2017年01月30日

リーダーとマネージャーを明確に分けている!日経NETWORK2017年2月号「スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学」

日経NETWORKの最後のページは、
エンジニアの方のおすすめ書籍を取り上げているコーナーになっています。

今月はマクニカの大野氏による
「スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学」という
G.M.ワインバーグの著書がとりあげられています。

・リーダーとマネージャーを明確に分けている

・リーダーは自律的に改革を起こす人。
 アサインされていようがいまいが関係なく、
 リーダーシップを発揮し、組織を引っ張る。

・マネージャーでなくてもリーダーにはなれます。

非常に面白そうなので、
買ってきます、明日。



◎スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学:3,132円
スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学 -
スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学 -

◎コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学:3,132円
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 -
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 -
posted by アンドレアス at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語能力と教養を両方アップさせつつ楽しめる!「MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare」


シェークスピアの4作品を読んだことあるといえる、
というのも大きいかと思います。

なかなかシェークスピアを読む機会も時間も無い中で
英語能力をアップさせるという目的にプラスして
読んで楽しめるのが、この本の良いところです。

日本語訳もついてるので、挫折の無い書籍です。
オススメ!


◎MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare:2,160円
MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -
MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -


◎MP3 CD付 英語で読むシャーロック・ホームズ シャーロキアンが愛した5篇 The Best 5 of Sherlock Holmes by Sherlockian:2,376円
MP3 CD付 英語で読むシャーロック・ホームズ シャーロキアンが愛した5篇 The Best 5 of Sherlock Holmes by Sherlockian【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -
MP3 CD付 英語で読むシャーロック・ホームズ シャーロキアンが愛した5篇 The Best 5 of Sherlock Holmes by Sherlockian【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -


◎世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語:1,620円
世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語 (講談社パワー・イングリッシュ) -
世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語 (講談社パワー・イングリッシュ) -

◎あらすじで読むシェイクスピア全作品:864円
あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書) -
あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書) -

posted by アンドレアス at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラックの森久氏の著作「サイバー攻撃の足跡を分析するハニーポット観察記録」がユニーク&面白い!

ラックのエンジニアの方の著作が、時々発売されていますが、
ユニークで内容が面白い本がまた出てきました。

大きい書店では、こそっとセキュリティ本などの
コーナーに並んでいるので、
見逃している人もいるかも、しれません(^^)。

第2章 Webサーバのアクセスログ観察 の、

第1節 外部ファイルを不正に読み込ませる攻撃
第2節 パスワードファイル閲覧攻撃
第3節 環境変数に対する調査
第4節 一時ファイルに対する調査
第5節 スキャンツールを用いた調査
第6節 SQLインジェクション攻撃
第7節 クロスサイトスクリプティング攻撃
第8節 EPGrecに対する調査
第9節 OpenFlashChartに対する調査
第10節 apach0day攻撃?

そして、第3章 Web型ハニーポットのログ観察、
第4章 多彩なハニーポットのログ観察 も盛りだくさんです。

サーバー系、ネットワーク系問わず
非常に読み応えある内容ですので、
会社費用でもいいから、ぜひ買っておくべき1冊です。

CSIRTの人にでも良いから買ってもらうのも手ですね(笑)


◎サイバー攻撃の足跡を分析するハニーポット観察記録:円


◎Honeypots―ネットワーク・セキュリティのおとりシステム:8,640円


◎:円

posted by アンドレアス at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

AnsibleでCentOS7.3にPostgreSQLをソースからインストールし自動起動するようにplaybookをつくる(準備編)

準備中ですが、ようやくできました。
yum でインストールすると楽なんですが、
systemctl設定まわりや、PostgreSQLの初期導入時に
具体的に何をやっているかが、
yumでのパッケージインストールでは分からなくなるので、
ちょうど良い機会になりました。

※しばらくすると、忘れてしまうかもしれませんが、
 その時は、AnsibleのPlaybookを見て、
 思い出せるようにしたい、です。

さて、本題です。


Postgresqlのソースをインストールする場合、
readline-devel,zlib-develを追加インストールしておかないと
./configure でエラーになりました。

注)gcc系のパッケージは、インストール済である前提です。

1.
vi /usr/lib/systemd/system/postgresql.service

systemctl enable postgresql

下記のシンボリックリンクが出来る。
/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postgresql.service

2.
postgres になり。

~/.bashrcに下記を追記(他にもあるので、Webを見る。下記だけでも動いた)
=========================================================================
export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/pgsql/lib
export PGDATA=/home/postgres/data
=============================================

source ~/.bashrc



/home/postgres で、

mkdir data

initdb --encoding=UTF8 --no-locale

pg_ctl -w start

psql
pg_ctl stop

3.
http://pgbigm.osdn.jp/pg_bigm-1-2.html#install

initdb -D $PGDATA --locale=C --encoding=UTF8
とか参考にする

postgres=# create extension pg_bigm;
CREATE EXTENSION
postgres=# \dx pg_bigm
List of installed extensions
Name | Version | Schema | Description
---------+---------+--------+------------------------------------------------------------------
pg_bigm | 1.2 | public | text similarity measurement and index searching based on bigrams
(1 row)

◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -


◎内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則:円
内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus) -
内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus) -

posted by アンドレアス at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

【極厚冊子付録】作例満載! ラズパイ・プログラム集と、特集1 フレームワーク&おもしろソフト大図鑑100だけで買う価値あり!発売中!「日経ソフトウエア 2017年3月号」

今月は普段より売れているようです。
昨日、帰りにIT本・雑誌売り場を見ていたら
日経ソフトウェアを手に取って買っていきました、1人。

普段は、あまり見かけない光景です(^^)。

SOFTWARE DESIGNやWEB+DB PRESSなら、
目の前でぱっととっていく人は良く見かけますが、
意外に日経ソフトウェアは、次から次へと
買っていくほどではなかったので。

ちなみに、私が日経ソフトウェアを買う理由の1つは、
付録です。

【極厚冊子付録】作例満載! ラズパイ・プログラム集

付録で対抗できるのは、
日経Linuxくらいしか思い浮かびません。

そして、
特集1 フレームワーク&おもしろソフト大図鑑100だけで買う価値あり!
もかなり、良いです。

こんな事言うと何ですが、
日経Linuxの特集1を真似た感じで、良かったです(^^)


◎日経ソフトウエア 2017年3月号:円
日経ソフトウエア2017年3月号 -
日経ソフトウエア2017年3月号 -



◎日経ソフトウエア 2017年2月号:1,320円
日経ソフトウエア2017年2月号 -
日経ソフトウエア2017年2月号 -

◎日経ソフトウエア 2017年1月号:1,320円
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

読み終えた!「ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号」、一番面白かったのは・・・

一気に読み終えました。

◎面白かった&役に立った
1位:特集1 いまはじめるDocker
   7章 最新動向を知る

・1.9からdocker network
 複数の仮想インターフェースを利用可能に
・Docker Engineに内部で名前解決するDNSサーバを内蔵
・v1.11から内部DNSのラウンドロビン対応。
 runC導入(ライブラリ,2015年Docker社がOCIへ寄贈)
 containerdデーモン

 v1.11まで
 v1.12から 新dockerdデーモン

・swarm
 v1.12から新しいSwarmモード(Docker Swarmよりクラスタが簡単に組める、新機能「ルーティングメッシュ機能」「Ingressロードバランシング」も追加)
 機能とクラスタ構成方法が異なる。
・新しいコンテナ管理の概念
 サービス(コンテナ実行を定義する)とタスク

docker service create --replicas 3 -p 80:80 nginx:latest


◎ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -


◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 - プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

◎Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで:2,894円
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
posted by アンドレアス at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「モーツァルトのいる休日 大人の楽しむクラシック」を読み、モーツァルトのCD「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466」「ディヴェルティメント集」

最近、音楽聞いてないなぁーと思って日々を過ごしていた最中、
書店で目に留まる。

「モーツァルトのいる休日 大人の楽しむクラシック」

パラパラ、パラパラ。

うーん。

パラパラ、パラパラ。

うーん。

面白い!購入決定。

昨日読み終わり、モーツァルトCDも購入して
早速、聴いています。

聴いた事ある、されど曲名とモーツァルトの曲であるとは
知らない曲がたくさんあるのだなあーと実感。

歌詞がなく、リズムもテンポも良いので、
BGMにも使えそうですね。


◎モーツァルトのいる休日 大人の楽しむクラシック:918円
モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書) -
モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書) -

◎Mozart: The Great Piano Concertos, Vol.1:2,000円
2CDって、2枚CDが入っていることに今気づきました!(^^)。
このブログ書いてないと気づかなかった可能性大(笑)。
Mozart: The Great Piano Concertos, Vol.1 (2 CDs) -
Mozart: The Great Piano Concertos, Vol.1 (2 CDs) -
書籍でとりあげられた「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466」以外に、
第21番,19番,22番,23番もあって、お買い得!

◎モーツァルト:ディヴェルティメント集:976円


◎:円


著者の石田衣良さんは、
ヒット作「池袋ウエスト・ゲート・パーク」でも、
クラシック曲を聴くマコトの描写を1編1曲必ず
入れられてました。

◎IWGPコンプリートガイド:円
IWGPコンプリートガイド (文春文庫) -
IWGPコンプリートガイド (文春文庫) -
P146〜167まで、マコトの音楽ライブラリーと題した章で、
1ページ2曲ずつ、クラシック曲が紹介されています。
(p167だけ、その他の登場曲を記載)

「池袋ウエストゲートパークT」の P60、
マコトがヴァージン・メガストアで、
「お得だからこれがいい」と店員に渡された
デイビスのチャイコフスキー「弦楽セレナード」から
始まります。
ここ読んでCDを買って聴きながら「池袋ウエストゲートパーク」を
読むのが、



です!

◎チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード:1,300円前後
チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード - デイヴィス(サー・コリン)
チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード - デイヴィス(サー・コリン)
posted by アンドレアス at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

AnsibleでCentOS7.3にRedis3.2.6をインストールする(2)

ついでに、redisも更新されていたので、
ymlファイルを修正しました。
epel-releaseが更新されていました。


/etc/ansible/hosts
----------------------
[cent73]
192.168.1.73


@/etc/ansible/redis326_cent7.yml

---
- hosts: cent73
sudo: yes
tasks:
- name: download epel
action: command wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-9.noarch.rpm
- name: download remi
action: command wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
- name: install epel and remi
action: command rpm -Uvh epel-release-7-9.noarch.rpm remi-release-7.rpm
ignore_errors: True
- name: install redis ==> RESULT redis-3.2.6 2017/1/19
action: command yum --enablerepo=remi,epel -y install redis
- name: start redis-3.2.6 and enabled
service: name=redis state=started enabled=yes


◆参考
# rpm -qa | grep redis
redis-3.2.6-1.el7.remi.x86_64

◆下記を確認しておく
/etc/redis.conf
/var/log/redis/redis.log
/var/lib/redis/dump.rdb


◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日発売開始!Docker特集は真っ先に読みたい!「ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号」

今年は、Dockerが広範囲に広がるでしょうね。

当たり前に使用されるようになって、Dockerの管理ツールも
勝ち組がはっきりするんだろうな〜。


◎ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -


◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 - プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

◎Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで:2,894円
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
posted by アンドレアス at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AnsibleでCentOS7.3にPostgreSQL9.6をインストールする(1)

今月はAnsible月間にするつもりが、
既に18日も過ぎてしまった(汗!)

/etc/ansible/hosts
----------------------
[cent73]
192.168.1.73


@/etc/ansible/postgresql96_cent7.yml

---
- hosts: cent73
sudo: yes
tasks:
- name: install postgresql repository
action: command yum -y install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/9.6/redhat/rhel-7-x86_64/pgdg-centos96-9.6-3.noarch.rpm
- name: install postgresql96
yum: name={{item}} state=latest
with_items:
- postgresql96
- postgresql96-contrib
- postgresql96-server
- postgresql96-devel
- name: service postgresql-9.6 initdb
action: command /usr/pgsql-9.6/bin/postgresql96-setup initdb
- name: start postgresql-9.6 and enabled
service: name=postgresql-9.6 state=started enabled=yes


◆参考
# rpm -qa | grep postgresql
postgresql96-libs-9.6.1-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql96-contrib-9.6.1-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql96-9.6.1-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql96-server-9.6.1-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql96-devel-9.6.1-1PGDG.rhel7.x86_64

◆/var/lib/pgsql/data 内を確認しておく

/var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
/var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

/etc/systemd/system/multi-user.target.wants
/usr/lib/systemd/system/postgresql-9.6.service

じゃあ、寝るか〜!

◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

付録が今日も役立った!「日経ソフトウエア 2017年2月号」の特別付録2Excel VBAを使いこなす本

日経ソフトウエア 2017年2月号の特別付録2「Excel VBAを使いこなす本」は、
過去のExcel VBA徹底活用術などの連載を1冊にまとめているので、
かなりお得です。

市販のVBA書籍を買う前に、
1度試してみる価値が十分あります。

ところで、出先で活用できるように
メモっておきます。
明日、使いそうな気がする。

@Form表示させてもExcelシートで作業をしたい場合
Sub form_open()
UserForm1.Show vbModeless
End Sub

Aファイル一覧をつくりたい場合
Sub f_dir2()
Dim f_d As Object
Dim p As String
Dim f_n As String
Dim c As Long

Rows("2:" & Cells.Rows.Count).ClearContents

Set f_d = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)

If f_d.Show = -1 Then
Cells(1, 2).Value = f_d.SelectedItems(1)

p = Cells(1, 2).Value
c = 2
f_n = Dir(p & "\*.*")

Do While f_n <> ""
Cells(c, 1).Value = f_n
c = c + 1
f_n = Dir()
Loop
End If
End Sub

B表作成
Sub Create_EC2_table()
Call WsAdd
Call CellFont
Call CellBorders
Call FillIn_ColumnName
End Sub

Sub WsAdd()
'
For Each w In Worksheets
If w.Name = "Sheet1" Then
w.Name = "Sheet1_old"
End If
Next

'Sheet1の直後に新規シートを1枚挿入
Worksheets.Add After:=Worksheets("2017年"), Count:=1
End Sub

Sub CellFont()
Range("A2..G2").Select
Selection.Font.Bold = True
Selection.Font.Size = 12
Selection.HorizontalAlignment = xlHAlignCenter
Selection.Interior.Color = RGB(255, 255, 0)
Selection.Borders(xlEdgeRight).LineStyle = xlContinuous
End Sub

Sub CellBorders()
Range("A2..G8").Select
Selection.Borders(xlEdgeRight).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlEdgeLeft).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlInsideHorizontal).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlInsideVertical).LineStyle = xlContinuous
End Sub

Sub FillIn_ColumnName()
Cells(1, 1).Value = "更新日時:" & FormatDateTime(Now, vbLongDate) & Chr(13)
Cells(2, 1).Value = "No"
Cells(2, 2).Value = "Instance Name"
Cells(2, 3).Value = "Instance Type"
Cells(2, 4).Value = "IP Address"
Cells(2, 5).Value = "CPU"
Cells(2, 6).Value = "Memory"
Cells(2, 7).Value = "Hard Disk"

Columns("B").ColumnWidth = 16
Columns("C").ColumnWidth = 16
Columns("D").ColumnWidth = 16
Columns("E").ColumnWidth = 16
Columns("F").ColumnWidth = 16
Columns("G").ColumnWidth = 16
End Sub



◎日経ソフトウエア 2017年2月号:1,320円
日経ソフトウエア2017年2月号 -
日経ソフトウエア2017年2月号 -

◎日経ソフトウエア 2017年1月号:1,320円
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今さら、されど今だからこそ!「ec2-api-tools」の準備・使い方を確認

今更ですが、ec2-api-tools の準備・使い方を確認しました。

諸事情あり・・・・。

1.準備
1-1. ec2-api-tools 解凍と配置
[基本]
https://aws.amazon.com/items/351?externalID=351
Downloadされたファイル:ec2-api-tools.zip

[重要]EC2 API ToolsでアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを使う
http://blog.serverworks.co.jp/tech/2013/03/29/accesskeyid_secretkey_on_ec2-api-tools/

[参考]
http://blog.serverworks.co.jp/tech/2012/02/24/ec2-api-tools-for-windows/


1-2.JDK(Java)インストール
JDKをDownload後インストールする。
(簡単なので、省略)

1-3. IAMユーザ(EC2ReadOnlyAccessのみ)作成
(簡単なので、省略)
このユーザーのAccessKeyとSecret AccessKeyを
下記3で使用します。


2.環境設定
batファイル作成。毎回設定する手間を省く
ファイル名:ec2-api-tools.bat
---------------------------------
@echo off
rem set EC2_CERT=%EC2_HOME%\cert.pem
rem set EC2_PRIVATE_KEY=%EC2_HOME%\pk.pem

set JAVA_HOME="C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_111"
set EC2_HOME=C:\ec2-api-tools
set PATH=C:\ec2-api-tools\bin
set EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com


3.使用方法(-O Access Key -W Secret Key の指定だけで実行可能)
C:\Users\Jack>ec2-describe-instances -O xxxxxxxxxxxx -W xxxxxxxxxx

◆補足・・・オプションを何もつけずコマンド実行すると、
     証明書も無いので、下記のようなエラーが出ます。

C:\Users\Jack>ec2-describe-regions
Required option '-O, --aws-access-key KEY' missing (-h for usage)

以上。


◎Amazon Web Services完全ソリューションガイド:3,132円
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -


◎合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト:2,376円
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
こちらも先行販売していないか、見てきます。
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -



◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

特集1と付録が役に立ち、良かった〜!日経ソフトウエア 2017年2月号

まさか、付録がジャストタイミングで約に立つとは。
過去のVBAの付録も併用していますが、
今月号の付録は日経ソフトウエア と同じサイズで、
見やすいです。

特集1もJavascriptで簡単なゲームを作成しますが、
Canvasを使ったりするので、最近全然触っていなかった箇所の
復習にもなるし、良かったです。

画像を変えて、ゲームは作り変えていくことにします。
やはり、面白いです。ゲーム作るのは。

◎日経ソフトウエア 2017年2月号:1,320円
日経ソフトウエア2017年2月号 -
日経ソフトウエア2017年2月号 -

◎日経ソフトウエア 2017年1月号:1,320円
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -

◎日経ソフトウエア 2017年1月号:1,320円
日経ソフトウエア2016年12月号 -
日経ソフトウエア2016年12月号 -
posted by アンドレアス at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年、突出した2冊!2017年も売れ続けている!「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」「僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意」(2016年 ビジネス本)

アマゾンのレビューには、批判している人もいますが、
2016年は、この2冊が群を抜いていたと思います。

単純に「読んでるだけでも面白い」です。

中島聡さんのWEB+DB PRESSの連載(毎回1ページでしたが)が
終了してしまっただけに、
著作が出たのは非常に良かったです。
人によっては、自慢話や部下の批判にとるんですね、勉強になりました(^^)。

役に立つか立たないかは、200以上のレビューの数が物語っていると
思います。

続いて、佐藤優さんと池上彰さんのコンビ本は
これで3冊目だったでしょうか。
その中でも、情報収集に使っている機器・雑誌・書籍・新聞を
惜しみなくさらけ出していて、購入・購読の参考になります。

「僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意」

2016年のビジネス書籍に関しては、この2冊が圧倒的でした。


◎なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である:1,490円
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である -
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である -

◎僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 :1,512円
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 -
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 -

◎コンビニ人間:1,404円
コンビニ人間 -
コンビニ人間 -
posted by アンドレアス at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

23時30分を過ぎたら、乱れた数を学ぶ! 乱数

VBA Excelを学習するために、
日経ソフトウェアのバックナンバーを読んでいたところ、
例によって横道にそれてしまい(^^)、
「乱数」を発生させる関数などの話が目に付いた、
VBScriptを動かす方向へ、進んでいきました。

月刊誌「ソフトウェアデザイン」でも、
3回ほど「乱数」ネタが連載されていたのを思い出しましたが、
暗号への関心・セキュリティ強化、という世間のコンテキストにより、
最近は、「乱数」に関心を持つ人も増えたのだろう、
そして私も・・・という昨今です。

閑話休題。
-------------------------------------------
これはRnd関数で発生させた数字を当てるゲームVBSスクリプトです。

ファイル名:kazuate.vbs


Randomize 'Randomizeステートメントを1回呼び出す

Q = Int(100 * Rnd + 1)
Count=0
Wscript.Echo Q

Do
'ユーザーが回答を入力
Wscript.Echo "いくつだと思いますか = "
A = CInt(Wscript.StdIn.ReadLine)
Count = Count + 1

If A < Q Then
Wscript.Echo "もっと大きい" & vbCrLf
ElseIf A > Q Then
Wscript.Echo "もっと小さい" & vbCrLf
End If

Loop While A <> Q


'結果を表示する
WScript.StdOut.Write "当たりです!" & vbLf
WScript.StdOut.Write Count & "回" & vbLf

///////////////////////

◎日経ソフトウエア2017年2月号:1,320円
日経ソフトウエア2017年2月号 -
日経ソフトウエア2017年2月号 -

◎日経ソフトウエア 2017年 1月号:円
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -

◎日経ソフトウエア 2016年 12月号:円
日経ソフトウエア 2016年 12月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2016年 12月号 [雑誌] -

posted by アンドレアス at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

枯れた技術!だから一気に学べる!VBA Excel(1)

ひょんなことから、
短期間、VBA for Excelに時間を割かねばならなくなりました。

※正確には、VBA For Excelがメインではないですが。

◆参考文献
・日経ソフトウェア2013年4月号 付録
・日経ソフトウェア2015年12月号 特集1ExcelVBA定番便利技
・日経ソフトウェア2016年8月号 特集1ExcelVBA9の極意

出先で使えるように、メモしておきました。

@
Sub ShowYearHour()
MsgBox "年:" & Year(Now) & Chr(13) & _
"月:" & Month(Now) & Chr(13) & _
"日:" & Day(Now) & Chr(13) & _
"時:" & Hour(Now) & Chr(13) & _
"分:" & Minute(Now) & Chr(13) & _
"秒:" & Second(Now) & Chr(13) & _
"月:" & Month("2017/01/08")
End Sub


Sub FncTimer()
'Timer関数 午前0時からの経過秒数を返す
pStart = Timer
'時間のかかる処理
For i = 0 To 100000000
x = x * 1
Next
pEnd = Timer
MsgBox (pEnd - pStart) & "秒かかりました。"
End Sub

Sub OthSearch()
i = 1

file = Dir("Z:\テキスト\*.txt")

Do While file <> ""
Cells(i, 1).Value = i
Cells(i, 2).Value = file
i = i + 1
file = Dir()
Loop
End Sub


Sub OthMkDir()
MkDir "Z:\20170109\20170109"
End Sub


Sub OthRmDir()
folder = "Z:\20170109\20170109"
Kill folder & "\*.*"
RmDir folder
End Sub


Function Triangle(base As Variant, height As Variant) As Variant
Triangle = base * height / 2
End Function

Function Triangle2(base As Double, _
Optional height As Variant) As Double

If IsMissing(height) Then
height = 10
End If
Triangle2 = base * height / 2

End Function

Sub FormShow()
UserForm1.Show

End Sub


A
Sub CellFont()
Range("A2..E2").Select
Selection.Font.Bold = True
Selection.Font.Size = 12
Selection.HorizontalAlignment = xlHAlignCenter
Selection.Interior.Color = RGB(255, 255, 0)
Selection.Borders(xlEdgeRight).LineStyle = xlContinuous
End Sub

Sub CellBorders()
Range("A2..E8").Select
Selection.Borders(xlEdgeRight).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlEdgeLeft).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlInsideHorizontal).LineStyle = xlContinuous
Selection.Borders(xlInsideVertical).LineStyle = xlContinuous
End Sub

B
Private Sub UserForm_Initialize()
If Hour(Now) < 6 Or Hour(Now) > 18 Then
UserForm1.BackColor = RGB(255, 0, 0)
End If
UserForm1.Caption = "マイフォーム"
UserForm1.Label1.Caption = "マイフォームです"
UserForm1.TextBox1.Text = "マイフォーム"
UserForm1.TextBox1.SetFocus

End Sub
Private Sub CommandButton1_Click()
'確認ダイアログボックス表示
If MsgBox("ボタンをクリック", vbOKCancel) = vbOK Then
UserForm1.Hide '[OK]の場合のみ閉じる
End If

End Sub


◎ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本:2,376円
ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本 -
ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本 -

◎Excel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~:3,218円
Excel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~ -
Excel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~ -

◎VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック [模擬問題プログラム付き]:3,024円
VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック [模擬問題プログラム付き] -
VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック [模擬問題プログラム付き] -


VBAエキスパート、受けようかな〜。
趣味扱いとして!(^^)
posted by アンドレアス at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

見たくないわけないだろう、見たいだろう。やっぱり!=>闇金ウシジマくん ディレクターズカット版

漫画の方は、1巻から38巻まで
再読開始

しましたが、
佐藤優氏と池上彰氏の共著で
テレビドラマが一番カネの暴力性が描かれている、
と言われていたので、比較するために、
映画含めて、見比べることにしました。

これの事ですね=>「闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX」

これも、また、味わいのある楽しみ方です。


◎闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX:9,523円〜12,312円
闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX -
闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX -

◎映画 闇金ウシジマくん [DVD]:3,091円〜4,104円
イベントサークル“バンプス”代表・純のストーリーが展開されます。
初期の「闇金ウシジマくん」のリアリティーがたっぷり味わえます。
映画 闇金ウシジマくん [DVD] -
映画 闇金ウシジマくん [DVD] -



◎「闇金ウシジマくん」dビデオ powered by BeeTVスペシャル [DVD] :3,175〜4,104円
「闇金ウシジマくん」dビデオ powered by BeeTVスペシャル [DVD] -
「闇金ウシジマくん」dビデオ powered by BeeTVスペシャル [DVD] -
posted by アンドレアス at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呼吸するのを忘れてしまった! マサル V.S 牛嶋・柄崎の結末! 闇金ウシジマくん(38)!もう1回最初から読もう!

あー、沖縄の安奈、今、思い出した。

そうか、あの安奈か・・・。


エンディングが近いのか、
33巻からの壮絶だった展開が、
クライマックスを迎えた後、
マサルを探す牛嶋と柄崎、舞台は

沖縄!

マサル V.S 牛嶋・柄崎の結末は・・・如何に!

◎闇金ウシジマくん(38):円
おい、マサル。
闇金ウシジマくん(38) (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん(38) (ビッグコミックス) -

◎闇金ウシジマくん(37):円
闇金ウシジマくん(37) (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん(37) (ビッグコミックス) -

◎闇金ウシジマくん 1-38巻セット:円
闇金ウシジマくん 1-38巻セット (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん 1-38巻セット (ビッグコミックス) -

posted by アンドレアス at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買おう!買おう! 2017年にPython本を選ぶなら、この3冊から!

クジラ飛行机さんの著作が2冊入ってますが、
書店での売れ方を見ても、
まあ、妥当なところですね。

4月から新人研修を担当している人なども、
教える内容を吟味するのに良い本だと思います。

◎みんなのPython 第4版:2,916円
みんなのPython 第4版 -
みんなのPython 第4版 -

◎Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう:3,456円
Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう -
Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう -

◎実践力を身につける Pythonの教科書:2,786円
実践力を身につける Pythonの教科書 -
実践力を身につける Pythonの教科書 -

posted by アンドレアス at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

あっ、5分後から発売開始する! 日経Linux(リナックス)2017年2月号の最初に読みたいのは・・・これだな

文句無しで、ラズパイ2017年式入門ですね。

時間がなくて、
結局、まだRaspberry Pi3を使ってない(近くにありますが)ので、
明日からさっさとインストールして使います。

参考にしよう。

それと、Ubuntuでハイレゾ音楽を再生も楽しみです。

追加レビューは後から書きます。


◎日経Linux(リナックス)2017年2月号:1,630日経Linux円
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2017年1月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年12月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年11月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -




◎日経Linux(リナックス)2016年10月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年9月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年8月号:円
日経Linux(リナックス)2016年8月号 -
日経Linux(リナックス)2016年8月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年7号:円
日経Linux(リナックス)2016年7月号 -
日経Linux(リナックス)2016年7月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年4月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年4月号 -
日経Linux(リナックス)2016年4月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年3月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年3月号 -
日経Linux(リナックス)2016年3月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年2月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年2月号 -
日経Linux(リナックス)2016年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年1月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年1月号 -
日経Linux(リナックス)2016年1月号 -


◎日経Linux(リナックス)2015年12月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2015年12月号 -
日経Linux(リナックス)2015年12月号 -


◎まんがでわかるLinux シス管系女子2:1,728円
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
posted by アンドレアス at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする