2016年12月30日

2016年、面白さでダントツだった3冊(IT+サイエンス分野)!「量子コンピュータが人工知能を加速する」「エクサスケールの衝撃」「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」


エクサスケールの衝撃は、2015年1月発売でしたが、
私が読んだのが今月(2016/12)なので。(^^)。

人口知能・機械学習というトレンド・キーワードの陰に
隠れた感もする「量子コンピュータ」ですが、
個人的には、こちらが本命として、巨大な存在として認識されるのも
もうすぐだと思います。

NASA,USRA,GoogleがD-Waveシステムの量子コンピュータが
1億倍(今までのコンピュータと比較し)と発表して1年が経過しましたが、
「量子アニーリング方式」「量子ビット」「組み合わせ最適化問題」
「量子力学」などの
キーワードは、2017年以降、徐々にメディアで目にする機会が
増えることと思います。

◎量子コンピュータが人工知能を加速する:1,620円
量子コンピュータが人工知能を加速する -
量子コンピュータが人工知能を加速する -

◎エクサスケールの衝撃:1,620円
エクサスケールの衝撃 -
エクサスケールの衝撃 -


◎ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装:円
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 -
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 -


2017年には、量子ビットが2000個のマシンが出荷される予定、だそうです。
第4章で、通常のコンピュータプログラムより先に、
量子コンピュータのプログラムを覚えた
「人類初の例」となる、ロスアラモス国立研究所の小学生のお嬢さんの
将来って、非常に興味をひかれます(^^)


◆補足と引用
 汎用性の無いアルゴリズム+従来型コンピュータで
 D-Waveと変わらない速度で問題を解いた論文の事も触れられていることに
 関する西森教授の見解もP102〜103に記載されています。
 
その論文
vasil S. denchev et al. "What is the computational value of finite-range tunneling"
https://journals.aps.org/prx/pdf/10.1103/PhysRevX.6.031015


◆参考URL
D-Wave Twitter:https://twitter.com/dwavesys

1QBit Twitter:https://twitter.com/1QB_it
posted by アンドレアス at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445368173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック