2017年10月16日

発売開始!「AWS Lambda実践ガイド」、Lambdaの教科書というポジションを奪い取るか!

目次の抜粋です。
あえて、3章から前は、省略します。(別に見なくても良いでしょう)

第 4 章 S3 のイベント処理
4-1 S3 のイベント事例
4-2 S3 バケットの作成
4-3 S3 バケットに対するイベント
4-4 ライブラリ込みの Lambda 関数の作成
4-5 まとめ
第 5 章 API Gateway、DynamoDB、SES との連携
5-1 API Gateway のイベント事例
5-2 API Gateway と Lambda 関数を組み合わせる
5-3 API Gateway から実行される Lambda 関数を作る
5-4 DynamoDB の基本
5-5 Lambda 関数で DynamoDB にアクセスする
5-6 署名付き URL を発行する
5-7 メールの送信
5-8 クロスオリジンの場合の注意点
5-9 まとめ
第 6 章 SQS と SNS トピックを使った連携
6-1 SQS と SNS トピックのイベント事例
6-2 DynamoDB テーブルによるメールアドレス管理
6-3 S3 バケットとSQS を構成する
6-4 SQS からメッセージを取り出してメールを送信する
6-5 バウンスメールを処理する

◎AWS Lambda実践ガイド:3,240円
AWS Lambda実践ガイド -
AWS Lambda実践ガイド -


◎実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム:3,240円
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -

◎シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド:3,996円
シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド -
シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド -
サーバーワークス社の人達が執筆された書籍が発売!

オススメです、特にCloudFormationなどの自動化のところがオススメ。
新入社員の人は、会社費用でもいいから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう!

posted by アンドレアス at 21:41| Comment(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

東京先行販売される予感!「AWS Lambda実践ガイド」

16日発売なので、ひょっとしたら今日、
「AWS Lambda実践ガイド」先行販売しているかも
しれないと思って、帰りに書店へ寄ろうと思っていましたが、
急な対応で、行けず。

明日、早めに帰宅して書店へ立ち寄ってみます。

◎AWS Lambda実践ガイド:円
AWS Lambda実践ガイド -
AWS Lambda実践ガイド -


◎実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム:3,240円
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -

◎シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド:3,996円
シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド -
シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド -
サーバーワークス社の人達が執筆された書籍が発売!

オススメです、特にCloudFormationなどの自動化のところがオススメ。
新入社員の人は、会社費用でもいいから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう!

posted by アンドレアス at 22:10| Comment(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

2017年IT本No1は、これだ!負荷試験の教科書となる「Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる(技術評論社)」丁寧に分かりやすく書かれていて素晴らしい!

2017年IT本No1は、これで決定かな!
「負荷試験の教科書」としてロングセラーになるでしょう!

丁寧に分かりやすく書かれていて素晴らしい!


◎Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる:4,104円
Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる (Software Design plusシリーズ) -
Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる (Software Design plusシリーズ) -

◎実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~:3,240円
現時点でLambda教科書、はこれです。
会社費用でもいいから買っておきましょう!
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -

◎AWS Lambda実践ガイド:3,240円
東京では、そろそろ先行販売されるのでは・・という
期待が高まる1冊!

AWS Lambda実践ガイド -
AWS Lambda実践ガイド -
posted by アンドレアス at 11:17| Comment(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017年IT本No1決定の予感!「負荷試験の教科書」としてロングセラーになるでしょう!「Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる(技術評論社)」丁寧に分かりやすく書かれていて素晴らしい!

(ようやく正常にリンクはれるようになったので、アップしました。
 先日購入直後に、アップしようとしたんですが、
 リンクが正常にはれずに、断念していたのです)

2017年IT本No1は、これで決定かな!
「負荷試験の教科書」としてロングセラーになるでしょう!

丁寧に分かりやすく書かれていて素晴らしい!


◎Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる:4,104円
Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる (Software Design plusシリーズ) -
Amazon Web Services負荷試験入門―クラウドの性能の引き出し方がわかる (Software Design plusシリーズ) -

◎実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~:3,240円
現時点でLambda教科書、はこれです。
会社費用でもいいから買っておきましょう!
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -
実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~ -

◎AWS Lambda実践ガイド:3,240円
東京では、そろそろ先行販売されるのでは・・という
期待が高まる1冊!

AWS Lambda実践ガイド -
AWS Lambda実践ガイド -
posted by アンドレアス at 20:49| Comment(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

今さら、されど今だからこそ!「ec2-api-tools」の準備・使い方を確認

今更ですが、ec2-api-tools の準備・使い方を確認しました。

諸事情あり・・・・。

1.準備
1-1. ec2-api-tools 解凍と配置
[基本]
https://aws.amazon.com/items/351?externalID=351
Downloadされたファイル:ec2-api-tools.zip

[重要]EC2 API ToolsでアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを使う
http://blog.serverworks.co.jp/tech/2013/03/29/accesskeyid_secretkey_on_ec2-api-tools/

[参考]
http://blog.serverworks.co.jp/tech/2012/02/24/ec2-api-tools-for-windows/


1-2.JDK(Java)インストール
JDKをDownload後インストールする。
(簡単なので、省略)

1-3. IAMユーザ(EC2ReadOnlyAccessのみ)作成
(簡単なので、省略)
このユーザーのAccessKeyとSecret AccessKeyを
下記3で使用します。


2.環境設定
batファイル作成。毎回設定する手間を省く
ファイル名:ec2-api-tools.bat
---------------------------------
@echo off
rem set EC2_CERT=%EC2_HOME%\cert.pem
rem set EC2_PRIVATE_KEY=%EC2_HOME%\pk.pem

set JAVA_HOME="C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_111"
set EC2_HOME=C:\ec2-api-tools
set PATH=C:\ec2-api-tools\bin
set EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com


3.使用方法(-O Access Key -W Secret Key の指定だけで実行可能)
C:\Users\Jack>ec2-describe-instances -O xxxxxxxxxxxx -W xxxxxxxxxx

◆補足・・・オプションを何もつけずコマンド実行すると、
     証明書も無いので、下記のようなエラーが出ます。

C:\Users\Jack>ec2-describe-regions
Required option '-O, --aws-access-key KEY' missing (-h for usage)

以上。


◎Amazon Web Services完全ソリューションガイド:3,132円
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -


◎合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト:2,376円
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
こちらも先行販売していないか、見てきます。
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -



◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

本日発売!「Amazon Web Services完全ソリューションガイド」、日経SYSTEMの連載をまとめた書籍かな?

昨年の日経SYSTEMの連載をまとめた書籍かな?

後で書店で確認してきますが、久しぶりにAmazon Web Services本が
発売されました。

会社費用でいいから、買ってもらいましょう(^^)

◎Amazon Web Services完全ソリューションガイド:3,132円
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -


◎合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト:2,376円
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
こちらも先行販売していないか、見てきます。
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -



◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注)有用な情報ですね。確認した方が良いな=>証明書の全リージョン証明書の有効期限チェックをCLIで実施してみた

最近見る余裕も無いDeveloppers I/Oを見ると、
気になる内容を、発見。

[ACM] 証明書の全リージョン証明書の有効期限チェックをCLIで実施してみた
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/check-acm-certificate-expire/



◎合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト:2,376円
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
こちらも先行販売していないか、見てきます。
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -



◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

東京での先行販売に期待!インプレスから「Amazon Web Services ネットワーク入門」が発売されます。

正式な発売は1か月後ですが、
非常に期待値が高いです。

東京で、明日からの3連休、先行販売してないか、
期待したいですね。


◎Amazon Web Services ネットワーク入門:2,700円
Amazon Web Services ネットワーク入門 (impress top gear) -
Amazon Web Services ネットワーク入門 (impress top gear) -


◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
大きい書店では、まだまだ売れてます。
「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」では、

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)



◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

AWS人気でついに資格本が登場しました!「合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」

8/13から発売とありますが、
東京では、先行販売しているかもしれないので、
後で、見に行ってみよう(^^)。



◎合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト:2,376円
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
こちらも先行販売していないか、見てきます。
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -



◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

Hadoopは使ったことがあるが、EMRを初めて使いました。「Amazon EMR によるビッグデータ分析入門」を見ながら

そのまま動かしてみました。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ElasticMapReduce/latest/ManagementGuide/emr-gs-reset-environment.html

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ElasticMapReduce/latest/ManagementGuide/emr-gs-reset-environment.html

以下の通り。最新のEMR5は使わず、4.2を使いました。
明日は、5を使ってみようかな。

S3にCloudFrontのサンプルデータを用意してくれていたので
楽でしたが、実データでやると、また、あれこれ時間がかかるんだろうか・・。

◎結果

Android855
Linux813
MacOS852
OSX799
Windows883
iOS794


◎Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで:2,797円
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -

来週は、これ

◎Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド:2,700円
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
更に、これ。おなじみWINGSプロジェクト、ですね。

◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

夏のAWS新刊本「Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで」

少しずつ売れているようです。

これから、AWSへ移行する、という企業向けですね。

◎Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで:2,797円
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -

来週は、これ

◎Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド:2,700円
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
更に、これ。おなじみWINGSプロジェクト、ですね。

◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

(メモ)AWS Redshiftのリンク

メモ。

https://aws.amazon.com/redshift/?nc1=h_ls

[Amazon Redshift] RedshiftのIAM Roles利用が可能となりました。
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/amazon-redshift-iam-role/
今回のアップデートにより、Redshift専用のIAMロールを作成する事で、 アクセスキーの漏洩リスクや、一時セッション認証情報の発行の手間をかける事なく 安全にS3、DynamoDBを利用する事が可能になりました。

http://www.embulk.org/docs/

◎Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで:2,797円
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -

来週は、これ

◎Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド:2,700円
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
更に、これ。おなじみWINGSプロジェクト、ですね。

◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

AWS本が引き続き、売れているようですねー。「Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで」

今年は、サーバーレスアーキテクチャーの事例がどんどん増えていきそうですが、
そんな中、AWS本が、次から次へと発売されています。


◎Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで:2,797円
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -

来週は、これ

◎Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド:2,700円
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
更に、これ。おなじみWINGSプロジェクト、ですね。

◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

Embulk on CentOS7 on VMware Player

寝る前に。

○OS:CentOS7 on VMware Player

・Install 本家本元
 https://github.com/embulk/embulk

・インストール手順
curl --create-dirs -o ~/.embulk/bin/embulk -L "http://dl.embulk.org/embulk-latest.jar"
chmod +x ~/.embulk/bin/embulk
echo 'export PATH="$HOME/.embulk/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc


以下実行できれば、成功

embulk --help

embulk selfupdate
結果:7/18(月)
Already up-to-date. 0.8.9 is the latest version.
ゆえ、このまま。
↓下記不要
embulk selfupdate 0.8.8

・サンプルデータ生成 設定ファイル自動生成

サンプルデータ生成コマンド
embulk example ./webdb

embulk guess ./webdb/seed.yml -o config.yml


プレビュー
embulk preview config.yml

数行だけ表示されてば設定が正しい、となる。

◆実行
embulk run config.yml -c diff.yml

◆増分ロード

embulk run config.yml -c diff.yml

●プラグインのインストール
# embulk gem install embulk-output-postgresql
# embulk gem install embulk-parser-jsonl
# embulk gem install embulk-output-redshift


# embulk gem list
2016-07-19 00:01:48.424 +0900: Embulk v0.8.9

*** LOCAL GEMS ***

embulk-output-postgresql (0.6.1)
embulk-output-redshift (0.6.1)
embulk-parser-jsonl (0.2.0)
jar-dependencies (0.2.3)
jruby-openssl (0.9.15 java)
json (1.8.0 java)
minitest (5.4.1)
power_assert (0.2.3)
psych (2.0.15 java)
racc (1.4.13 java)
rake (10.1.0)
rdoc (4.1.2)
test-unit (3.0.3)


◎WEB+DB PRESS Vol.92:1,598円
例年、この4月は、どの雑誌も新入社員向け内容になるので、
イマイチ内容がレベルダウンする傾向もありますが、
今回は、なかなか良いまとめ内容になってます。

●今月の面白い記事
1位:特集2 実践データ収集
Embulk、いいですね、これ。

2位:大規模インフラ運用最前線 第1回

3位:Software is Beautiful 中島 聡 氏の連載が最終回。
  あー、たった1ページだが、毎回濃い内容だったのに・・残念だー!

他、4位には、フロントエンド先遣隊 第1回 最新JavaScript開発環境
も良かったです、早速 Node.js v5を試してみます。
今日からnpm v3のNode.js v5でいきます。

5位:PHPからのHTTPリクエスト
Guzzleライブラリなどもとりあげてます。
後で、実際に実行した内容をアップします。

WEB+DB PRESS Vol.92 -
WEB+DB PRESS Vol.92 -

◎WEB+DB PRESS Vol.91:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.91 -
WEB+DB PRESS Vol.91 -

◎WEB+DB PRESS Vol.90:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.90 -
WEB+DB PRESS Vol.90 -
posted by アンドレアス at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

AWSのチュートリアルを読む。Amazon Redshift クラスターのサイズ変更サイズ、変更オペレーションの概要

CloudFormationが、なかなか先へ進まず。

結構、テンプレートも役に立たないですよね。

さて、Redshiftクラスタを作成する場合の注意点のリンクを
メモしておきます。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/redshift/latest/mgmt/rs-resize-tutorial.html
サイズ変更オペレーションは
結構、驚きですね。
何が?というと、まず要する時間。

Single NodeからMulti-Nodeにするだけで、
結構時間がかかり驚きました。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/redshift/latest/mgmt/rs-resize-tutorial.html
数時間で終わることもあれば、2〜3 日かかる可能性もあります。

って、あるので、要注意。

あと、Leader Node,Computer Nodeも
表示が分かりにくいところに出てきますよね。

まあ、Computer Node0とかComputer Node1には、
psqlコマンド等で接続できなかったので、
気にしなくて良いのでしょうけど。

勘違いしやすいのが、Multi-AZ対応していないこと。

なのに、Redshift Subnet Groupには登録できてしまうので、
誤解しますよね。


◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

Lambda function作成・・・EC2インスタンス起動、停止を決めた時刻に実施する

便利ですね、Lambda。

某クラウドベンダーのアプリケーション無しでも定時に起動・停止できる。

参考:スケジュールされたイベントでの AWS Lambda の使用
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/with-scheduled-events.html

注)Developpers I/OのURLに記載されている
Event Sourceタブの画像情報は、今では古くなっています。
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/lambda-scheduled-event-updown/

■他、参考
{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Effect": "Allow",
"Action": [
"logs:CreateLogGroup",
"logs:CreateLogStream",
"logs:PutLogEvents",
"ec2:StartInstances"
],
"Resource": [
"arn:aws:logs:*:*:*",
"arn:aws:ec2:*"
]
}
]
}

====================
{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Effect": "Allow",
"Action": [
"logs:CreateLogGroup",
"logs:CreateLogStream",
"logs:PutLogEvents",
"ec2:StopInstances"
],
"Resource": [
"arn:aws:logs:*:*:*",
"arn:aws:ec2:*"
]
}
]
}


======================
Schedule expression:cron(33 14 ? * MON-FRI *)

UTCである点に注意(JSTは選択できず、です)


◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

実写化かー「東京喰種 トーキョーグール」、窪田正孝主演で「東京喰種」実写映画化 ヒロインは清水富美加

次から次へと実写化が続く。

窪田正孝主演で「東京喰種」実写映画化 ヒロインは清水富美加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000141-spnannex-ent


◎東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット:7,801円
東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス) -
東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス) -

◎まとめ買い] 東京喰種トーキョーグール:re:円
[まとめ買い] 東京喰種トーキョーグール:re(ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -
[まとめ買い] 東京喰種トーキョーグール:re(ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -






ザ・ファブルもいずれ、実写化して欲しいけど、
誰がアキラとヨウコ役ができるか・・・・・。
posted by アンドレアス at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

AWSのAuroraクラスタ作成しました。(その3)

さて、重要な最新情報が入手できるので、
下記リンクをメモっておきます。


AWS Summit Tokyo 2016の開催レポート
https://aws.amazon.com/jp/summit2016-report/

セッション資料・動画一覧
https://aws.amazon.com/jp/summit2016-report/details/

Amazon Aurora Deep Dive
http://media.amazonwebservices.com/jp/summit2016/2D-02.pdf

途中のスライドに出てきた会社を
メモっておく。
どれだけの企業が伸びるか、生き残るか、後に参考にする(^^)

http://www.tableau.com/

http://www.zoomdata.com/

https://looker.com/

https://www.talend.com/
https://jp.talend.com/
参考 http://talend-jp.jinaka.com/
高機能なのにオープンソースでフリーなETLツール、Talend Open Studio
無償版にもかかわらずどれだけ強力なツールであるか。

http://www.attunity.com/
http://www.insight-tec.com/products/Attunity/index.html

https://www.informatica.com/jp/

https://www.webyog.com/

https://www.datadoghq.com/
https://www.datadoghq.com/jp/

https://www.navicat.com/
https://jp.navicat.com/

http://8kmiles.com/

http://2ndwatch.com/

https://www.nordcloud.com/

https://www.pythian.com/

http://www.appsassociates.com/

New Relic

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AWSのAuroraクラスタ作成しました。(その2) Writer1台、Reader1台

Aurora作成時、

インスタンスの仕様
DB インスタンスのクラス :db.r3.large-2 vCPU, 15GiB RAM
マルチ AZ 配置:いいえ を選択。


クラスターエンドポイント:
クラスタ識別子.cluster-12ケタ英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:3306

インスタンスエンドポイント:
DB インスタンス識別子.12ケタ英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com

追加のRead Replica作成時のインスタンスエンドポイント:
(追加した)DB インスタンス識別子.12ケタ英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:3306

こうすると、

DB インスタンス識別子-ap-northeast-1c.12ケタ英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com

というインスタンスエンドポイントにはならないので、
この方が良いかと。


◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

AWSのAuroraクラスタ作成しました。(その1) Writer1台、Reader3台

・AWSのAuroraクラスタ Writer1台、Reader3台作成しました。

・Writerを削除すると、しばらくして、
 Readerの1台がWriterに昇格していました。

・最初にAurora Clusterを作成する際、Multi-AZではない状態で
 1台作成し、その後、追加という形でRead Reaplicaを作成すれば、
 変な インスタンスエンドポイントにならない気がするので、
 あさってにでも、試します。

●Cluster Endpoint
DB クラスター識別子.cluster-12ケタの英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:3306

●インスタンスエンドポイント
DB インスタンス識別子-ap-northeast-1c.12ケタの英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com

以降、Read Replicaを追加した場合のインスタンスエンドポイントは、
設定時の「DB インスタンス識別子」がそのまま、Availability Zone無しで
インスタンスエンドポイント先頭に付記された。

DB インスタンス識別子.12ケタの英数字.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com


◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

続々AWS本が発売中ですが、自分はGoogle Cloud Messaging+AWSのSNSの設定中です。

結構な手間がかかって面倒ですが、
一度設定してしまえば・・・・。

AWSのSNS + Google Cloud MessagingやApple Push Notification Service
今、Google Cloud Messaging設定中。


参照:P107〜131
「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」



◎Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド:2,700円
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
更に、これ。おなじみWINGSプロジェクト、ですね。

◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

次から次へとAWS本が発売開始!まずは、「Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで」

AWS Summit Tokyoが終わり、
今年は、サーバーレスアーキテクチャーの事例がどんどん増えていきそうですが、
そんな中、AWS本が、次から次へと発売されます。

まずは、
◎Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで:2,797円
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -
Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで- -

来週は、これ

◎Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド:2,700円
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
Amazon Web Services 定番業務システム12パターン設計ガイド -
更に、これ。おなじみWINGSプロジェクト、ですね。

◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

「Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法」4-8 S3とLambdaによるキーワードキュレーションサービスを参照する

4-8 S3とLambdaによるキーワードキュレーションサービス

◆Keyword
RSS,S3,Lambda,
Google Alert(https://www.google.co.jp/alerts),
Query feed(https://queryfeed.net/)

注)Google Alertは、Google accountが必要

★Query feedは、単体でも使えるな。

以降は、PythonでLambda Function作成。
詳細は、
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

Amazon Cloud Formationを初めて実行する人は、Developpers I/O 2016年5月28日の「CloudFormation超入門」を見た方が効率が良いと思います。

◆2016/6/5
VPC+Subnet+IGW(もちろんアタッチなどもです)を実行してみました。
約1分ででき上がり。
これは便利ですね。
特に、開発環境の迅速な準備が必要な場合に、
圧倒的に利用価値があります。
(というか、利用しないといけない mustですね。)

削除できるので、そこも利便性あり。

おおよその構成が分かってさえいれば、
スピード感が必要な、プロトタイプ環境に最適です。

本番環境の場合、変にJSONファイルに記載されていない
手動追加などがあり得るので、そこをどう対処するか考えて
おく必要がありますね。
(無いとは言えないから、現実には)
メンバーの顔触れが変化しないならば、いいけれど。


CloudFormationを初めて使う場合、
最初に見るべきは、これかな。

CloudFormation超入門
http://dev.classmethod.jp/beginners/chonyumon-cloudformation/

AWSのサンプルありますけど、
あれ内容が多過ぎです。(^^)。

最初はVPCだけ、とか、VPC+Subnetだけで実行したいというのが
一般人の心理ですから。


◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -

posted by アンドレアス at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

Ubuntu16.04イントール(ubuntu-16.04-desktop-amd64.iso)

こちらはdesktop版です。

○環境
VMware Player
ISOファイル
・ubuntu-16.04-desktop-amd64.iso
・apt-get install で。

◆結果
Perl:v5.22.1
PHP:PHP 7.0.4
ruby:2.3.0p0
Python:Python 2.7.11+,3.5.1+
Golang:go1.6.1
Git:2.7.4

注)# apt-get install php7.0-mbstring
apt-get install php-mbstringだと
php-mbstringとphp7.0-mbstringの2つをインストールしようとする。
ここではphp7.0-mbstringのみ選択とした。

# hostname
ubu1604ngphp1

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04 LTS"

# uname -a
Linux ubu1604ngphp1 4.4.0-21-generic #37-Ubuntu SMP Mon Apr 18 18:33:37 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

# dpkg -l | grep nginx
ii nginx 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server
ii nginx-common 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server - common files
ii nginx-core 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 amd64 nginx web/proxy server (core version)


# dpkg -l | grep php
ii php 1:7.0+35ubuntu6 all server-side, HTML-embedded scripting language (default)
ii php-common 1:35ubuntu6 all Common files for PHP packages
ii php7.0 7.0.4-7ubuntu2.1 all server-side, HTML-embedded scripting language (metapackage)
ii php7.0-cli 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 command-line interpreter for the PHP scripting language
ii php7.0-common 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 documentation, examples and common module for PHP
ii php7.0-fpm 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 server-side, HTML-embedded scripting language (FPM-CGI binary)
ii php7.0-json 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 JSON module for PHP
ii php7.0-opcache 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 Zend OpCache module for PHP
ii php7.0-readline 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 readline module for PHP


# dpkg -l | grep mysql
ii mysql-client-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database client binaries
ii mysql-client-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database core client binaries
ii mysql-common 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database common files, e.g. /etc/mysql/my.cnf
ii mysql-server 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database server (metapackage depending on the latest version)
ii mysql-server-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries and system database setup
ii mysql-server-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries



# perl -v
This is perl 5, version 22, subversion 1 (v5.22.1) built for x86_64-linux-gnu-thread-multi
(with 58 registered patches, see perl -V for more detail)
Copyright 1987-2015, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl". If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.

# php -v
PHP 7.0.4-7ubuntu2.1 (cli) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

# python -V
Python 2.7.11+

# python3 -V
Python 3.5.1+

# ruby -v
ruby 2.3.0p0 (2015-12-25) [x86_64-linux-gnu]


# go version
go version go1.6.1 linux/amd64

# git --version
git version 2.7.4

# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
udev 973M 0 973M 0% /dev
tmpfs 199M 6.4M 192M 4% /run
/dev/sda1 38G 4.5G 31G 13% /
tmpfs 992M 216K 992M 1% /dev/shm
tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock
tmpfs 992M 0 992M 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 199M 48K 199M 1% /run/user/1000


# mount
sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
proc on /proc type proc (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
udev on /dev type devtmpfs (rw,nosuid,relatime,size=996040k,nr_inodes=249010,mode=755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,nosuid,noexec,relatime,gid=5,mode=620,ptmxmode=000)
tmpfs on /run type tmpfs (rw,nosuid,noexec,relatime,size=203072k,mode=755)
/dev/sda1 on / type ext4 (rw,relatime,errors=remount-ro,data=ordered)
securityfs on /sys/kernel/security type securityfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
tmpfs on /run/lock type tmpfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,size=5120k)
tmpfs on /sys/fs/cgroup type tmpfs (ro,nosuid,nodev,noexec,mode=755)
cgroup on /sys/fs/cgroup/systemd type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd,nsroot=/)
pstore on /sys/fs/pstore type pstore (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
cgroup on /sys/fs/cgroup/perf_event type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,perf_event,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpu,cpuacct type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpu,cpuacct,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/hugetlb type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,hugetlb,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/blkio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,blkio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/devices type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,devices,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/freezer type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,freezer,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/net_cls,net_prio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,net_cls,net_prio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpuset type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpuset,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/memory type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,memory,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/pids type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,pids,nsroot=/)
systemd-1 on /proc/sys/fs/binfmt_misc type autofs (rw,relatime,fd=27,pgrp=1,timeout=0,minproto=5,maxproto=5,direct)
mqueue on /dev/mqueue type mqueue (rw,relatime)
hugetlbfs on /dev/hugepages type hugetlbfs (rw,relatime)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
fusectl on /sys/fs/fuse/connections type fusectl (rw,relatime)
tmpfs on /run/user/1000 type tmpfs (rw,nosuid,nodev,relatime,size=203072k,mode=700,uid=1000,gid=1000)
gvfsd-fuse on /run/user/1000/gvfs type fuse.gvfsd-fuse (rw,nosuid,nodev,relatime,user_id=1000,group_id=1000)


◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5号:円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
posted by アンドレアス at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubuntu16.04インストール(ubuntu-16.04-server-amd64.iso)

来月号(日経Linux(リナックス)2016年7月号)では、
Ubuntu16.04の記事が掲載されると思いますが、
その前に、インストールしてみました。

○環境
VMware Player
ISOファイル
・ubuntu-16.04-server-amd64.iso
・apt-get install で。

◆結果
Perl:v5.22.1
PHP:PHP 7.0.4
ruby:ruby 2.3.0p0
Python:Python 2.7.11+,Python 3.5.1+
Golang:go1.6.1
Git:2.7.4


# hostname
ubus1604

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04 LTS"


# uname -a
Linux ubus1604 4.4.0-22-generic #40-Ubuntu SMP Thu May 12 22:03:46 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


root@ubus1604:~# dpkg -l | grep nginx
ii nginx 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server
ii nginx-common 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 all small, powerful, scalable web/proxy server - common files
ii nginx-core 1.10.0-0ubuntu0.16.04.1 amd64 nginx web/proxy server (core version)
root@ubus1604:~# dpkg -l | grep php
ii php 1:7.0+35ubuntu6 all server-side, HTML-embedded scripting language (default)
ii php-common 1:35ubuntu6 all Common files for PHP packages
ii php7.0 7.0.4-7ubuntu2.1 all server-side, HTML-embedded scripting language (metapackage)
ii php7.0-cli 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 command-line interpreter for the PHP scripting language
ii php7.0-common 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 documentation, examples and common module for PHP
ii php7.0-fpm 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 server-side, HTML-embedded scripting language (FPM-CGI binary)
ii php7.0-json 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 JSON module for PHP
ii php7.0-opcache 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 Zend OpCache module for PHP
ii php7.0-readline 7.0.4-7ubuntu2.1 amd64 readline module for PHP
root@ubus1604:~# dpkg -l | grep mysql
ii mysql-client-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database client binaries
ii mysql-client-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database core client binaries
ii mysql-common 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database common files, e.g. /etc/mysql/my.cnf
ii mysql-server 5.7.12-0ubuntu1 all MySQL database server (metapackage depending on the latest version)
ii mysql-server-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries and system database setup
ii mysql-server-core-5.7 5.7.12-0ubuntu1 amd64 MySQL database server binaries




# perl -v

This is perl 5, version 22, subversion 1 (v5.22.1) built for x86_64-linux-gnu-thread-multi
(with 58 registered patches, see perl -V for more detail)

Copyright 1987-2015, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl". If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.




# php -v
PHP 7.0.4-7ubuntu2.1 (cli) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

# python -V
Python 2.7.11+


# python3 -V
Python 3.5.1+


# ruby -v
ruby 2.3.0p0 (2015-12-25) [x86_64-linux-gnu]

# go version
go version go1.6.1 linux/amd64


# git --version
git version 2.7.4





# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
udev 973M 0 973M 0% /dev
tmpfs 199M 5.9M 193M 3% /run
/dev/mapper/ubus1604--vg-root 37G 2.4G 33G 7% /
tmpfs 992M 0 992M 0% /dev/shm
tmpfs 5.0M 0 5.0M 0% /run/lock
tmpfs 992M 0 992M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 472M 101M 347M 23% /boot
tmpfs 100K 0 100K 0% /run/lxcfs/controllers
tmpfs 199M 0 199M 0% /run/user/1000


# mount
sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
proc on /proc type proc (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
udev on /dev type devtmpfs (rw,nosuid,relatime,size=996140k,nr_inodes=249035,mode=755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,nosuid,noexec,relatime,gid=5,mode=620,ptmxmode=000)
tmpfs on /run type tmpfs (rw,nosuid,noexec,relatime,size=203072k,mode=755)
/dev/mapper/ubus1604--vg-root on / type ext4 (rw,relatime,errors=remount-ro,data=ordered)
securityfs on /sys/kernel/security type securityfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
tmpfs on /run/lock type tmpfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,size=5120k)
tmpfs on /sys/fs/cgroup type tmpfs (ro,nosuid,nodev,noexec,mode=755)
cgroup on /sys/fs/cgroup/systemd type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd,nsroot=/)
pstore on /sys/fs/pstore type pstore (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
cgroup on /sys/fs/cgroup/net_cls,net_prio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,net_cls,net_prio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpuset type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpuset,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/cpu,cpuacct type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpu,cpuacct,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/devices type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,devices,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/pids type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,pids,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/blkio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,blkio,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/perf_event type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,perf_event,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/memory type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,memory,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/freezer type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,freezer,nsroot=/)
cgroup on /sys/fs/cgroup/hugetlb type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,hugetlb,nsroot=/)
systemd-1 on /proc/sys/fs/binfmt_misc type autofs (rw,relatime,fd=28,pgrp=1,timeout=0,minproto=5,maxproto=5,direct)
mqueue on /dev/mqueue type mqueue (rw,relatime)
hugetlbfs on /dev/hugepages type hugetlbfs (rw,relatime)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
fusectl on /sys/fs/fuse/connections type fusectl (rw,relatime)
/dev/sda1 on /boot type ext2 (rw,relatime,block_validity,barrier,user_xattr,acl)
tmpfs on /run/lxcfs/controllers type tmpfs (rw,relatime,size=100k,mode=700)
hugetlb on /run/lxcfs/controllers/hugetlb type cgroup (rw,relatime,hugetlb,nsroot=/)
freezer on /run/lxcfs/controllers/freezer type cgroup (rw,relatime,freezer,nsroot=/)
memory on /run/lxcfs/controllers/memory type cgroup (rw,relatime,memory,nsroot=/)
perf_event on /run/lxcfs/controllers/perf_event type cgroup (rw,relatime,perf_event,nsroot=/)
blkio on /run/lxcfs/controllers/blkio type cgroup (rw,relatime,blkio,nsroot=/)
pids on /run/lxcfs/controllers/pids type cgroup (rw,relatime,pids,nsroot=/)
devices on /run/lxcfs/controllers/devices type cgroup (rw,relatime,devices,nsroot=/)
cpu,cpuacct on /run/lxcfs/controllers/cpu,cpuacct type cgroup (rw,relatime,cpu,cpuacct,nsroot=/)
cpuset on /run/lxcfs/controllers/cpuset type cgroup (rw,relatime,cpuset,nsroot=/)
net_cls,net_prio on /run/lxcfs/controllers/net_cls,net_prio type cgroup (rw,relatime,net_cls,net_prio,nsroot=/)
name=systemd on /run/lxcfs/controllers/name=systemd type cgroup (rw,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd,nsroot=/)
lxcfs on /var/lib/lxcfs type fuse.lxcfs (rw,nosuid,nodev,relatime,user_id=0,group_id=0,allow_other)
tmpfs on /run/user/1000 type tmpfs (rw,nosuid,nodev,relatime,size=203072k,mode=700,uid=1000,gid=1000)










◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5号:円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
posted by アンドレアス at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

CloudFormationのサマリー・・・メモ2016年5月16日現在。6月5日初実行。メチャ便利。

まとめメモです。

Q.CloudFormationとは?

AWSのリソースをテンプレートを元に自動作成してくれるもの。

Q.リソースとは?

EC2インスタンス、VPC,Security Group,ELB,IAMユーザ,AutoScalingGroupなど

Q.スタックとは?

「リソース」の集まり。

Q.テンプレートとは?

構築したいリソースの定義を全て記載したもの。

具体例)
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cloudformation-firstcontact/
テンプレートに最低限必要な要素は、
AWSTemplateFormatVersion(今の所固定)とResourcesというリソース定義のリスト

・SSHGroupやWebServerEip等は、
 自分で命名するリソースの名前。
 テンプレートの中で一意である必要がある。

・リソースの名前は[a-zA-Z0-9]+しか使えない
・リソース名は大文字から始める(慣習)

改良例1)
テンプレートの中に鍵名をベタ書きしてしまうのが嫌な場合に使う「パラメータ」

改良例2)
AMIというのはリージョン毎にIDが異なるので、
リージョン毎の対応を記述する例)

後で追記します。

参照:
・CloudFormationでいつでも最新AMIからEC2を起動したい(2016/4/30)
http://dev.classmethod.jp/referencecat/aws-cloudformation/

検証目的の場合。割安な海外Regionを使るが
今回CloudFormationから最新AMIを取得できるテンプレートを作成した・・

・AWS CloudFormationのLambda-Backed Custom Resourcesを使って最新のAMIを取得する(2015/4/29)
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/get-latest-ami-by-using-lambda-backed-custom-resources/

(レポート) DVO304: AWS CloudFormation ベストプラクティス
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-reinvent-2015-report-dvo304/

・CloudFormation入門(2013年03月15日)

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cloudformation-firstcontact/








◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -

◆2016/6/5
VPC+Subnet+IGWを実行してみました。
約1分ででき上がり。
これは便利ですね。
特に、開発環境などをすかさず準備する場合に、
圧倒的に利用価値があります。

削除できるので、そこも利便性あり。
おおよその構成が分かってさえいれば、
スピード感が必要な、プロトタイプ環境にも便利です。
本番環境の場合、変にJSONファイルに記載されていない
手動追加などがあり得るので、そこがどう対処するか考えて
おく必要がありますね。
(無いとは言えないから、現実には)
メンバーの顔触れが変化しないならば、いいけれど。


CloudFormationを初めて使う場合、
最初に見るべきは、これかな。
http://dev.classmethod.jp/beginners/chonyumon-cloudformation/

AWSのサンプルありますけど、
あれ内容が多過ぎです。(^^)。

最初はVPCだけ、とか、VPC+Subnetだけで実行したいというのが
一般人の心理ですから。
posted by アンドレアス at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

開発者に嬉しい、AWSのフルマネージドサービスでサービス構築する方法が盛りだくさん、2016年5月15日時点で最も役立つAWS本「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

大きい書店では、まだまだ売れてます。
今年の売り上げベスト5に入ってくるIT書籍になりそうですが、
「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」では、

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

開発者に有用です。AWSのフルマネージドサービスのみを利用したサービス構築方法が記載された、2016年5月10日時点で最も役立つAWS本「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

開発者向けだが実はインフラエンジニアが読んだ方がメリットが大きいと思う「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

大きい書店では、次々と売れているようですね。
今年の売り上げベスト5に入ってくるIT書籍になりそうな気配ですが、
「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」では、

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

ゴールデンウィーク中に1冊だけ読んでおくとしたらこれでしょう。サーバーレスのトレンドを実践できる「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨年評判が良かったベストセラー「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」に続き、NRIネットコム株式会社から「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」が発売され、売れてます

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

売れてます!2016年売れ行きベスト10に入るのは間違い無し!開発者に嬉しい、サーバーレスな「クラウドネイティブ・アプリケーション開発」に役立つ「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」が発売中!

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

最新技術トレンドのサーバーレスアーキテクチャを活かした、AWSのフルマネージドサービスのみを利用したサービス構築方法を提供する、2016年4月25日時点で最も役立つAWS本「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」は、開発者に嬉しい内容です。

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

開発者に嬉しい、AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法を提供する、2016年4月22日時点で最も役立つAWS本「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

P5 に記載されている通り、

AWSのフルマネージドサービスのみを利用してサービスを構築する方法

を記載しているのが大きな特徴の書籍です。
今までのAWS本とは一線を画す本である、とも言えます。
開発者向け、という言い方も可能ですね。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年4月22日時点で最も役立つAWS本が登場!「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

現時点で最も役立つAWS本が発売開始!「Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく」

先行販売を待ってましたが(苦笑)
予定通りに今日発売でした。書店に一斉に並んでいるので、
帰宅時に買って帰る人も多いかと思います。

非常に旬なAWSサービスを利用した
開発にフォーカスした書籍です。
当然ですが、Lambda、API Gatewayに結構紙面を割いてます。

また、AWS IoT(P278〜)、Amazon Machine Learning(P214〜)なども
漏れさずに掲載されてます。

今から優先的に読みたいのは、以下です。

・API Gatewayを利用した3-Tierアーキテクチャ(P20〜)
 メリット、デメリットにも触れられてます。
・API Gateway P98〜
・Lambda(P158〜)
・☆☆☆☆☆
 API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
・DynamoDBとApple Watchによる健康情報収集
 KibanaやElasticSearch サービスも出てます。
・Dynamo DB(P132〜)
 
その他のサービスやアプリケーション例も盛りだくさんです。
現時点で最も役立つAWS本だ!と思います。

ちなみに、この1冊で4,000円切ってますので、
今日から創刊となった月刊定期購読誌「日経クラウドファースト」より
安いので、まずは
これを買ってから、「日経クラウドファースト」を
購入するか、考えてもいい気がします(^^)

◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

売れ続けています「AWSエキスパート養成読本」、Lambda、Elastic SearchやAPI Gatewayなどの実用ネタが、全て書き下ろしで掲載されてます。

既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。

◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

東京先行販売開始!早くもとぶように売れていたのですかさず買った!「AWSエキスパート養成読本」はすべて書き下ろしの記事です。

東京の大型書店では、
AWSエキスパート養成読本が先行販売となり、
さっそく、かなりの売れ行きでした。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3などと違った、これから旬になる季節をおもわせる内容でした。

Kinesis,DynamoDBなども。
そして、Lambdaも当然のように、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

新しいAWS Price List APIは、コスト見直しに役立つサービスです。

今年も終わりが近づいており、
下期(9月〜3月)の半分が終わるので、
4月から始まる上期に向けて、計画策定を始めるに当たって、
良いサービスが発表されました。


【AWS発表】新しいAWS Price List API
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/12/new-aws-price-list-api.html

Amazonクラウドの最新価格表をJSONやCSVで取得できる「AWS Price List API」がリリース
http://www.publickey1.jp/blog/15/amazonjsoncsvaws_price_list_api.html



◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -

◎Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築:2,916円
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 -
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 -

◎Amazon Web Services 徹底活用ガイド:2,592円
Amazon Web Services 徹底活用ガイド (日経BPムック) -
Amazon Web Services 徹底活用ガイド (日経BPムック) -
posted by アンドレアス at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

先行販売開始!早速買ってきました「Amazon Web Services実践入門」

発売が1か月遅れましたが、
ようやく発売。

待ち遠しかったぞー。

さて、内容は、実務に携わる執筆陣ゆえ、
キメが細かく、実務に役立ちます。

新人の方や中途採用でAWS初めて、という
人には、

「これ、全部読んでおいて」と渡しておいて、
自力解決可能なように、まず基礎を学習してもらうと
良いと思います。

ところで、1人、仕事で顔を合わせた方がいました(^^)。

詳細なレビューは、あとで追記しますが、
基礎本というばかりではありません。

VPC Peeringや11章 Billingの P329データ転送量課金モデルの図も
ぱっと見た瞬間、
いい、これー
と思いました。

AWS関わっている人は、
手元に置いておくべき1冊であることは、間違いありません。


◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -

◎Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築:2,916円
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 -
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 -

◎Amazon Web Services 徹底活用ガイド:2,592円
Amazon Web Services 徹底活用ガイド (日経BPムック) -
Amazon Web Services 徹底活用ガイド (日経BPムック) -
posted by アンドレアス at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

2015年8月現在、依然として、AWS本No1「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」は、机の上に置いておくべき1冊です。

AWS本の出版ラッシュは、止まっていますが、
AWS を使用するトレンドは留まることを知らない状態ですね。


・IAM Roleでのリソース操作を、
 Policy Simulatorでテスト出来るようになっています。ttp://dev.classmethod.jp/cloud/aws/test-iam-role-by-running-policy-simulator/

「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」は、
中級者向けですが、初心者にも役立つ書籍です。

今も売れ続けています。
AWS No1書籍はこれです。


VPCに関する部分も、現在発売されているAWS書籍では、
一番実務に役立つと思います。

P365〜IAMに関して触れていて、
MFA(多要素認証)や2015年2月に提供された
新ポリシー「IAMマネージドポリシー」の事も
記載されています。
従来のインラインポリシーとの違い、とか。

P378から外部からの攻撃対策として、
エージェント型のTrend Micro Deep Securityや
リバースプロキシ型のSophos UTMのことも
出ています。

これだけ書けば、買うべきだとわかるでしょう(^^)。

少なくとも、会社費用で買ってもらいましょう。

AWSに関わっているならば、必読の1冊です。



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

AWS Summit Tokyo 2015は、1番インパクトが強かったのは、Lambdaで文句なし。ゼロインフラストラクチャー、というキーワードも記憶に残った。

Lambdaのインパクトは強かったです。

まずは、リンクを。
セッションでも使用されていた資料です。

AWS Lambdaを紐解く
http://www.slideshare.net/keisuke69/aws-lambda-46129981

しばらく触っていなかったNode.jsを朝から
Fedora22で、触り始めました。


◎はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する:3,132円
はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する- -
はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する- -


◎シングルページWebアプリケーション ―Node.js、MongoDBを活用したJavaScript SPA:4,104円
シングルページWebアプリケーション ―Node.js、MongoDBを活用したJavaScript SPA -
シングルページWebアプリケーション ―Node.js、MongoDBを活用したJavaScript SPA -

posted by アンドレアス at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

やっぱり、行って良かったと思えるイベント・セッションって、あるよなー、と思った AWS Summit Tokyo 2015。

あ、レポートは明日書きます(^^)

非常に、面白かったです。

それと、小ネタもたくさん聞けて良かった。

やっぱり、行って良かったと思えるイベント・セッションって、あるよなーと
思いました。

LambdaとKinesisって、使い込みたいな。

あと、S3。

1TBで4円ほどなんですね。
WordPressを静的ファイルに出力する
StaticPressって、あるんですね。

風呂グラマーの増井さんと池澤あやかさんの
話の中で出てきたけど、

いい話聞いた。

S3で静的ファイルを置いておこう。

明日も行くぞー、雨みたいだけど・・。

◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

AWS本No1「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」とDeveloppers I/Oを毎日見ているだけで、AWSの基本的な知識と中級者レベルは、一通りこなせそうな気がします

あとで、読もう、IAMネタ見つけた。

IAM Roleでのリソース操作をPolicy Simulatorでテスト出来るようになりました。ttp://dev.classmethod.jp/cloud/aws/test-iam-role-by-running-policy-simulator/

最近、見る時間が無いんだな〜。


「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」は、
中級者向けですが、初心者にも役立つ書籍です。

今も売れ続けています。

VPCに関する部分も、現在発売されているAWS書籍では、
一番実務に役立つと思います。

P365〜IAMに関して触れていて、
MFA(多要素認証)や2015年2月に提供された
新ポリシー「IAMマネージドポリシー」の事も
記載されています。
従来のインラインポリシーとの違い、とか。

P378から外部からの攻撃対策として、
エージェント型のTrend Micro Deep Securityや
リバースプロキシ型のSophos UTMのことも
出ています。

これだけ書けば、買うべきだとわかるでしょう(^^)。

少なくとも、会社費用で買ってもらいましょう。

AWSに関わっているならば、必読の1冊です。



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

何回も言うけど、No1 AWS本は、これです。



(追記)DeepSecurityネタが出ました。

DeepSecurityでシステムを守る運用を幾つか
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.slideshare.net/hirokazu007/ds-20150523-jawsug



「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」は、
中級者向けですが、初心者にも役立つ書籍です。

今も売れ続けています。

VPCに関する部分も、現在発売されているAWS書籍では、
一番実務に役立つと思います。

P365〜IAMに関して触れていて、
MFA(多要素認証)や2015年2月に提供された
新ポリシー「IAMマネージドポリシー」の事も
記載されています。
従来のインラインポリシーとの違い、とか。

P378から外部からの攻撃対策として、
エージェント型のTrend Micro Deep Securityや
リバースプロキシ型のSophos UTMのことも
出ています。

これだけ書けば、買うべきだとわかるでしょう(^^)。

少なくとも、会社費用で買ってもらいましょう。

AWSに関わっているならば、必読の1冊です。



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

新入社員の人達にも売れている、No1 AWS本!既にAWSを使っていて、IAMやIDS/IPSなども使おうかと検討しているエンジニア向け。

中級者向けだけども、初心者にも役立つ書籍です。

今も売れ続けています。

VPCに関する部分も、現在発売されているAWS書籍では、
一番実務に役立つと思います。

P365〜IAMに関して触れていて、
MFA(多要素認証)や2015年2月に提供された
新ポリシー「IAMマネージドポリシー」の事も
記載されています。
従来のインラインポリシーとの違い、とか。

P378から外部からの攻撃対策として、
エージェント型のTrend Micro Deep Securityや
リバースプロキシ型のSophos UTMのことも
出ています。

これだけ書けば、買うべきだとわかるでしょう(^^)。

少なくとも、会社費用で買ってもらいましょう。

AWSに関わっているならば、必読の1冊です。



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

(メモ)CentOS7 + Nginx-1.8.0 環境

#rpm -qa | grep nginx
#nginx-filesystem-1.6.3-1.el7.noarch
#nginx-1.6.3-1.el7.x86_64

# yum -y install nginx

# rpm -qa | grep nginx
nginx-1.8.0-1.el7.ngx.x86_64


nginx-filesystemは、1.6.3しかインストールされないので、削除した。
どうしても必要ならば、インストールする。


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

No1 AWS本として売れ続けてます!既にAWSを使っていて、IAMやIDS/IPSなども使おうかと検討しているエンジニア向け。

中級者向けだけども、初心者にも役立つ書籍です。

今も売れ続けています。

VPCに関する部分も、現在発売されているAWS書籍では、
一番実務に役立つと思います。

P365〜IAMに関して触れていて、
MFA(多要素認証)や2015年2月に提供された
新ポリシー「IAMマネージドポリシー」の事も
記載されています。
従来のインラインポリシーとの違い、とか。

P378から外部からの攻撃対策として、
エージェント型のTrend Micro Deep Securityや
リバースプロキシ型のSophos UTMのことも
出ています。

これだけ書けば、買うべきだとわかるでしょう(^^)。

少なくとも、会社費用で買ってもらいましょう。

AWSに関わっているならば、必読の1冊です。



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

(5月11現在)No1 AWS本です。既にAWSを使っていて、IAMやIDS/IPSなども使おうと考えているエンジニア向け。

発売から2か月ほど経過しましたが、
以前AWS本ではNo1だと思います。

一見、中級者向け、の書籍です。
(しかし、AWS初心者にも十分使えます。
 特に、VPS作成からの説明も豊富ですから、AWSに関わるなら、
 机の上に置いておきたい1冊です)

VPCに関する部分は、現在発売されているAWS書籍では、
一番実務に役立つと思います。

だから買わないといけない。
だから買うと元がとれます。

P365〜IAMに関して触れていて、
MFA(多要素認証)や2015年2月に提供された
新ポリシー「IAMマネージドポリシー」の事も
記載されています。
従来のインラインポリシーとの違い、とか。

P378から外部からの攻撃対策として、
エージェント型のTrend Micro Deep Securityや
リバースプロキシ型のSophos UTMのことも
出ています。

これだけ書けば、買うべきだとわかるでしょう(^^)。

少なくとも、会社費用で買ってもらいましょう。

AWSに関わっているならば、必読の1冊です。



◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド:3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -


◎情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門:2,970円
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
情シス・マネジャーのための早わかりAWS入門 -
posted by アンドレアス at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Amazon Web Services | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする