2015年10月08日

ほとんどAWS、ときどきVMware。もう、VMware上で仮想マシンをつくることも無いかなと思っていたが・・

マシン台数の多い企業だと、まだまだVMware上に
仮想マシンを構築している企業もあるかと思います。

とはいえ、AWSやAzureなどのパブリッククラウドが
全盛の今、わざわざVMware上に新規サーバを構築する
場合、「何らかの条件」が存在する場合のみ、
構築するようになってます。

なので、久しぶりにVMwareを触ることになりそうです。

vCenter、vSphere Clientは、たまに触ることがありますが、
すっかり仮想スイッチ(分散仮想スイッチ)回りは、
名称含めて、あやふやなので、これを機に
再度確認しておこうと思います。

◎できるPRO VMware vSphere 6:3,672円
できるPRO VMware vSphere 6 (できるPROシリーズ) -
できるPRO VMware vSphere 6 (できるPROシリーズ) -


◎改訂新版VMwareの基本~仮想化/クラウドのための設計・構築・運用のポイントがわかる:2,678円
改訂新版VMwareの基本~仮想化/クラウドのための設計・構築・運用のポイントがわかる -
改訂新版VMwareの基本~仮想化/クラウドのための設計・構築・運用のポイントがわかる -

◎VMwareハイブリッドクラウド徹底活用ガイド ~vCloud Airで構築するこれからのITインフラ~ :3,024円
VMwareハイブリッドクラウド徹底活用ガイド ~vCloud Airで構築するこれからのITインフラ~ (日経BPムック) -
VMwareハイブリッドクラウド徹底活用ガイド ~vCloud Airで構築するこれからのITインフラ~ (日経BPムック) -



posted by アンドレアス at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Lua | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

3連休前に、読書三昧。入門Luaプログラミング。繰り返し処理

5.if文

#!/usr/bin/lua

chokin = 100000

if chokin > 10000 then
tsukau = 10000
chokin = chokin - tsukau
elseif(chokin<=1000) then
tsukau = chokin
else
tsukau = 0
end

print(tsukau)
print(chokin)



6.繰り返し処理。while文

#!/usr/bin/lua

idx = 1
while(idx<=10) do
a = idx*idx
print(a)
idx = idx +1
end



◎入門Luaプログラミング:円
C言語の知識が必要となる上級コースもあります(11、12章)
入門Luaプログラミング [単行本] / 上野 豊 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)

2.




◎Programming in Lua プログラミング言語Lua公式解説書:4,830円
Programming in Lua プログラミング言語Lua公式解説書 [大型本] / Roberto Ierusalimschy (著); 新丈 径 (翻訳); アスキー・メディアワークス (刊)


7. break文

#!/usr/bin/lua

idx = 1
while(idx<=10) do
a = idx*idx
print(a)

if (a>20) then
break
end

idx = idx +1
end


8.for文・・・インクリメントとデクリメントの2パターン

#!/usr/bin/lua

for idx=1,10 do
a = idx*idx
print(idx,a)
end

print("==================")

for x=10,1,-1 do
b = x*x
print(x,b)
end



posted by アンドレアス at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Lua | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

(追加)日曜日には、Luaを使う・・・久しぶりにLuaを使いますが、まるで忘れてますね(^^)

$ cat lua1.lua

kingaku = 100
days = 365
chokin = kingaku * days
print("Chokin:",chokin)
print(chokin)


●実行

$ lua lua1.lua

Chokin: 36500
36500


これで終わりではないので、また後で。

当分、ここに追記していきます。

テーブルのところまでは、今日中に。

■入門Luaプログラミング:2310円
 元々、この本を買った最大の理由は、ダイクストラアルゴリズムを
 とりあげ、それをLuaでどう記述していくか、が書かれていたので、
 当時の私(3年前でしたっけ)が即効で買ったのでした。
入門Luaプログラミング [単行本] / 上野 豊 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)


■Programming in Lua プログラミング言語Lua公式解説書:4830円
Programming in Lua プログラミング言語Lua公式解説書 [大型本] / Roberto Ierusalimschy (著); 新丈 径 (翻訳); アスキー・メディアワークス (刊)

■スクリプト言語による効率的ゲーム開発 新訂版 (LuaとC/C++連携プログラミング):3675円
スクリプト言語による効率的ゲーム開発 新訂版 (LuaとC/C++連携プログラミング) [大型本] / 浜中 誠 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)


追記です。
だいぶん、追加しました。

・コメント
・pairs関数
・汎用forループ
・データベースの検索と結果表示


$ cat lua1.lua

--[[
This is comment.
comment
comment
]]--


kingaku = 100
days = 365
chokin = kingaku * days
print("Chokin:",chokin)
print(chokin)

print("------------------------")

player = {name="",firstname="",pos="mf",no=20,age=25,club="cska"}
player5 = {name="uchida",firstname="uchi",pos="mf",no=4,age=24,club="syaruke"}

print(player5.name)
print(player5.club)

print("------------------------")

for key,val in pairs(player) do
out = string.format("%-20s%s",key,val)
print(out)
end




print("------------------------")


members = {
{name="honda",age=25},
{name="kagawa",age=23},
{name="nagatomo",age=24},

}


selected = {}


for idx=1,table.getn(members) do
if(members[idx].age < 30) then
table.insert(selected,members[idx])
end

end

for idx=1,table.getn(selected) do
out = selected[idx].age .. "\t\t" .. selected[idx].name
print(out)
end

■参考書籍:入門Luaプログラミング(最初〜第5章 P100まで)

入門Luaプログラミング [単行本] / 上野 豊 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)
posted by アンドレアス at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Lua | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする