2018年10月16日

PowerShellとDNS名前解決

ひとまず、これだけ把握しておけば
後は、普段の努力がカギを握る : -)

@Resolve-DnsName xxx.A.com.

AResolve-DnsName xxx.A.com. fl *

B
Add-Type -AssemblyName System.Net

[array]$HostEntries = [System.Net.DNS]::GetHostEntry("update.nai.com")

[array]$IPv4HostEntries = $HostEntries.AddressList | ?{$_.AddressFamily -eq "InterNetwork"}

$IPv4Address=($IPv4HostEntries[0]).IPAddressToString

echo $IPv4Address

CNetwork設定関連(古いかも)
https://qiita.com/hanakara_milk/items/1197ac9b91fa1fa3abab


DGet-DnsClientCache

EGet-DnsClientServerAddress

FClear-DnsClientCache

Get-DnsClientCache

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj590772(v=wps.630).aspx


GGet-DnsServerZone

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj649850.aspx


H
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj649861.aspx


◎PowerShell実践ガイドブック ~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説:円
PowerShell実践ガイドブック ~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説~
PowerShell実践ガイドブック ~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説~


◎Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第3版:円
Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第3版 (TechNet ITプロシリーズ)
Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第3版 (TechNet ITプロシリーズ)


posted by アンドレアス at 07:16| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。