2017年08月15日

SQL Serverコマンド(抜粋その1)、復習中です。

復習です。
主に、SQLServer2012逆引き大全515の極意 8章Transact-SQL付近です。

○まとめ
Transact-SQL マイクロソフト社のSQL言語
Transact-SQL = 標準SQL + Microsoft社独自の拡張

@DML
ADDL
BDCL
COMMIT
ROLLBACK
GRANT
REVOKE

○SQL Serverコマンド
select top3 * from 社員名簿
select top 30 percent * from 社員名簿

データベース情報を知るシステムストアドプロシージャ
sp_helpdb
sp_helpdb @dbname='DB名'

sp_who @loginname='login'

sqlcmd = Transact-SQLの実行環境

sqlcmd デフォルトではWindows認証

sqlcmd -E -S ServerName
デフォルトではWindows認証のため、-Eは省略可能
-U はSQL Server認証

sqlcmd -U loginname -P password -S servername
sqlcmd -U loginname -S servername
sqlcmd -d DB名

デフォルトでmasterデータベースに接続

use 接続したいDB名

F7キーでコマンド履歴

select DB_NAME()
go
現在接続しているDB名が確認可能

sqlcmd -q "SQL文"
sqlcmd -Q "SQL文" の場合、実行後即終了(exitするという意味)
sqlcmd -i スクリプトファイル名(xxx.sql)

sqlcmd -d DB名 -i 入力スクリプトファイル -o 出力ファイル名

P467(PDF 73)

○SQL Server PowerShell
sqlps
tabキー補完
invoke-sqlcmd -query "クエリ"


◎SQLServer2012逆引き大全515の極意:円
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
◎SQL Server 2016の教科書 開発編:3,888円
SQL Server 2016の教科書 開発編 -
SQL Server 2016の教科書 開発編 -

◎SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応:3,996円
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -


posted by アンドレアス at 23:06| Comment(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

SuSE Linuxコマンド抜粋・・・SAP HANA対応などで触る機会が生じたエンジニア向け

では、さっそく。

○環境
OS:# uname -a
Linux linux-ucc9 4.7.2-2-default #1 SMP PREEMPT Mon Aug 29 23:57:41 UTC 2016 (8a962cf) x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

・最小インストールした場合のSSHD変更

Password Authenticationが無効になっているため、

vi /etc/ssh/sshd_config 後、yesに変更する必要あり。
/etc/init.d/sshd restart

runlevel は、3だった。

○コマンドまとめ
インストール関連
zypper help
zypper install httpd

zypper install nginx
zypper install php
zypper install php-fpm
zypper search nkf
zypper install java
zypper info java-1_8_0-openjdk
zypper install mariadb

○ネットワーク設定・確認コマンド

ip a
ip r

ss
ss -an


# cat /etc/sysconfig/network/config


# cat /etc/sysconfig/network/ifcfg-eno16777736

BOOTPROTO='dhcp'
BROADCAST=''
ETHTOOL_OPTIONS=''
IPADDR=''
MTU=''
NAME=''
NETMASK=''
NETWORK=''
REMOTE_IPADDR=''
STARTMODE='auto'
DHCLIENT_SET_DEFAULT_ROUTE='yes'

○サービス起動・有効化関連コマンド
systemctl -h
systemctl -a


まだまだ追記します。

◎日経Linux(リナックス)2016年10月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年9月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -

◎CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド:4,860円
CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu) -
CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu) -
posted by アンドレアス at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

PostgreSQL9.4 on CentOS6.5・・・コマンドとバックアップ

この時間から、やることではない気がするが、
いかんせん、時間が無い。


su - postgres
pg_dumpall > pgdata.sql

dataディレクトリ内を削除して、
OS再起動した。
PostgreSQLは起動しない。

service postgresql-9.4 initdb

su - postgres
psql -f pgdata.sql template1

psql -l あるいは
psql -U postgresの後、\l すると、リカバリできたのが確認できる。


◎内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則:3,564円
内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus) -
内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus) -


◎PostgreSQL全機能バイブル:3,780円
PostgreSQL全機能バイブル -
PostgreSQL全機能バイブル -

◆参考
http://collie.low-temp.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~ashida/comp/psql.html

posted by アンドレアス at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

USP MAGAZINE vol.17が発売!今ではAmazonでも、honto.jpでも買えますよ〜。

Unity本が先行販売している可能性があるので、
書店を巡りましたが、残念ながら、
売ってませんでした。

でも、USP MAGAZINE vol.17が売っていたので、
買ってきました。

転んでも、ただでは起きない・・・・。


◎USP MAGAZINE vol.17:540円
USP MAGAZINE vol.17 -
USP MAGAZINE vol.17 -

◎USP MAGAZINE vol.16:540円
USP MAGAZINE vol.16 -
USP MAGAZINE vol.16 -

◎USP MAGAZINE vol.15:540円
USP MAGAZINE vol.15 -
USP MAGAZINE vol.15 -

◎USP MAGAZINE vol.14:540円
USP MAGAZINE vol.14 -
USP MAGAZINE vol.14 -



◎USP MAGAZINE vol.13:540円
USP MAGAZINE vol.13 -
USP MAGAZINE vol.13 -

◎USP MAGAZINE vol.12:540円
USP MAGAZINE vol.12 -
USP MAGAZINE vol.12 -
posted by アンドレアス at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

よく使う日付コマンドのメモ

シェルスクリプトだけではなく、
Perl,PHP,Ruby,Pythonでも、
日付の表示、計算はよく使いますが、
その割りに、毎回表示形式のオプションを忘れて
調べてしまう、ことが多いので、
ここにメモしておこう。


#!/bin/sh

NOW=`date +"%Y-%m-%d %H:%M:%S"`
TODAY=`date +"%Y-%m-%d"`" 12:59:59"
#########YESTERDAY=`date -d '1 days ago' +"%Y-%m-%d %H:%M:%S"`
YESTERDAY=`date -d '1 days ago' +"%Y-%m-%d"`" 13:00:00"
echo "TODAY : ${TODAY}"
echo "YESTERDAY: ${YESTERDAY}"


Perl,PHP,Ruby,Pythonも
ついでに同じのを追加して、
数ヶ月後、忘れた!ってことが無いように、
ここをお気に入りにしておこう。


◎Hadoop 第3版:5,040円
Hadoop 第3版 [大型本] / Tom White (著); Sky株式会社 玉川 竜司, 兼田 聖士 (翻訳); オライリージャパン (刊)

◎Hadoop徹底入門 第2版 オープンソース分散処理環境の構築:3,990円
Hadoop徹底入門 第2版 オープンソース分散処理環境の構築 [大型本] / 太田 一樹, 岩崎 正剛, 猿田 浩輔, 下垣 徹, 藤井 達朗, 山下 真一 (著); 濱野 賢一朗 (監修); 翔泳社 (刊)

posted by アンドレアス at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

3年ぶりに、.lzhファイルをlhaで解凍したのでメモっておこう。(Fedora20) nkfも使ったけど、2年ぶりくらいかなー。最近は、UTF-8当たり前になったので、使う回数は減りましたね。

他人のブログよりも、
自分のブログが一番役立っている、この現実。
(単に、物忘れが多いだけなのかも、しれませんが・・)

-------------
過去ブログ1
-------------
2011年02月15日
日本発のオープンソース「EC-CUBE」を、ガンガン使おう!(MySQL編 その3) ・・・強烈な雪が降る中、EC-CUBEのつづき。郵便番号データベースの登録。これは、EC-CUBE以外でも利用できるぞ。

●.lzhファイルをlhaで解凍するには・・(Fedora20)

http://sourceforge.jp/projects/lha/releases/

より、lha-1.14i-ac20050924p1.tar.gz をダウンロード。

後は、

tar xvzf lha-1.14i-ac20050924p1.tar.gz
cd lha-1.14i-ac20050924p1
./configure
make make install

最後に、

lha e ken_all.lzh


-------------
過去ブログ2
-------------
2008年02月25日
Linux試験の前や長期休暇の後、あるいは別案件でしばらくLinuxに触っていなかった人が、一気にカンを取り戻すためのリハビリコマンドを
http://linuxcommand2007.seesaa.net/article/87060380.html



◎日経Linux2014年3月号:1,490円
日経 Linux (リナックス) 2014年 03月号 [雑誌] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)


◎格安PCボードで始める 電子工作超入門:2,310円格安PCボードで始める 電子工作超入門 (日経BPパソコンベストムック) [単行本] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)
posted by アンドレアス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

find ではなく、 locateを使って、素早くファイルを検索する。「日経 Linux 2013年 08月号」

@locateって、時々私も使うんですが、
よく考えると、結構、周りの人で使っている人は、
少ない気がしますね、たいてい、find だな。

私の場合、10年くらい前でしょうか、

which でファイルを探しているときに、見つからず、
「locate でどうですか?」と言われて、
出てきたので、その時の記憶が、かすかながらも
ずっと残っているので、which で見つからないと
locateを使う、という習慣がついてます。

今度から、find の前に、locateを使うことにします。


★locateとfindの速度比較:極端な例(^^)

$ time locate httpd.conf
/etc/httpd/conf/httpd.conf
/usr/lib/tmpfiles.d/httpd.conf

real 0m0.133s
user 0m0.128s
sys 0m0.003s


$ time find / -name httpd.conf
(許可がありません、と、たくさんの行が表示されます)
real 0m56.965s
user 0m0.241s
sys 0m5.461s

Atreeコマンドは、よく使いますけど、
-L つけると、さらに便利ですね。

$ tree /etc -L 2 | grep http



◎日経 Linux 2013年 08月号:1,490円
日経 Linux (リナックス) 2013年 08月号 [雑誌] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)


@日経Linux8月号を買ってきました。

特別企画で、ユニバーサルシェルプログラミング研究所が登場。

最近SOFTWARE DESIGNだけでなく、
あちこちに浸透していますね。

ちなみに私はUSP MANAGINEも、オモロイので買っています。


AGoogle Glass用アプリを開発しよう 第1回の連載が始まりました。
花沢健吾の「ルサンチマン」を読んで以来、
Google Glassを見ると、

ルサンチマンを条件反射的に思い出す
ようになりました。

たぶん、あーいうアプリもできるんでしょうね、きっと。

B日経Linuxでここ最近、毎月役立つのは、
ほとんど終わりの方に連載されてる
「カーネルハッカーが教えるLinuxの本質」です。
今月は「アウトオブメモリー」ですが、
Low Memory Killerの話もあり、
興味深く読んでおります。


Cおススメフリーソフトですが、
今月は、Clonezillaです。

私は今、Windows7のパーティションバックアップも
Clonezillaしか使わなくなっています。

便利で、タダだし。
最初だけ慣れたら、後はスゴク楽なので、おススメします。



◎Linuxシステム[実践]入門 (Software Design plus):3,024円

最新で、実務で使える内容のLinux本を探しているならば、
この本で、OKだと思います。
posted by アンドレアス at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

朝から、SSH力をつける(^^)「SSH力をつけよう!」を読む。

前も読んだ気がしますが、今一度。

◎Software Design (ソフトウェア デザイン) 2012年 10月号:1,280円
P84〜SSH力をつけよう!


◎Software Design (ソフトウェア デザイン) 2012年 10月号:1,280円

先日
Hadoop徹底入門 第二版を買った際、Parallel SSHというのがあったので、
Fedora19でも使ってみました。

yum -y install pssh でインストール可能なので、便利です。


$ pssh -H fed19002 -H fed19001 -l jack -A -i -O "StrictHostKeyChecking=no" -O "UserKnownHostsFile=/dev/null" -- echo hello
Warning: do not enter your password if anyone else has superuser
privileges or access to your account.
Password:
[1] 07:49:52 [SUCCESS] fed19002
hello
Stderr: Warning: Permanently added 'fed19002,192.168.10.67' (RSA) to the list of known hosts.
[2] 07:49:52 [SUCCESS] fed19001
hello
Stderr: Warning: Permanently added 'fed19001,192.168.10.10' (RSA) to the list of known hosts.



echo helloの部分を、ls -la に変更しても、OK。

/sbin/ifconfig も、OK。ifconfigだけだと、ダメですね。

$ pssh -h hosts.slaves -l jack -A -i -O "StrictHostKeyChecking=no" -O "UserKnownHos
tsFile=/dev/null" -- pwd

hosts.slaves というファイルに
1行1ホスト名を記述し、-h で実行、もできました。

-------------
hosts.slaves
-------------
fed19001
fed19002

posted by アンドレアス at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

「プロのためのLinuxシステム10年効く技術」のシェルスクリプトとPerlのところを読んでリハビリする

シェルスクリプトをリハビリがてらに復習です。

書式とか条件式とか、忘れるよね(^^)。


===================
seq.sh
===================
#!/bin/bash

first=$1
step=$2
last=$3

c=$first
while [[ $c -le $last ]]; do
echo "192.168.1.$c"
c=$(( c + step ))
done

===================
shift.sh
===================
#!/bin/bash

while [[ "$@" != "" ]];do
echo "$@"
shift
done

===================
shift2.sh
===================
#!/bin/sh

echo $0
for member in "$@";do
echo $member
done

===================
select.sh
===================
#!/bin/bash

menu=( 'Jack_Bauer' 'Renee_Walker' 'Chloe_Obrien' )
PS3="Who do you like?"

select person in ${menu[@]}; do
echo "I like $person."
done


◎プロのためのLinuxシステム10年効く技術:円
今、書店で一番売れているLinux書籍は、圧倒的に
この本です。
中級者、脱初心者にオススメします、オススメできます。
プロのための Linuxシステム・10年効く技術 (Software Design plus) [大型本] / 中井 悦司 (著); 技術評論社 (刊)


◎プロのための Linuxシステム構築・運用技術:3,024円
プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus) [大型本] / 中井 悦司 (著); 技術評論社 (刊)


◎プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術:3,024円
プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術 (Software Design plus) [大型本] / 中井 悦司 (著); 技術評論社 (刊)
posted by アンドレアス at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

シェルスクリプトでファイルのパスとファイル名を抜き出すには、こういうのもある!

知っている人は、好んで使っていると
思いますが・・・。

これ!

$ cat test.sh
#!/bin/bash

DIR="/home/jack/work/perl"
FNAME="test.pl"

FILEPATH=$DIR/$FNAME

filename="${FILEPATH##*/}"
dirpath="${FILEPATH%/*}"


echo $filename
echo $dirpath


◎覚えて便利 いますぐ使える!シェルスクリプトシンプルレシピ54:1,470円
覚えて便利 いますぐ使える!シェルスクリプトシンプルレシピ54 [単行本] / 松浦智之 (著); USP研究所 (刊)


◎もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl:2,919円
もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl (Software Design plus) [単行本(ソフトカバー)] / 木本 裕紀 (著); 技術評論社 (刊)

posted by アンドレアス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

よく使うsedとawkとシェルスクリプトのメモ(2012年11月改訂)

はじめに、list.txtを用意する。

$ cat list.txt
Jack Bauer
Renee Walker
Chloe Obrien
Tony Almeida


1.
sed -e "s/Jack/Kim/g" list.txt


2.
sed -f 24.sed list.txt
あるいは、
sed -f 24.sed list.txt > newlist.txt


3.
cat list.txt | while read line;do
echo $line
done


$ cat list.txt
Jack Bauer
Renee Walker
Chloe Obrien
Tony Almeida
kim Bauer

kimを追加しました。



4.
awk '/Bauer$/ {print $0}' list.txt
awk '/Bauer$/ {print $1}' list.txt
awk '/Bauer$/ {print $2}' list.txt
awk '/Bauer$/ {print NR,$0}' list.txt
awk '/Bauer$/ {print NR,$1}' list.txt
awk '/Bauer$/ {print NR,$2}' list.txt



5.
$ IPADDR="
> 10.113.10.97
> 127.0.0.1
> "



$ for host in $IPADDR
> do
> echo $host
> done
192.168.10.100
127.0.0.1


下記のように書いてもいいけど。
;do 〜; done

$ for host in $IPADDR; do echo $host; done


このセミコロンを使った書き方は、なんか、
合わないんですね、自分には。

追加(2012/11/28)

$ cat list2.txt
Jack Bauer,41
Renee Walker,32
Chloe Obrien,35
Tony Almeida,36
Kim Bauer,21

7.
$ awk -F"," '{print $1,"\t",$2}' list2.txt
$ awk -F"," '{print $1,"------->",$2}' list2.txt

もう少し増やして、リハビリに使えるようにしよう。


覚えて便利 いますぐ使える!シェルスクリプトシンプルレシピ54 [単行本] / 松浦智之 (著); USP研究所 (刊)


UNIXシェルスクリプト逆引き大全333の極意―Linux,FreeBSD,Solaris,Mac OS X対応 [単行本] / 中橋 一朗 (著); 秀和システム (刊)


入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界 [単行本] / ブルース ブリン (著); Bruce Blinn (原著); 山下 哲典 (翻訳); ソフトバンククリエイティブ (刊)


posted by アンドレアス at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりにシェルスクリプトです。

最近は、シェルスクリプトでhtml出力したりとか、
活躍の場が広くなってきましたね。

OpenStackのインストールに使用する
devstacks.shも、シェルスクリプトですし。

覚えて便利 いますぐ使える!シェルスクリプトシンプルレシピ54 [単行本] / 松浦智之 (著); USP研究所 (刊)


UNIXシェルスクリプト逆引き大全333の極意―Linux,FreeBSD,Solaris,Mac OS X対応 [単行本] / 中橋 一朗 (著); 秀和システム (刊)


入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界 [単行本] / ブルース ブリン (著); Bruce Blinn (原著); 山下 哲典 (翻訳); ソフトバンククリエイティブ (刊)



◎ソフトウェアデザインで、
HOMERファイルを読み込みデータとして使っていますが、
今後も使えそうなので、
ここにペーストしておく。


順位 選手 本塁打 FROM TO 試合 打数
1 王 貞治 868 1959 1980 2831 9250
2 野村 克也 657 1954 1980 3017 10472
3 門田 博光 567 1970 1992 2571 8868



◎スクリプト抜粋・・・肝は色々ありますが・・・。
$( ) は、覚えておくべきですよね。

cat < ./print.html


$(date)


$(uname -a)


$(free)



<html>

EOF
posted by アンドレアス at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

「プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術」を読んで、一気に学ぶiptables





iptablesクイックツアー(P25〜P82)は、
かなり役立ちます。

・即効で学べる。

・実践的なので、具体的に学べる

・ヘルパーモジュールの話も当然出ています。(P58〜)



◎プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術 (Software Design plus):3,024円
プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術 (Software Design plus)
プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術 (Software Design plus) [大型本] / 中井 悦司 (著); 技術評論社 (刊)


◎プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus) :3,024円
プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus) [大型本] / 中井 悦司 (著); 技術評論社 (刊)
posted by アンドレアス at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

lessとgrep

less -S ファイル


less使用中

スペース
b
j
k
/検索語
n
N

g


grep -i 検索語 ファイル
grep -v 検索語 ファイル
grep -c 検索語 ファイル





◎:2,730円
Linux逆引き大全600の極意 ネットワークサーバ構築編|長岡秀明|秀和システム|送料無料



◎:円
Linux逆引き大全555の極意 コマンド編|伊藤幸夫|秀和システム|送料無料


posted by アンドレアス at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

よく使うfindコマンドだが、その割にすぐ忘れてしますので、メモしておくことにした(^^)

まあ、これだけあれば(知っておけば)、
何とかなるでしょう(^^)

# find / -name bgpd -exec file {} \; -exec echo '' \; -exec stat {} \; -exec echo '' \; -exec echo ''\;


◎Linux逆引き大全360の極意 サーバセキュリティ編:2,625円
Linux逆引き大全360の極意 サーバセキュリティ編 [単行本] / 田鍬 享 (著); 秀和システム (刊)


◎Linux逆引き大全555の極意 コマンド編:2,625円
Linux逆引き大全555の極意 コマンド編 [単行本] / 伊藤 幸夫 (著); 秀和システム (刊)



◎Linux逆引き大全600の極意 ネットワークサーバ構築編―CentOS5対応 (600 Tips to Use Linux Better!):2,730円
Linux逆引き大全600の極意 ネットワークサーバ構築編―CentOS5対応 (600 Tips to Use Linux Better!) [単行本] / 長岡 秀明 (著); 秀和システム (刊)



と書いたけど、短くすると
こうなる。

===============
bgpdcheck.sh
===============
#!/bin/sh
file $1
echo ''
stat $1




# find / -name bgpd -exec bgpdcheck.sh {} \;

これでかなり短くなりました。

おしまい。

こういうのもあります。

# find / -name bgpd -exec bgpdcheck.sh {} \;

上記の使い方では、意味がないですが(^^)、
ファイル削除する場合に、-exec rm していて、
消してはいけないファイルがあるかも・・・という場合には、
-execではなく、-okにすれば、確認してきますので、

安心です。

posted by アンドレアス at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

Fedora16の面倒くさい、サービス停止コマンド systemctl stop iptables.service


面倒くさいですねー。

きっと、当分、覚えられへんで(^^)。



# systemctl --all | grep iptables

iptables.service loaded active exited IPv4 firewall with iptables

[root@f16 ~]# systemctl stop iptables.service

[root@f16 ~]# systemctl --all | grep iptables
iptables.service loaded inactive dead IPv4 firewall with iptables

[root@f16 ~]# iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination


ip6tablesも、止めておくか。

# systemctl --all | grep ip6tables
ip6tables.service loaded inactive dead IPv6 firewall with ip6tables
# systemctl --all | grep ip6tables
ip6tables.service loaded inactive dead IPv6 firewall with ip6tables


◎日経 Linux (リナックス) 2011年 11月号:1,490円

日経 Linux (リナックス) 2011年 11月号 [雑誌] [雑誌] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)



◎日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号:1,490円

日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌] [雑誌] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)


下記は、まだインストールできていないので、
これからインストールします。

・Aeolus Conductor:Webブラウザ上からクラウドインスタンス作成・管理を行える

・Condor Cloud:仮想マシン管理ツール

・HekaFS:クラウド用分散ファイルシステム

・Matahari:システムの管理・監視API

・Pacemaker-cloud:高可用性機能れた。

・OpenStack:クラウド関連サービスを提供

posted by アンドレアス at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

シェルスクリプトでのwhile read do 〜 done

メモです。

#!/bin/sh

while read LINE; do
echo $LINE
done < "filelist.txt"



echoの行を変更すればOK。


filelist.txtの中身例
========================
__sources.list
apt.conf.d
preferences.d
sources.list
sources.list.d
trustdb.gpg
trusted.gpg
trusted.gpg.d
posted by アンドレアス at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

よく使うodコマンドSOFTWARE DESIGN2011年4月号「第二特集 バイナリの読み方」より。

SOFTWARE DESIGN2011年4月号「第二特集 バイナリの読み方」に
odコマンドが出てます。

特に、文字コード処理・改行処理で
悩んでいる人、
悩んでいないけど、よくわからんことが多い人。

odコマンドのオプションとして、
-c と -x くらしか使ったことがない人には、
絶対おすすめの特集です。



できれば、2ヶ月前に特集して欲しかった気もする。わーい(嬉しい顔)

特に、この-Ax -tx1aオプションは、素敵過ぎる!

●サンプルファイルの中身
$ cat hello.txt
Hello,world!
Hello,world!

------------------------------------------------
$ od -Ax -tx1 hello.txt

000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a
00001b


$ od -Ax -tx1a hello.txt
000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c
H e l l o , w o r l d ! nl H e l
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a
l o , w o r l d ! nl nl
00001b



$ od -Ax -tx1z hello.txt
000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c >Hello,world!.Hel<
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a >lo,world!..<
00001b



$ od hello.txt
0000000 062510 066154 026157 067567 066162 020544 044012 066145
0000020 067554 073454 071157 062154 005041 000012
0000033

$ od -c hello.txt
0000000 H e l l o , w o r l d ! \n H e l
0000020 l o , w o r l d ! \n \n
0000033

$ od -x hello.txt
0000000 6548 6c6c 2c6f 6f77 6c72 2164 480a 6c65
0000020 6f6c 772c 726f 646c 0a21 000a
0000033


65と48を赤字にしていますが、あれ?と思った人で、
ここからリトルエンディアンとわからなかった人は、
SOFTWARE DESIGN2011年4月号を買った方がいいですよ。


今後ずっと役立つと思うけど。

●Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)



●Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選:3360円
これも併読すれば、カンペキだ、きっと!
P13〜P18 odでバイナリファイルをダンプする、も必見です。


Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選 [単行本(ソフトカバー)] / 高林 哲, 鵜飼 文敏, 佐藤 祐介, 浜地 慎一郎, 首藤 一幸 (著); オライリー・ジャパン (刊)


◎おまけ

$ file /usr/bin/file
/usr/bin/file: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.32, stripped

$ file -i /usr/bin/file
/usr/bin/file: application/x-executable; charset=binary





$ od -t x1z -A x 24member.txt
000000 4a 61 63 6b 20 42 61 75 65 72 0a 42 69 6c 6c 20 >Jack Bauer.Bill <
000010 42 75 63 68 61 6e 61 6e 0a 4e 61 64 69 61 0a 4d >Buchanan.Nadia.M<
000020 69 6c 6f 0a 41 75 64 72 65 79 20 52 61 6e 65 73 >ilo.Audrey Ranes<
000030 0a >.<
000031

$ od -t x1c -A x 24member.txt
000000 4a 61 63 6b 20 42 61 75 65 72 0a 42 69 6c 6c 20
J a c k B a u e r \n B i l l
000010 42 75 63 68 61 6e 61 6e 0a 4e 61 64 69 61 0a 4d
B u c h a n a n \n N a d i a \n M
000020 69 6c 6f 0a 41 75 64 72 65 79 20 52 61 6e 65 73
i l o \n A u d r e y R a n e s
000030 0a
\n
000031


-v をつけると、複数行同じ行があっても省略しない。
つまり、-vをつけないと同じ行は省略される。
*(アスタリスク)がついて表示されます。
posted by アンドレアス at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

odコマンド・・よく使う割には、使いこなせる人は少ないコマンド。SOFTWARE DESIGN2011年4月号「第二特集 バイナリの読み方」にも出てますので、ぜひ目を通して。

SOFTWARE DESIGN2011年4月号「第二特集 バイナリの読み方」に
odコマンドが出てます。

特に、文字コード処理・改行処理で
悩んでいる人、
悩んでいないけど、よくわからんことが多い人。

odコマンドのオプションとして、
-c と -x くらしか使ったことがない人には、
絶対おすすめの特集です。



できれば、2ヶ月前に特集して欲しかった気もする。わーい(嬉しい顔)

特に、この-Ax -tx1aオプションは、素敵過ぎる!

●サンプルファイルの中身
$ cat hello.txt
Hello,world!
Hello,world!

------------------------------------------------
$ od -Ax -tx1 hello.txt

000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a
00001b


$ od -Ax -tx1a hello.txt
000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c
H e l l o , w o r l d ! nl H e l
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a
l o , w o r l d ! nl nl
00001b



$ od -Ax -tx1z hello.txt
000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c >Hello,world!.Hel<
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a >lo,world!..<
00001b



$ od hello.txt
0000000 062510 066154 026157 067567 066162 020544 044012 066145
0000020 067554 073454 071157 062154 005041 000012
0000033

$ od -c hello.txt
0000000 H e l l o , w o r l d ! \n H e l
0000020 l o , w o r l d ! \n \n
0000033

$ od -x hello.txt
0000000 6548 6c6c 2c6f 6f77 6c72 2164 480a 6c65
0000020 6f6c 772c 726f 646c 0a21 000a
0000033


65と48を赤字にしていますが、あれ?と思った人で、
ここからリトルエンディアンとわからなかった人は、
SOFTWARE DESIGN2011年4月号を買った方がいいですよ。


今後ずっと役立つと思うけど。

●Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)



●Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選:3360円
これも併読すれば、カンペキだ、きっと!
P13〜P18 odでバイナリファイルをダンプする、も必見です。


Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選 [単行本(ソフトカバー)] / 高林 哲, 鵜飼 文敏, 佐藤 祐介, 浜地 慎一郎, 首藤 一幸 (著); オライリー・ジャパン (刊)
では、明日は完全休養します。


おやすみなさい!


◎おまけ

$ file /usr/bin/file
/usr/bin/file: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.32, stripped

$ file -i /usr/bin/file
/usr/bin/file: application/x-executable; charset=binary





$ od -t x1z -A x 24member.txt
000000 4a 61 63 6b 20 42 61 75 65 72 0a 42 69 6c 6c 20 >Jack Bauer.Bill <
000010 42 75 63 68 61 6e 61 6e 0a 4e 61 64 69 61 0a 4d >Buchanan.Nadia.M<
000020 69 6c 6f 0a 41 75 64 72 65 79 20 52 61 6e 65 73 >ilo.Audrey Ranes<
000030 0a >.<
000031

$ od -t x1c -A x 24member.txt
000000 4a 61 63 6b 20 42 61 75 65 72 0a 42 69 6c 6c 20
J a c k B a u e r \n B i l l
000010 42 75 63 68 61 6e 61 6e 0a 4e 61 64 69 61 0a 4d
B u c h a n a n \n N a d i a \n M
000020 69 6c 6f 0a 41 75 64 72 65 79 20 52 61 6e 65 73
i l o \n A u d r e y R a n e s
000030 0a
\n
000031


-v をつけると、複数行同じ行があっても省略しない。
つまり、-vをつけないと同じ行は省略される。
*(アスタリスク)がついて表示されます。
posted by アンドレアス at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

odコマンド・・2月3月にかけて一番使ったコマンドがこれ。SOFTWARE DESIGN2011年4月号「第二特集 バイナリの読み方」はメチャ役立つよ。

SOFTWARE DESIGN2011年4月号「第二特集 バイナリの読み方」だけでも、
お金を払う価値あり。

特に、文字コード処理・改行処理で
悩んでいる人、
悩んでいないけど、よくわからんことが多い人。

odコマンドのオプションとして、
-c と -x くらしか使ったことがない人には、
絶対おすすめの特集です。



できれば、2ヶ月前に特集して欲しかった気もする。わーい(嬉しい顔)

特に、この-Ax -tx1aオプションは、素敵過ぎる!

●サンプルファイルの中身
$ cat hello.txt
Hello,world!
Hello,world!

------------------------------------------------
$ od -Ax -tx1 hello.txt

000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a
00001b


$ od -Ax -tx1a hello.txt
000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c
H e l l o , w o r l d ! nl H e l
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a
l o , w o r l d ! nl nl
00001b



$ od -Ax -tx1z hello.txt
000000 48 65 6c 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 48 65 6c >Hello,world!.Hel<
000010 6c 6f 2c 77 6f 72 6c 64 21 0a 0a >lo,world!..<
00001b



$ od hello.txt
0000000 062510 066154 026157 067567 066162 020544 044012 066145
0000020 067554 073454 071157 062154 005041 000012
0000033

$ od -c hello.txt
0000000 H e l l o , w o r l d ! \n H e l
0000020 l o , w o r l d ! \n \n
0000033

$ od -x hello.txt
0000000 6548 6c6c 2c6f 6f77 6c72 2164 480a 6c65
0000020 6f6c 772c 726f 646c 0a21 000a
0000033


65と48を赤字にしていますが、あれ?と思った人で、
ここからリトルエンディアンとわからなかった人は、
SOFTWARE DESIGN2011年4月号を買った方がいいですよ。


今後ずっと役立つと思うけど。

●Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)

●Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選:3360円
これも併読すれば、カンペキだ、きっと!

Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選 [単行本(ソフトカバー)] / 高林 哲, 鵜飼 文敏, 佐藤 祐介, 浜地 慎一郎, 首藤 一幸 (著); オライリー・ジャパン (刊)
では、明日は完全休養します。


おやすみなさい!

posted by アンドレアス at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

日経Linux2011年4月号 sedと正規表現の例題が、たくさん出てます。ちょっと、いくつか、とりあげ・・・・。

sedは必須です。

LPIC合格より大事です(^ ^)。
(LPICでもレベル1で、出ていたっけ?)


例1

$ cat customer.txt
1:山岡太郎:男:43:東京
2:井上直子:女:19:埼玉
3:山木信一:男:43:福岡
4:千葉信雄:男:16:東京
5:秋山敬一郎:男:44:秋田
101:藤本信:男:49:東京
102:加藤純子:女:35:千葉
103:福岡勲:男:41:香川



まずは基本ですが、典型的な使い方ですね。

$ sed -e 's/:男:/:男性:/' customer.txt
1:山岡太郎:男性:43:東京
2:井上直子:女:19:埼玉
3:山木信一:男性:43:福岡
4:千葉信雄:男性:16:東京
5:秋山敬一郎:男性:44:秋田
101:藤本信:男性:49:東京
102:加藤純子:女:35:千葉
103:福岡勲:男性:41:香川

女、も女性に変更(置き換え)しましょう。

$ sed -e 's/:男:/:男性:/' -e 's/:女:/:女性:/' customer.txt
1:山岡太郎:男性:43:東京
2:井上直子:女性:19:埼玉
3:山木信一:男性:43:福岡
4:千葉信雄:男性:16:東京
5:秋山敬一郎:男性:44:秋田
101:藤本信:男性:49:東京
102:加藤純子:女性:35:千葉
103:福岡勲:男性:41:香川



次は、男、女、を削除します。


$ sed -e 's/:男://' -e 's/:女://' customer.txt
1:山岡太郎43:東京
2:井上直子19:埼玉
3:山木信一43:福岡
4:千葉信雄16:東京
5:秋山敬一郎44:秋田
101:藤本信49:東京
102:加藤純子35:千葉
103:福岡勲41:香川

viを使っている場合の、文字列置き換えを使いこなせるのは
必須ですよ、と書いたり、言ってきて、早数年です。

馴染みの深い、上記の記述方法だと思います。

次です。
: を , に置き換えます。
CSVファイルが作成できますね。

$ sed -e 's/:/,/g' -e 's/:/,/g' customer.txt
1,山岡太郎,男,43,東京
2,井上直子,女,19,埼玉
3,山木信一,男,43,福岡
4,千葉信雄,男,16,東京
5,秋山敬一郎,男,44,秋田
101,藤本信,男,49,東京
102,加藤純子,女,35,千葉
103,福岡勲,男,41,香川


他にもwフラグなどが出てきますので、
この際、今月号を買って、全部覚えてしまうと良いでしょう。


じゃあ、Adios! Chao!

◆日経 Linux (リナックス) 2011年 04月号:
日経 Linux (リナックス) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)


◆プロのための Linuxシステム構築・運用技術:3024円
プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus) [大型本] / 中井 悦司 (著); 技術評論社 (刊)
posted by アンドレアス at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大書店では、早くも発売。買ってきました!日経Linux 2011年4月号高速レビュー

高速というか、そもそも、読んでいないと言うか・・・(^^)

大書店では、早くも発売していました。

予想通り。

早速、買ってきました!

日経 Linux (リナックス) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 日経Linux (編集); 日経BP社 (刊)

●日経Linux 2011年4月号

今週の目玉・面白記事は・・・・次の通り。


1。最新大容量ハードディスク利用術


2TB超ハードディスクの利用が出てきます。
まさに、タイムリーです。

fdiskではなくって、gdiskコマンドが登場します。

区画(パーティション)を作成しないで利用する、という
方法が使えるなど、Linux使いの人には、知っておきたい
内容が、てんこ盛りです。


登場するハードディスクは、以下の2つです。
日経Linuxと一緒に買って、実践するのが良いでしょう。

◆WesternDigital Caviar Green WD30EZRS 3.5inch HDD 3TB 64MB SATA/3.0Gbs / WesternDigital
WesternDigital Caviar Green WD30EZRS 3.5inch HDD 3TB 64MB SATA/3.0Gbs / WesternDigital

◆HGST HDS723030ALA640 Deskstar 7K3000シリーズ 3.5" 3TB SATA-6Gb/s 7200rpm 64MBキャッシ... / HGST
HGST HDS723030ALA640 Deskstar 7K3000シリーズ 3.5" 3TB SATA-6Gb/s 7200rpm 64MBキャッシ... / HGST


2。詳説KVMの最新仮想化技法

3。実践!RHEL6で構築するクラウドサーバー

4。もうつまずかないLinux完全入門
  「正規表現」で文字を置換・削除

sedを使った正規表現が、かなりたくさん出ているので、
特に、sedとか正規表現に詳しくなりたい人は、購入すべきかなと思います。




posted by アンドレアス at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

サーバーエンジニアといえども、かなりの人間が使い始めたSubversionとGit。既に必須知識と言っても良いくらい

社内で、SharePointServer(Microsoftの)を導入しているのもあってか、
Subversionも、特に問題なく導入しているところが
増えてきました。

ありがたい。

ファイル名を、日付で見分けて増えていくと、
ややこしいので。

diffすれば、良いという問題ではないし。



◎久しぶりに、Subversionのリハビリ。
 (かなり、はしょっているので、後で、軽く追記します)


svn --version
mkdir /home/jack/svn-repos
svnadmin create /home/jack/svn-repo



svn --version
mkdir /home/jack/svn-repos
svnadmin create /home/jack/svn-repos

svn import -m "importing Sesame porject" . file:///home/yutaka/svn-repos/sesame/trunk

svn status Day.txt
cd ~/work

svn co file:///home/yutaka/svn-repos/sesame/trunk sesame
チェックアウト。

svn import -m "import sesame proj" . file:///home/yutaka/reposi/sesame/trunk
svn commit -m "saturday added"
svn diff Day.txt
svn status Day.txt
svn log Day.txt
svn log --verbose Day.txt
svn update
使用頻度、大。

svn log --verbose Day.txt

svn status
svn status --show-updates
svn diff Day.txt
svn diff -rHEAD Day.txt
svn update

◆参考書籍:下記2冊をセット買いするのが、一番実用的。

●Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版):2730円
Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版) [単行本(ソフトカバー)] / Mike Mason (著); でびあんぐる (翻訳); オーム社 (刊)

●Subversion―Windows/Linux対応:2310円
入門Subversion―Windows/Linux対応 [単行本] / 上平 哲 (著); 秀和システム (刊)



もしくは、下記のセット。どちらかですね。

●実用 Subversion 第2版:3570円
実用 Subversion 第2版 [大型本] / C. Michael Pilato, Ben Collins-Sussman, Brian W. Fitzpatrick (著); 宮本 久仁男 (監訳), 宮本 久仁男 (監訳) (監修); 朝枝 雅子, 浜本 階生 (翻訳); オライリージャパン (刊)
●Subversion―Windows/Linux対応:2310円
入門Subversion―Windows/Linux対応 [単行本] / 上平 哲 (著); 秀和システム (刊)


■他、参考
Web+DB PRESS vol39(P18〜P62)
構成管理実践入門
posted by アンドレアス at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

gccの続きです。のんびりC言語。Fedora14,C言語,gcc,makeで過ごす正月。-S、-gオプションなど。

$ gcc -S -DTAX=123 test.c

-Sオプション:アセンブラ言語の出力結果を保存しました。

$ file test.s
test.s: ASCII assembler program text


$ cat test.s
.file "test.c"
.section .rodata
.LC0:
.string "TAX=%d\n"
.text
.globl main
.type main, @function
main:
pushl %ebp
movl %esp, %ebp
andl $-16, %esp
subl $16, %esp
movl $.LC0, %eax
movl $123, 4(%esp)
movl %eax, (%esp)
call printf
leave
ret
.size main, .-main
.ident "GCC: (GNU) 4.5.1 20100924 (Red Hat 4.5.1-4)"
.section .note.GNU-stack,"",@progbits



◆GNU版のmake(gmakeとよく呼ばれる)

簡単なC言語のソースがあれば、すぐに試すことが可能です。


$ make 5-3.o
cc -c -o 5-3.o 5-3.c

# プロンプトが返ってきました。

$ ls -la 5-3*
-rw-rw-r--. 1 bauer bauer 276 2011-01-01 18:39 5-3.c
-rw-rw-r--. 1 bauer bauer 1112 2011-01-02 18:41 5-3.o

もう1回試すと・・・

$ make 5-3.o
make: `5-3.o' は更新済みです

makeする必要がないことを教えてくれます。

これを見ただけで、便利だとわかるはずです。
わからなくても使いましょう。わーい(嬉しい顔)

Rubyでは、このブログにも書いたことがあると思いますが、
Rakeという同じ仕組みがあります。
あれも便利です。
どちらも、使いこなせれば、すごく便利で、早く帰宅したい時に、
早く帰宅できるようになります。(^^)/~


◆補足

詳細オプション -v

$ gcc -c -v 5-3.c

かなり詳細な出力結果が表示されます。
見ると、かなり学習になるはず。


ふむ、ふむ。こういうのもあるんですね。
-traditional
-ansi
-pedantic

GNUソフトウェアプログラミング ―オープンソース開発の原点 [大型本] / Mike Loukides, Andy Oram (著); 引地 美恵子, 引地 信之 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)


[参考]
「GNUソフトウェアプログラミング」より




GNU Make 第3版 [大型本] / Robert Mecklenburg (著); 矢吹 道郎 (監訳), 菊池 彰 (翻訳); オライリージャパン (刊)
posted by アンドレアス at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

gccの続き。正月は、のんびりC言語。Fedora14,C言語,gccで過ごす正月。

昼頃に放送していた、チュートリアルとブラマヨは、
オモロかった。

特に、ブラマヨ。

特に、吉田。

今、いちばん面白い芸人を1人だけあげろと言われた場合、
ブラマヨ吉田か、アンタッチャブル山崎か、どっちかやなぁー。


------------------------------------------------------
さて、gccです。

コンパイルのみ。
gcc -c 5-3.c

5-3.o というファイルが作成されます。

$ file 5-3.o
5-3.o: ELF 32-bit LSB relocatable, Intel 80386, version 1 (SYSV), not stripped

指定した名前でオブジェクトファイルを作成

gcc -o filter 5-3.c

$ file filter
filter: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.32, not stripped

普通は、-oという引数を使うわけですが、この違いがfileコマンドを使用するとわかります。

●まとめ
-c は、コンパイルを行う。リンクは行わない。




◆補足
$ file 5-3.c
5-3.c: UTF-8 Unicode text

gcc -c 5-3.c

$ file 5-3.o
5-3.o: ELF 32-bit LSB relocatable, Intel 80386, version 1 (SYSV), not stripped

gcc -o filter 5-3.o
リンカを呼び出すだけ。ld = link editor です。

$ file filter
filter: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.32, not stripped





次は、gccの-Dオプションです。
かなり簡単なサンプルですが。

$ cat test.c
#include

main()
{
printf("TAX=%d\n",TAX);
}


$ gcc -o test -DTAX=123 test.c

ここで、作成された実行ファイルtestを実行すると、

$ ./test
TAX=123

順番に見ていくとわかると思いますが、上記より、
ソースコードに記述する、#define の代わりですね。

ヘッダファイルを開いたことさえあれば、
#defineは目にしたことがあるはずです。





-I・・・ソースコード、ヘッダファイルを探す場所を指定する。

-L・・・特定ディレクトリよりライブラリを探す。

-l・・・最後に。かつファイル名の後に指定する必要あり。

GNUソフトウェアプログラミング ―オープンソース開発の原点 [大型本] / Mike Loukides, Andy Oram (著); 引地 美恵子, 引地 信之 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)



「GNUソフトウェアプログラミング」P100より
[重要]
一般にgccは認識できないオプションをリンカへ渡す。



GNU Make 第3版 [大型本] / Robert Mecklenburg (著); 矢吹 道郎 (監訳), 菊池 彰 (翻訳); オライリージャパン (刊)
posted by アンドレアス at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

vim中級と上級の狭間(はざま)のレベルかなー?

実際使うかどうかは、人によりけりで、
使えたから偉いわけではありませんが、
勘違いしないように。

時々、見かけます、勘違いしている人。

あくまでエディタなので。


7l
7h
7k
7j

など。

・2つめの文字 x にとぶ
2fx

・3文字削除
3x


・dG
・d^

・dw
・d$
・dgg



:set fileencoding
:set fileformats


◆大きな書店で売れているviポケットリファレンスはこれなんですね。

vi/Vim コマンドポケットリファレンス [単行本(ソフトカバー)] / 山森 丈範 (著); 技術評論社 (刊)



◆おなじみオライリー。
 7年前、一緒に仕事をしていた優秀なSEの人は、オライリーを
 持ってました。
入門vi 第6版 [単行本] / リンダ ラム, アーノルド ロビンス (著); Linda Lamb, Arnold Robbins (原著); 福崎 俊博 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)
posted by アンドレアス at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

日経Linux中級者養成講座付録のコメント、つづき

失礼しました。

Perlは、3ページありました。(^^)

CGI.pmを使用したCGIプログラムを簡単に作成し
確認しています。

できたら、cpanのインストールを行う箇所も
掲載して欲しいところですね。

付録だといっても、はしょった箇所が目立ちます。

中級にたどりつけない方が多くなる気がします(^^)。

まあ、cpanで検索すれば、使えるようになりますけどね。

ここでInternal Server Errorと表示されて先に進めなくなった人は、

1.cpan

2.install CGI.pm

で試して下さい。


■サンプルに追記した

#!/usr/bin/perl -w

use CGI;

$form = new CGI;
print $form->header("text/html");
print "<form action=/cgi-bin/userid.pl>\n";
print " username <input name=n>\n";
print " <input type=submit>\n";
$name = $form->param("n");
$uid = `/bin/grep ^$name /etc/passwd | /usr/bin/cut -d: -f3`;
print "

input : $name
";
print "uid : $uid

";

■Perlを始める人は、下記の2冊いずれかを持っておくと
 伸びる速度がアップします。
 会社表で、オライリーを買い、自費で「新版Perl言語プログラミングレッスン入門編」を買う。
 通勤、通学で時、荷物が軽く済みますよ。


初めてのPerl 第5版

初めてのPerl 第5版

  • 作者: Randal L. Schwartz
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/10/26
  • メディア: 大型本




新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

  • 作者: 結城浩
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/10/21
  • メディア: 単行本



posted by アンドレアス at 15:26| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経Linux2010年9月号発売!Linux中級者養成講座、その中身は?

日経Linux2010年9月号発売されていたので、
さっそく、買ってきました。


付録に、「Linux中級者養成講座」がついてました。

ある程度、中身は予想できますが、
皆さんは、どうですか?


中級者付録がついていることからもわかるように、
初心者は、減ったということですね。


2010年頃には、Linux初級講座レベル
(基本的なサーバー設定など)ですら、
100万円とかしていた時代がありました。


10年経過したら、100万円のものも、
価値が0に近くなるという
良い例を目の当たりにできて良かった気もします。


今月は、付録にCentOS5.5も付属。
電子書籍ソフトのSigilもついてます。
(週刊アスキーなどでも取り上げられていましたが)


それからそれから、技術評論者が
新しい月刊誌?を出してました。



G-CLOUD Magazine

いかにも、ですね(^^)



ユーカリプタスのところが、面白い。

GMOなどからも、TrueCloud関連の執筆があったようです。

http://www.truecloud.jp/news/2010/08/g-cloud-magazine.html

まあ、でも「Googleクラウドの核心」


Googleクラウドの核心

Googleクラウドの核心

  • 作者: ルイス・アンドレ・バロッソ、ウルス・ヘルツル
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2010/08/05
  • メディア: 単行本





の方が、新鮮な内容が多く、
新しい基礎知識満載なので、まずはこっちをオススメです。

これを読んで、面白くない!とかいう人は、
早めにIT業界を去った方が良いと思う、とコメントしておきます。





G-CLOUD Magazine

G-CLOUD Magazine

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2010/08/06
  • メディア: 大型本



posted by アンドレアス at 00:15| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

lsコマンドとコマンド置き換え。これも知っていると、一目置かれる。かも。

$ ls -l $(find newperl -type d)


これはlsコマンドの引数に、
findコマンドの結果を渡しています。

「コマンド置き換え」ですね。

結果は同じですが、下記のように
バッククォーテーションも
使えます。

$ ls -l `find newperl -type d`



日経 Linux ( リナックス ) 2010年 05月号 [雑誌]

日経 Linux ( リナックス ) 2010年 05月号 [雑誌]

  • 作者: 日経Linux
  • 出版社/メーカー: 日経BP出版センター
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: 雑誌






日経 Linux ( リナックス ) 2010年 04月号 [雑誌]

日経 Linux ( リナックス ) 2010年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP出版センター
  • 発売日: 2010/03/08
  • メディア: 雑誌






ちょっと今、変わった使い方をしてしまった。

$ find ~/perl/ -mtime -14 exec wc -l {} \;

wc: /home/jack/perl/: ディレクトリです
0 /home/jack/perl/
12 /home/jack/perl/grep2.pl
wc: /home/jack/perl/DirC: ディレクトリです
意外に使えるぞ、これ。





$ find ~/ -size +10M -type f

これはサイズ指定で、ファイルの検索ですね。


$ find ~/ -name "*.rb" -o -name "*.py"

複数の検索条件を指定する -o です。

posted by アンドレアス at 00:19| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

デバッグ、でばっぐ。bdb

毎週面白い、カンブリア宮殿。

今日は、オーケーの飯田社長。

セコムの飯田社長と兄弟なんですね。

そういえば、以前何かで、読んだことあるな。



「至誠、天に通ず」


いい言葉ですね。


自分も更に更に、もっともっと
一生懸命やらねば・・・・。



経費率15%か。
これは、自分も活用しよう。


熱烈なオーケーファンを毎年10%増やす、

熱烈でなければいけない、か・・・・。


=============================



さて、Emacsも触りつつ、急いでGDBを
使ってます。


rubyでも-r debugオプションをつければ、
debugはできますが、イマイチ
使いにくいというか、使いこなせてません。


b 10 とか、cとかsくらいです。

今週は、debugにも力を入れます。



実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング

実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング

  • 作者: Norman Matloff
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/06/08
  • メディア: 大型本






ブログの時間ももったいないので、
今日は、これにて・・・。




Debug Hacks -デバッグを極めるテクニック&ツール

Debug Hacks -デバッグを極めるテクニック&ツール

  • 作者: 吉岡 弘隆
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by アンドレアス at 22:38| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

まずは、これだけ知っていたら、いいだろうと思う、Subversion

ということで、基本的なコマンドを
ざっと、打ち込んでみました。



mkdir svn-repos

svnadmin create svn-repos

mkdir tmpdir

emacs Day.txt
emacs Number.txt

svn import -m "importing Sesame project" . file:///home/jack/svn-repos/sesame/trunk

svn co file:///home/jack/svn-repos/sesame/trunk sesame

チェックアウトですね。


svn status Day.txt
svn status

svn diff Day.txt
emacs Day.txt
svn diff Day.txt
svn --version

svn commit -m "Client wants us to work on weekends."

コミットです。

svn log --verbose Day.txt
------------------------------------------------------------------------
r2 | jack | 2009-06-30 00:15:51 +0900 (火, 30 6月 2009) | 1 line
変更のあったパス:
M /sesame/trunk/Day.txt

Client wants us to work on weekends.
------------------------------------------------------------------------
r1 | jack | 2009-06-29 23:52:16 +0900 (月, 29 6月 2009) | 1 line
変更のあったパス:
A /sesame
A /sesame/trunk
A /sesame/trunk/Day.txt
A /sesame/trunk/Number.txt

importing Sesame project
------------------------------------------------------------------------



svn status -v
1 1 jack .
1 1 jack Number.txt
2 2 jack Day.txt


svn log -r6 Number.txt
------------------------------------------------------------------------
r6 | jack | 2009-06-30 00:37:54 +0900 (火, 30 6月 2009) | 1 line

User likes Italian one.
------------------------------------------------------------------------



関心のある人は、下記書籍を買うと
簡単に学べます。


Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

  • 作者: Mike Mason
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2007/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






入門Subversion―Windows/Linux対応

入門Subversion―Windows/Linux対応

  • 作者: 上平 哲
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本






私は、もちろん、2冊とも持っています。

Linuxな人は、先に「Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)」を買うと良いと思いますが、
多少、バージョンが古いことにより、
出力結果の微妙な違いを目にすることはあります。


まあ、たいしたことは、ありませんよ。

posted by アンドレアス at 00:07| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

pvscanとvgscanとlvscanとdf

テストマシンにFedora10をインストールしました。

Couldn't find行は、無視して下さい。わーい(嬉しい顔)


# pvscan
Couldn't find device with uuid 'Fbyj2Y-mcOt-QG2D-WaIC-sG5O-21FN-I6UYis'.
Couldn't find device with uuid 'Fbyj2Y-mcOt-QG2D-WaIC-sG5O-21FN-I6UYis'.
PV unknown device VG VolGroup00 lvm2 [1.94 GB / 0 free]
PV /dev/sdb1 VG VolGroup00 lvm2 [960.00 MB / 64.00 MB free]
PV /dev/sda8 VG VolGroup01 lvm2 [1.94 GB / 32.00 MB free]
Total: 3 [4.81 GB] / in use: 3 [4.81 GB] / in no VG: 0 [0 ]

# vgscan
Reading all physical volumes. This may take a while...
Couldn't find device with uuid 'Fbyj2Y-mcOt-QG2D-WaIC-sG5O-21FN-I6UYis'.
Couldn't find all physical volumes for volume group VolGroup00.
Couldn't find device with uuid 'Fbyj2Y-mcOt-QG2D-WaIC-sG5O-21FN-I6UYis'.
Couldn't find all physical volumes for volume group VolGroup00.
Volume group "VolGroup00" not found
Found volume group "VolGroup01" using metadata type lvm2


# lvscan
Couldn't find device with uuid 'Fbyj2Y-mcOt-QG2D-WaIC-sG5O-21FN-I6UYis'.
Couldn't find all physical volumes for volume group VolGroup00.
Couldn't find device with uuid 'Fbyj2Y-mcOt-QG2D-WaIC-sG5O-21FN-I6UYis'.
Couldn't find all physical volumes for volume group VolGroup00.
Volume group "VolGroup00" not found
ACTIVE '/dev/VolGroup01/LogVol00' [1.91 GB] inherit


# df -h
Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/sda6 25G 4.9G 18G 22% /
/dev/mapper/VolGroup01-LogVol00
1.9G 35M 1.8G 2% /test
tmpfs 1009M 76K 1008M 1% /dev/shm


さて、bonding関連の調べものをするにあたり、
先日、平田 豊氏の「Linuxカーネル解析入門」を
購入したのは、ご存知の通りです。


再び、P246を読んでたんですが、
何気なく、ethtoolコマンドで表示される、
内容に関して、簡単な説明がありました。



# ethtool eth0
Settings for eth0:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Half 1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Half 1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 1000Mb/s
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on
Supports Wake-on: pg
Wake-on: d
Current message level: 0x000000ff (255)
Link detected: yes


Supports Wake-on: pg って赤字で示された箇所ですが、
この意味が即答できる人って
どれくらいいるんでしょうね?


即答できた方は、下記だとどうですか?

pumbg <−−ヒント。5つの意味を示すんですが。


答えは、明日以降、この辺に書いておきます。(^^)


ついでの問題ですが、

Supported ports: [ TP ]

このTPは、何の略でしょうか?






この「Linuxカーネル解析入門」は、
丁寧な解説で非常にわかりやすいです。

http://homepage3.nifty.com/sysaho/device.html

ちなみに、このP246は、第6章「ネットワークドライバを読む」の
真っ只中です。


linuxkernel.jpghttp://homepage3.nifty.com/sysaho/device.html


# lspci -x -s 00:1e.0
00:1e.0 PCI bridge: Intel Corporation 82801 Mobile PCI Bridge (rev e2)
00: 86 80 48 24 07 00 10 00 e2 01 04 06 00 00 01 00
10: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 08 0c 20 30 30 80 a2
20: 20 f0 20 f0 01 88 f1 8b 00 00 00 00 00 00 00 00
30: 00 00 00 00 50 00 00 00 00 00 00 00 ff 00 04 00


# lspci -v -s 00:1e.0
00:1e.0 PCI bridge: Intel Corporation 82801 Mobile PCI Bridge (rev e2) (prog-if 01 [Subtractive decode])
Flags: bus master, fast devsel, latency 0
Bus: primary=00, secondary=08, subordinate=0c, sec-latency=32
I/O behind bridge: 00003000-00003fff
Memory behind bridge: f0200000-f02fffff
Prefetchable memory behind bridge: 0000000088000000-000000008bffffff
Capabilities: [50] Subsystem: Fujitsu Limited. Device 1383


こんなlspciコマンド、初めてうちました(^^)。

この本を買ってなければ、一生、打つことなかったかも(^^)/。

PCI to PCIブリッジのPCIコンフィギュレーション空間の
ダンプです。

バス・ウォークの説明が、丁寧に書かれています。


おもろいです!



もっともっと学ぼっと・・・・



だいぶん、読む進めると
modinfoコマンドで、ドライバ情報を
知るところまできました。

# modinfo pcnet32
filename: /lib/modules/2.6.27.5-117.fc10.i686/kernel/drivers/net/pcnet32.ko
license: GPL
description: Driver for PCnet32 and PCnetPCI based ethercards
author: Thomas Bogendoerfer

(以下、省略)


皆さんのドライバは、別なドライバだと思います。

カーネル2.6系では、
.koというオブジェクトファイルを
作るようになったので、
pcnet32.ko となってますね。



Ethernetカードの初期化

カーネルバッファに伝える

openハンドラ






watchdog timer

ただのなぐり書きなので、この辺は、
読んでも何の役にも立ちません。

posted by アンドレアス at 00:09| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

iptablesとiptstate

後で、試すので、
ここにペーストしておく。


iptables -F
iptables -A INPUT -p udp -s 10.181.168. -d 10.181.168.255 --dport 63099 -j REJECT
iptables -A INPUT -p udp -s 10.181.168. -d 10.181.168.255 --sport 631--dport 63099 -j REJECT


iptstate

iptables-save /home/hogehoge/iptables
iptables-save /etc/sysconfig/iptables

iptables-restore /home/hogehoge/iptables


これだけ、はっておけば、いいやろ(^^)わーい(嬉しい顔)
posted by アンドレアス at 06:20| よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

digコマンド(11)・・あとがき、現地調査の時にはね、

奥:そうそう。

  サーバーの更改なんかで、現地調査にいくよね。

  その時、サーバーのデーター、つまり
  confファイル(設定ファイル)を
  取得して帰って来るんだけど、
  空いているポートも見て来て欲しいの。


大:はい。

奥:最近は、さすがに
  まともな会社では、、
  サーバーの不要なポートは
  閉じてますけどね。


  確認方法は、netstat -an です。

大:はい。

奥:似たような確認のできる
  コマンドもあるので、
  覚えておきましょう。

  # lsof -i | more


プロセスIDも見れるわけです。


大:はい。

奥:まあ、いつも、netstat -anって
  うってますけど、

  netstat -anp

  というpをつけると、
  プロセスID、わかるんだけどねーわーい(嬉しい顔)


■67冊分を\2,310で買える、
 コストパフォーマンス抜群の雑誌

LinuxWorld メモリアルDVDブック [2001-2007]

出版社:アイ・ディ・ジー・ジャパン
価格:¥2,194



★「Linuxコマンドとviを家で覚えよう!! 」
http://blog.mag2.com/m/log/0000095211/


でもオススメしています。

posted by アンドレアス at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

digコマンド(10)・・digコマンドのまとめ問題解答例

奥:その会社に行く前に、ここから調べることができたら、
  それが理想ですね。

  会社名は、わかってるから、
  事前に調べていけば、
  話をしやすいですからね。


大:そうですね。

  じゃあ、ここから調べます。

  ドメイン名が、example.comだと仮定して。


  digを使います。

  こんな順番で調べていきます。


dig example.com SOA・ここで、TTL値を知ることができます。

dig example.com AFXR
・今回みたいに、
 出て来るとは、限らない(^^)ので。

dig example.com MX
・この辺で、NSレコード(DNSサーバー)やMXレコードの
 情報は得ている。

・WEBサーバーが2台あるらしい。

wwwとwww2だと、教えてもらった。

dig www.example.com A

dig www2.example.com A・これで2台のAレコードがわかった。


奥:うん、これでいいわ。

  もう私が同行しなくても、よさそうね。

大:えーーっ・・・。

奥:もう、大丈夫よ。

  こういう調査はね!

  ところで、
  過去のブログを見返してたんだけど、
  逆引き、やってなかったわね。


  付け加えて、今、やっちゃいましょう。

  これです。

  dig -x 192.168.1.21

  
  別に、こういうコマンドもあるんだけど、

  dig 21.1.168.192.in-addr.arpa. PTR

  面倒くさいでしょ?


大:そうですね。

  じゃあ、-xで。





# dig -x 192.168.1.21

; <<>> DiG 9.3.2 <<>> -x 192.168.1.21
;; global options: printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 14594
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 2, ADDITIONAL: 2

;; QUESTION SECTION:
;21.1.168.192.in-addr.arpa. IN PTR

;; ANSWER SECTION:
21.1.168.192.in-addr.arpa. 86400 IN PTR send3.example.com.

;; AUTHORITY SECTION:
1.168.192.in-addr.arpa. 86400 IN NS send3.example.com.
1.168.192.in-addr.arpa. 86400 IN NS send4.example.com.

;; ADDITIONAL SECTION:
send3.example.com. 86400 IN A 192.168.1.21
send4.example.com. 86400 IN A 192.168.1.24

;; Query time: 12 msec
;; SERVER: 192.168.1.21#53(192.168.1.21)
;; WHEN: Sun Jul 29 15:07:16 2007
;; MSG SIZE rcvd: 137


奥:できました。

  では、いよいよ、「リゾルバ探し」です。


大:頑張らなきゃ!手(グー)


■中級レベル向けの本だが、1章から7章までは
 初級レベルを超えたい人も十分使えるネタ一杯の本


ネットワークセキュリティHacks 第2版
 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

価格:\3,360(税込)


1章では、
lsof -i -nなど基本的なコマンドも
登場しています。

Linuxだけをターゲットにした本ではなく、
サーバーのセキュリティに焦点を
あてた本です。
posted by アンドレアス at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

digコマンド(9)・・digコマンドのまとめ問題

奥:一通り、digコマンドを
  使ってもらったので、
  簡単にテストをしましょうか?


大:はい。

奥:これが終わったら、
  「リゾルバを探す」というテーマに
  なるのよ。

  長くなるわよ、きっと

大:・・・・。


奥:じゃあ、下記を順番にdigコマンドで
  答えてください。


■問題

1.あるお客さんを訪問しました。

  サーバー管理者の方が
  退社したそうで、サーバーを
  扱える人がいないそうです。

  その会社のDNS設定などを調べることに
  なりました。


・ドメインは、example.comらしい。

・wwwサーバーが2台あるらしい。
 本当の名前は別にあるらしい。

・ゾーン転送がデフォルト設定らしい(^^)。


奥:以上を踏まえて、
  

1.SOAレコードの調査
2.ゾーン転送されるデータの調査
3.WWWサーバーのIPアドレスは何か? 
4.MXの設定確認

  などをdigコマンドを使って調べて欲しいの。

  nslookupでもいいわよ。

大:はい、わかりました。

  じゃあ、最初に・・・・。

奥:あ、回答は明日へ続くからね(^^)



■中級レベル以上の方向けの本


ネットワークセキュリティHacks 第2版
 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

価格:\3,360(税込)


1版も売れていたので、
改訂された第二版が、もう発売されました。

後半は、SNortやrootkit対策なども
出ていますので、管理者を目指す人は
買っておくべき!

posted by アンドレアス at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする