2017年01月10日

23時30分を過ぎたら、乱れた数を学ぶ! 乱数

VBA Excelを学習するために、
日経ソフトウェアのバックナンバーを読んでいたところ、
例によって横道にそれてしまい(^^)、
「乱数」を発生させる関数などの話が目に付いた、
VBScriptを動かす方向へ、進んでいきました。

月刊誌「ソフトウェアデザイン」でも、
3回ほど「乱数」ネタが連載されていたのを思い出しましたが、
暗号への関心・セキュリティ強化、という世間のコンテキストにより、
最近は、「乱数」に関心を持つ人も増えたのだろう、
そして私も・・・という昨今です。

閑話休題。
-------------------------------------------
これはRnd関数で発生させた数字を当てるゲームVBSスクリプトです。

ファイル名:kazuate.vbs


Randomize 'Randomizeステートメントを1回呼び出す

Q = Int(100 * Rnd + 1)
Count=0
Wscript.Echo Q

Do
'ユーザーが回答を入力
Wscript.Echo "いくつだと思いますか = "
A = CInt(Wscript.StdIn.ReadLine)
Count = Count + 1

If A < Q Then
Wscript.Echo "もっと大きい" & vbCrLf
ElseIf A > Q Then
Wscript.Echo "もっと小さい" & vbCrLf
End If

Loop While A <> Q


'結果を表示する
WScript.StdOut.Write "当たりです!" & vbLf
WScript.StdOut.Write Count & "回" & vbLf

///////////////////////

◎日経ソフトウエア2017年2月号:1,320円
日経ソフトウエア2017年2月号 -
日経ソフトウエア2017年2月号 -

◎日経ソフトウエア 2017年 1月号:円
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -

◎日経ソフトウエア 2016年 12月号:円
日経ソフトウエア 2016年 12月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2016年 12月号 [雑誌] -

posted by アンドレアス at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック