2017年01月18日

AnsibleでCentOS7.3にRedis3.2.6をインストールする(2)

ついでに、redisも更新されていたので、
ymlファイルを修正しました。
epel-releaseが更新されていました。


/etc/ansible/hosts
----------------------
[cent73]
192.168.1.73


@/etc/ansible/redis326_cent7.yml

---
- hosts: cent73
sudo: yes
tasks:
- name: download epel
action: command wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-9.noarch.rpm
- name: download remi
action: command wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
- name: install epel and remi
action: command rpm -Uvh epel-release-7-9.noarch.rpm remi-release-7.rpm
ignore_errors: True
- name: install redis ==> RESULT redis-3.2.6 2017/1/19
action: command yum --enablerepo=remi,epel -y install redis
- name: start redis-3.2.6 and enabled
service: name=redis state=started enabled=yes


◆参考
# rpm -qa | grep redis
redis-3.2.6-1.el7.remi.x86_64

◆下記を確認しておく
/etc/redis.conf
/var/log/redis/redis.log
/var/lib/redis/dump.rdb


◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック