2016年12月24日

あっ、本日発売!Interface (インターフェース) 2017年 2月号、絶好調だな、最近。「初めてのARMとCとアセンブラ」もタイムリーで良かった。

今月も絶好調のInterface。

「初めてのARMとCとアセンブラ」は
個人的にタイムリーな内容でうれしいです。

最近、購入者も増えているので、
日経LinuxやSOFTWARE DESIGNなどの月刊誌と並んで置かれる書店が
増えましたね。

今から、大混雑しているだろう書店に向かいます。
それでは、また。

◎Interface (インターフェース) 2017年 2月号:1,080円
Interface(インターフェース) 2017年 02 月号 -
Interface(インターフェース) 2017年 02 月号 -

◎Interface (インターフェース) 2017年 1月号:1,130円
P27〜自宅で試すための環境として、
RとRStudioが取り上げられています。
手軽に自宅PCでAI解析を行いたい人は、
売り切れる前に買っておきたい1冊です。
今月もInterfaceは、抜群に面白いです。
Interface(インターフェース) 2017年 01 月号 -
Interface(インターフェース) 2017年 01 月号 -


◎Interface (インターフェース) 2016年 8月号:1,000円
Interface(インターフェース) 2016年08月号 -
Interface(インターフェース) 2016年08月号 -



◎Interface (インターフェース) 2016年 7月号:1,000円
Interface(インターフェース) 2016年07月号 -
Interface(インターフェース) 2016年07月号 -
今回の特集では、「自己完結型」の人口知能となってます。
つまり、クラウドに接続して処理を行うのでは無く、
ラズベリーパイに人口知能を組み込んで
処理を完結させる、と。

最初は「ナベカ」という魚の観察を
オープンソースの画像識別ライブラリDeepBeliefSDKを
使っています。
アルゴリズムとして、AlexNetというDeep Learningの
機械学習アルゴリズムを搭載。


◎Interface (インターフェース) 2016年 6月号:1,080円
とうとう付録までつきました。
なのに、価格は、1,080円です。

中身は、驚きの充実した内容です。
「サウンドプログラミング入門」も良い本ですが、
3,000円を超えています。
また音声信号処理の数も半端じゃないくらい多いですので、
凄く参考になると思います。
音楽やるにしても、音声応答・音声合成・音声認識やるにしても。

また、後で、追記しますが、
CQ出版、ノリにのってるな。

Interface (インターフェース) 2016年 6月号 -
Interface (インターフェース) 2016年 6月号 -

ノってるな、CQ出版(^^)。

今、1番勢いありますね、IT系書籍の出版社として。

ちょうど

◎サウンドプログラミング入門:3,218円
サウンドプログラミング入門――音響合成の基本とC言語による実装 (Software Design plus) -
サウンドプログラミング入門――音響合成の基本とC言語による実装 (Software Design plus) -



○まとめ
参照:はじめてのAIプログラミングC言語で作る人口知能と人口無能

4章 音声処理技術
音声処理技術は大きく2種類あり。

・コンピュータが音声を発する音声合成技術
 音を出す

・人間の発する音声をコンピュータが認識する音声認識技術
 音を聞く


4.1 音声合成
・A/D変換、D/A変換
・音or音波 = 空気の振動

量子化ビット数・・・・どのくらいの精度で音の強さを記録するか

サンプリング周波数
・・・1秒間に何回音を記録するか

・音楽CD:量子化ビット数16bit, サンプリング周波数44.1kHz(44,100回/秒),ステレオ2チャンネル
・電話 :量子化ビット数8bit,サンプリング周波数8kH

WindowsのWAVファイル:RIFF(Resource Interchange File Format)


◎はじめてのAIプログラミングC言語で作る人口知能と人口無能:3,024円
はじめてのAIプログラミング―C言語で作る人工知能と人工無能 -
はじめてのAIプログラミング―C言語で作る人工知能と人工無能 -





◎はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI:円
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI -
posted by アンドレアス at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック