2018年05月10日

SQL Serverのメモリ関連について調べる(1)

一般人ブログの場合、似たような情報しか無いですね(^^)。
やはり本家本元のMicrosoftや@IT(古いけど)には、
詳細な仕様の説明があるので、役立ちます。

せっかくなので、リンクをメモっておきました。


1.サーバー メモリに関するサーバー構成オプション
SQL Server に対する最大メモリ容量の指定
例 B: 現在のメモリ割り当てを確認する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/configure-windows/server-memory-server-configuration-options?view=sql-server-2017



2.DBCC MEMORYSTATUS コマンドを使用して SQL Server 2005 のメモリ使用量を監視する方法
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/907877/how-to-use-the-dbcc-memorystatus-command-to-monitor-memory-usage-on-sq



3.SQL Server を再起動しないで使用中のメモリを解放する方法
https://www.projectgroup.info/tips/SQLServer/MSSQL_00000018.html

定期的に行いたい場合、コマンドで実行可能。
メモリの最大値を小さくする
本番稼働中の場合、 512MB 程度より小さくしない方がいいかも




4.都内で働くSEの技術的なひとりごと
SQL Server のメモリの状態を簡単に確認してみる
http://ryuchan.hatenablog.com/entry/2015/09/01/020340


5.Microsoft SQL Server のメモリ使用量のチューニング
https://success.trendmicro.com/jp/solution/1308038



6.SQL Server 2000 チューニング全工程(1):メモリの自動チューニング機能を完全に把握しよう (3/3)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0407/31/news024_3.html


SQL Serverの管理するリソースの中で、最も重要なのがメモリ上のアドレス空間。
SQL Serverのアドレス空間は、
・SQL Serverのシステムが使用している実行コードの領域とメモリプールの2つの領域から構成され、
それぞれに複数の構成要素が含まれています。
このアドレス空間の中で、
・動的にサイズが変更される領域がメモリプール


メモリ プール内に割り当てられる領域の主な役割

表1 6つ
SQL Serverが管理するキャッシュの利用状況を調べるには、
DBCC SQLPERFステートメントでLRUSTATSオプション



7.再起動することなくSQL Serverが確保したメモリを解放する
https://ameblo.jp/tech-note/entry-11208938612.html
デフォルト値として、[最大サーバー メモリ(MB)]はSQL Server が認識できる最大値が入っているらしい。
SQL Server 稼働中にでも実行できる。
SQL Server 2008R2
[最大サーバー メモリ(MB)]の値はストアードプロシージャで変更可能。
ストアードプロシージャは次の通り。



以下は、自分のリンク。探すのが手間なので(^^)
【参考】SQL Serverコマンド(抜粋その1)、復習中です。
http://linuxcommand2007.seesaa.net/article/452723846.html?1525903816



◎SQLServer2012逆引き大全515の極意:円
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
◎SQL Server 2016の教科書 開発編:3,888円
SQL Server 2016の教科書 開発編 -
SQL Server 2016の教科書 開発編 -

◎SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応:3,996円
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -


posted by アンドレアス at 07:16| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。