2017年03月06日

Windows10とWindows Server 2016のWindows Updateに関する役立つURLをメモする

しばらく、これに関わる時間が増えそうだが、
増えないように、事前に手をうっておく。

URLのメモもその1つ。

1.Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴
Windows 10 バージョン 1607 および Windows Server 2016 の更新プログラム

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4000825/windows-10-and-windows-server-2016-update-history

2.
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4010672/windows-10-update-kb4010672

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
とあるので、これを入手してUpdateという方法もある。
テストがてら、試すか。
ちなみに、該当OSでWebアクセスしないと、Sevice Unavailableと表示されて、
何も表示されません。

3.第16回 Windows 10は、Windows Server 2016と最も親和性の高いクライアント
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/022500181/112800018/
Windows Server 2016の内部バージョン:1607
ビルド番号:14393(10.0.14393)
・Windows 10 Anniversary Updateと同じ。

SMB(Server Message Block):3.1.1
リモートデスクトッププロトコル(RDP):10.1(バージョン1511以前のWindows 10はRDP 10.0)

4.http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/022500181/112800018/

Administrative Templates (.admx) for Windows 10 and Windows Server 2016 - 日本語
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=53430

Windows 10 サポート対象
バージョン1507(ビルド10240)
バージョン1511(ビルド10586)
バージョン1607(ビルド14393)

混在している環境は、ポリシー管理が複雑になるためお勧めしない(らしい)
可能ならば、Windows Server 2016と共通のバージョン1607に統一したほうが良い(らしい)

5.http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/022500181/112800018/
Windows 10バージョン1511から利用可能になった
Windows Update for Businessのポリシー

Windows 10のバージョンの違いの影響を大きく受ける。


コンシューマー向けのCurrent Branch(CB)
↓4か月後
企業向けのCurrent Branch for Business(CBB)
機能更新プログラム(旧称、機能アップグレード)と品質更新プログラム を延長あるいはブロック可能。

6.中堅・中小企業のためのWindows 10講座
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/022500181/?ST=suc-infra


◎Windows Server 2016 テクノロジ入門 完全版:円
Windows Server 2016 テクノロジ入門 完全版 -
Windows Server 2016 テクノロジ入門 完全版 -

◎ひと目でわかるWindows Server 2016:円
ひと目でわかるWindows Server 2016 -
ひと目でわかるWindows Server 2016 -

◎WindowsServer2016ネットワーク構築・管理ガイド Datacenter/Standard対応:円
WindowsServer2016ネットワーク構築・管理ガイド Datacenter/Standard対応 -
WindowsServer2016ネットワーク構築・管理ガイド Datacenter/Standard対応 -
posted by アンドレアス at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする