2017年01月22日

読み終えた!「ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号」、一番面白かったのは・・・

一気に読み終えました。

◎面白かった&役に立った
1位:特集1 いまはじめるDocker
   7章 最新動向を知る

・1.9からdocker network
 複数の仮想インターフェースを利用可能に
・Docker Engineに内部で名前解決するDNSサーバを内蔵
・v1.11から内部DNSのラウンドロビン対応。
 runC導入(ライブラリ,2015年Docker社がOCIへ寄贈)
 containerdデーモン

 v1.11まで
 v1.12から 新dockerdデーモン

・swarm
 v1.12から新しいSwarmモード(Docker Swarmよりクラスタが簡単に組める、新機能「ルーティングメッシュ機能」「Ingressロードバランシング」も追加)
 機能とクラスタ構成方法が異なる。
・新しいコンテナ管理の概念
 サービス(コンテナ実行を定義する)とタスク

docker service create --replicas 3 -p 80:80 nginx:latest


◎ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -


◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 - プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

◎Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで:2,894円
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
posted by アンドレアス at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック