトリガー

但し、 for each rowだけ。
1行毎に1回実行
for each statementを指定できない。

・データ型 JSON型のサポート
 PostgreのJSONB型相当で、バイナリ形式で保存
注)Postgreでは9.2からサポートされていた。
 スキーマレス設計が実現可能
 専用組み込み関数も追加された

JSON_SEARCH()

★★P48参照 後でやる


◎ソフトウェアデザイン 2016年 2 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 02 月号 [雑誌] -



◎ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 :1318円
ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 [雑誌] -

posted by アンドレアス at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

Zabbix3.0インストール・設定(1)

早いもので、既に3.0がリリースされていたんですね。

2016/2/16にリリースされたZabbix 3.0 LTS。
対応OSは、余計なもの(自分が関わることは無いだろうバージョン)を除くと、
以下。
CentOS7
CentOS6
Ubunt14.40LTS(Trusty)
参照:http://www.zabbix.com/jp/download.php

インストールドキュメント
https://www.zabbix.com/documentation/3.0/doku.php

ひとまずCentOS6系(6.7)にインストールしてみます。
https://www.zabbix.com/documentation/3.0/manual/installation/install_from_packages


2年ぶりかな。
どれくらい変化しているか。





◎改訂版 Zabbix統合監視実践入門 ~障害通知、傾向分析、可視化による省力運用:3,780円
改訂版 Zabbix統合監視実践入門 ~障害通知、傾向分析、可視化による省力運用 (Software Design plus) -
改訂版 Zabbix統合監視実践入門 ~障害通知、傾向分析、可視化による省力運用 (Software Design plus) -

◎Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理:3,780円
Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理 (Software Design plus) -
Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理 (Software Design plus) -

◎ソフトウェアエンジニアのための ITインフラ監視[実践]入門:2,462円
ソフトウェアエンジニアのための ITインフラ監視[実践]入門 (Software Design plus) -
ソフトウェアエンジニアのための ITインフラ監視[実践]入門 (Software Design plus) -

posted by アンドレアス at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

本日発売!ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 読みたいNo1は・・・それよりも女子バレーが、第4セット取れるか、の正念場・・・

スクワットしながら見てますが、
タイに2セットとられてるだけに、
第4セット、早く決めてほしいな。

日本24 V.S 23タイ

まさかの苦戦どころではなく、
負けそうなところまで追い込まれている。

頑張れ!日本!

◎ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 :1318円
ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 06 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 :1534円
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 03 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 03 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 03 月号 [雑誌] -


◎ソフトウェアデザイン 2016年 2 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 02 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -


◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円

プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

2位:


3位:


◎Software Design (ソフトウェア デザイン) 2014年 11月号:1,318円
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2014年 11月号 [雑誌] -
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2014年 11月号 [雑誌] -


やったー!

第4セット、とったー!

ファイナルセットで決まる・・・!

posted by アンドレアス at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

「初めてのディープラーニング」を読みながら、動作確認しながら、まとめル!Chapter1

●環境
OS:Ubuntu15.04

Caffeのコンパイル。
エラー発生時に参考にさせてもらった。
https://groups.google.com/forum/#!topic/caffe-users/NbLr1ri9hqs

○まとめ
・「基礎編」「理論編」「体験編」からなる。
※一部、高校時代の数学を思い出す必要がある、らしい。

・利用するフレームワーク:Caffe

Chapter1 ディープラーニングとは?

機械学習と呼ばれる手法の1つ。
機械学習は、迷惑メールフィルタや株価予測で使用されている。

機械学習の仕組みとは?

訓練データ
↓投入
学習器

学習モデル作成
↓処理
結果

・学習器は?

投入されたデータ(訓練データ)から規則性・パターン(学習モデル)を抽出する仕組み

・機械学習処理の2つのステップとは?

1 学習器に訓練データ投入し、学習モデルを作成する「学習処理」
2 学習モデルを利用して答えを得る処理


教師あり学習、教師無し学習

教師データとは?
正解データのこと。

・機械学習を解く問題で分類すると代表的な3つの方法がある。

回帰
分類
クラスタリング


1.2 ディープラーニングとは?
階層の深いニューラルネットワークを用いたアルゴリズムの総称

入力層

隠れ層

出力層


よく使われる3つ
・Convolution Neural Network
 畳込み層
 プーリング層
・AntoEncoder
・Recurrent Neural Network

◆Word
convolution:くるくる巻いた状態 or 巻くこと

◎初めてのディープラーニング:円
初めてのディープラーニング --オープンソース"Caffe"による演習付き -
初めてのディープラーニング --オープンソース"Caffe"による演習付き -

◎:2,462円
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -

◎実践 機械学習システム:3,456円
実践 機械学習システム -
実践 機械学習システム -

最近Ubuntuを使う時間が増え始めた。
4年前に仕事でかなり使う時間が増えたことがあったが、
それ以来である。
posted by アンドレアス at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

発売中「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」・・・

PHPのarray関数の復習メモです。
array関数関連で、80くらいあるそうですが、
どれくらい使っているだろう、実際。


・array_splice関数
元の配列の値が変化(削除)する。

---
";
print_r($sub);


・array_slice関数
元の配列はそのまま。
---
";
print_r($sub);




・array_map関数

array_map($callback, $a);

print_r($res);

参照:いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック
   第2章 PHPでよく使うデータ構造

◎いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック:3,218円
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -
「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」は
PHPでプログラム作成されています。

JavaScript+Node.jsで以前発売された
「JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック」の
内容と比較すると、
詳しかったり、新しい項目が増えています。

新入社員でPHP案件担当になったような人は、
こっちを買うとお買い得です。

3章 便利なアルゴリズム、
 迷路の自動生成
5章 画像とアルゴリズム では、
 EXIFと位置情報の利用について
付録 TensorFlowで深層学習 など、盛りだくさんです。




◎独習PHP 第3版:3,456円
独習PHP 第3版 -
独習PHP 第3版 -




◎JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック:円
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
posted by アンドレアス at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP,CakePHP,symfony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実践 機械学習システム」1章2章の動作確認中。サンプルソースを修正する必要があるようです。

Ubuntu15.04で、Python+NumPy,SciPyなどを
インストールし、
1章、2章を動作させてみますが、
サンプルソースがそのままでは動かないですね。

(出版当時は動いた?)
対処できないほどではないものと、さてどうするかと考えるものが
あります。

結構、はじめての機械学習、とかから進んで来た人は
ソースの中を見る必要が出ると思います。

あとで追記しておきます。

なぜか、オライリーのWebには、
修正が出てないですね。
環境のせい(?)では無いはずなんですが。

書籍で記載されているPythonバージョンとほとんど変わらないし。


◎実践 機械学習システム:3,456円
実践 機械学習システム -
実践 機械学習システム -

◎初めてのディープラーニング:円
初めてのディープラーニング --オープンソース"Caffe"による演習付き -
初めてのディープラーニング --オープンソース"Caffe"による演習付き -

◎はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI:2,462円
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -

posted by アンドレアス at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CloudFormationのサマリー・・・メモ2016年5月16日現在。6月5日初実行。メチャ便利。

まとめメモです。

Q.CloudFormationとは?

AWSのリソースをテンプレートを元に自動作成してくれるもの。

Q.リソースとは?

EC2インスタンス、VPC,Security Group,ELB,IAMユーザ,AutoScalingGroupなど

Q.スタックとは?

「リソース」の集まり。

Q.テンプレートとは?

構築したいリソースの定義を全て記載したもの。

具体例)
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cloudformation-firstcontact/
テンプレートに最低限必要な要素は、
AWSTemplateFormatVersion(今の所固定)とResourcesというリソース定義のリスト

・SSHGroupやWebServerEip等は、
 自分で命名するリソースの名前。
 テンプレートの中で一意である必要がある。

・リソースの名前は[a-zA-Z0-9]+しか使えない
・リソース名は大文字から始める(慣習)

改良例1)
テンプレートの中に鍵名をベタ書きしてしまうのが嫌な場合に使う「パラメータ」

改良例2)
AMIというのはリージョン毎にIDが異なるので、
リージョン毎の対応を記述する例)

後で追記します。

参照:
・CloudFormationでいつでも最新AMIからEC2を起動したい(2016/4/30)
http://dev.classmethod.jp/referencecat/aws-cloudformation/

検証目的の場合。割安な海外Regionを使るが
今回CloudFormationから最新AMIを取得できるテンプレートを作成した・・

・AWS CloudFormationのLambda-Backed Custom Resourcesを使って最新のAMIを取得する(2015/4/29)
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/get-latest-ami-by-using-lambda-backed-custom-resources/

(レポート) DVO304: AWS CloudFormation ベストプラクティス
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-reinvent-2015-report-dvo304/

・CloudFormation入門(2013年03月15日)

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cloudformation-firstcontact/








◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -

◆2016/6/5
VPC+Subnet+IGWを実行してみました。
約1分ででき上がり。
これは便利ですね。
特に、開発環境などをすかさず準備する場合に、
圧倒的に利用価値があります。

削除できるので、そこも利便性あり。
おおよその構成が分かってさえいれば、
スピード感が必要な、プロトタイプ環境にも便利です。
本番環境の場合、変にJSONファイルに記載されていない
手動追加などがあり得るので、そこがどう対処するか考えて
おく必要がありますね。
(無いとは言えないから、現実には)
メンバーの顔触れが変化しないならば、いいけれど。


CloudFormationを初めて使う場合、
最初に見るべきは、これかな。
http://dev.classmethod.jp/beginners/chonyumon-cloudformation/

AWSのサンプルありますけど、
あれ内容が多過ぎです。(^^)。

最初はVPCだけ、とか、VPC+Subnetだけで実行したいというのが
一般人の心理ですから。
posted by アンドレアス at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

開発者に嬉しい、AWSのフルマネージドサービスでサービス構築する方法が盛りだくさん、2016年5月15日時点で最も役立つAWS本「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

大きい書店では、まだまだ売れてます。
今年の売り上げベスト5に入ってくるIT書籍になりそうですが、
「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」では、

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ThinkStats(第2版)を買いに行く

ThinkStats(第2版)を買いに行くことに。

以前から買いに行こうと思っては違う書籍を買う日々でしたが、
初版と内容も変化しているようですから、
これを機に買います。

ちなみに、一緒にThink Bayesも買うことになるかと
思います。

○環境
OS:Ubuntu15.04
Python2.7.9
numpy1.11.0(pip listで表示)
SciPy:未インストール
matplotlib:未インストール

◆参考
ThinkStatsの第1版 の環境
Python2.7.2
NumPy1.6.2
SciPy 0.11.0rc1
matplotlib 1.1.0


◎Think Stats 第2版 ―プログラマのための統計入門:2,592円
Think Stats 第2版 ―プログラマのための統計入門 -
Think Stats 第2版 ―プログラマのための統計入門 -


◎Think Bayes ―プログラマのためのベイズ統計入門:2,592円
Think Bayes ―プログラマのためのベイズ統計入門 -
Think Bayes ―プログラマのためのベイズ統計入門 -

◎Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理:3,888円

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理 -
Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理 -


◎統計的学習の基礎:15,120円
統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測― -
統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測― -

◎The Elements of Statistical Learning: Data Mining, Inference, and Prediction, Second Edition (Springer Series in Statistics):円
The Elements of Statistical Learning: Data Mining, Inference, and Prediction, Second Edition (Springer Series in Statistics) -
The Elements of Statistical Learning: Data Mining, Inference, and Prediction, Second Edition (Springer Series in Statistics) -

◎初めてのパターン認識:3,240円
はじめてのパターン認識 -
はじめてのパターン認識 - はじめてのパターン認識 -
はじめてのパターン認識 -


posted by アンドレアス at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

TensorFlowを「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」読みながらインストール、簡単なテストまで終了

○環境
OS:Ubuntu15.04

sudo apt-get install python-pip python-dev python-virtualenv

sudo pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/cpu/tensorflow-0.7.1-cp27-none-linux_x86_64.whl

$ python
Python 2.7.9 (default, Apr 2 2015, 15:33:21)
[GCC 4.9.2] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.


>>> import tensorflow as tf
>>> hello=tf.constant('Hello, TensorFlow!')
>>> sess = tf.Session()
>>> print(sess.run(hello))
Hello, TensorFlow!
>>> a=tf.constant(10)
>>> b=tf.constant(32)
>>> print(sess.run(a+b))
42






◎いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック:3,218円
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -


◎独習PHP 第3版:3,456円
独習PHP 第3版 -
独習PHP 第3版 -




◎JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック:円
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
posted by アンドレアス at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP,CakePHP,symfony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

これ1冊でOK「統計的学習の基礎」

「機械学習プロフェッショナルズ」(講談社)のネタ本になっていると
言われる(^^)だけに、こちらを買うべきです。

以上


◎統計的学習の基礎:15,120円
統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測― -
統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測― -

◎The Elements of Statistical Learning: Data Mining, Inference, and Prediction, Second Edition (Springer Series in Statistics):円
The Elements of Statistical Learning: Data Mining, Inference, and Prediction, Second Edition (Springer Series in Statistics) -
The Elements of Statistical Learning: Data Mining, Inference, and Prediction, Second Edition (Springer Series in Statistics) -

◎初めてのパターン認識:3,240円
はじめてのパターン認識 -
はじめてのパターン認識 - はじめてのパターン認識 -
はじめてのパターン認識 -



posted by アンドレアス at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

これは響いた!2016年、おもしろ企画本No1になるかも!「おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作」

今日から発売ですが、
目に入るや否や即座に手に取りました。!

面白い。

Arduinoはまだ買ってないので、
明日、買ってきます(^^)。


◎おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作-:3,240円
おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作- -
おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作- -

◎ロボコンマガジン 2016年 05 月号:1,080円
ロボコンマガジン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ロボコンマガジン 2016年 05 月号 [雑誌] -

◎Arduino拡張キット- Physical Computing Lab:円
Arduino拡張キット- Physical Computing Lab -
Arduino拡張キット- Physical Computing Lab -


◎ベスト センサーモジュール キット 20種セット for Arduino / raspberry pi 3 モデル B raspberry pi 2 Model B 収納ケース付き(温度センサー/ホール効果センサー/赤外線トラッキングセンサー/タッチセンサー/マイク・サウンドセンサー/デジタル温度&湿度センサー/3色フルカラー SMD LEDモジュール/赤外線リモコン受信モジュール/赤外線送信モジュール/Bluetooth モジュールリレー モジュール/レーザーセンサー/遮光センサー/水銀チルトセンサー/リードスイッチ/火炎検知センサー/赤外線障害物検知センサー/土壌湿度検出モジュール/光センサー/可燃ガス&煙センサー) :円
ベスト センサーモジュール キット 20種セット for Arduino / raspberry pi 3 モデル B raspberry pi 2 Model B 収納ケース付き(温度センサー/ホール効果センサー/赤外線トラッキングセンサー/タッチセンサー/マイク・サウンドセンサー/デジタル温度&湿度センサー/3色フルカラー SMD LEDモジュール/赤外線リモコン受信モジュール/赤外線送信モジュール/Bluetooth モジュールリレー モジュール/レーザーセンサー/遮光センサー/水銀チルトセンサー/リードスイッチ/火炎検知センサー/赤外線障害物検知センサー/土壌湿度検出モジュール/光センサー/可燃ガス&煙センサー) -
ベスト センサーモジュール キット 20種セット for Arduino / raspberry pi 3 モデル B raspberry pi 2 Model B 収納ケース付き(温度センサー/ホール効果センサー/赤外線トラッキングセンサー/タッチセンサー/マイク・サウンドセンサー/デジタル温度&湿度センサー/3色フルカラー SMD LEDモジュール/赤外線リモコン受信モジュール/赤外線送信モジュール/Bluetooth モジュールリレー モジュール/レーザーセンサー/遮光センサー/水銀チルトセンサー/リードスイッチ/火炎検知センサー/赤外線障害物検知センサー/土壌湿度検出モジュール/光センサー/可燃ガス&煙センサー) -

posted by アンドレアス at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今動作確認中です「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」、迷路の自動生成、EXIFと位置情報の利用など・・

◎いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック:3,218円
「いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック」は
PHPでプログラム作成されています。

JavaScript+Node.jsで以前発売された
「JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック」の
内容と比較すると、
詳しかったり、新しい項目が増えています。

新入社員でPHP案件担当になったような人は、
こっちを買うとお買い得です。

3章 便利なアルゴリズム、
 迷路の自動生成
5章 画像とアルゴリズム では、
 EXIFと位置情報の利用について
付録 TensorFlowで深層学習 など、盛りだくさんです。

いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -
いまどきのアルゴリズムを使いこなす PHPプログラミング開発テクニック -


◎独習PHP 第3版:3,456円
独習PHP 第3版 -
独習PHP 第3版 -




◎JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック:円
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック -
posted by アンドレアス at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする