2018年05月11日

Excel VBAでIEを操作する。(1)クローラー的なものを作成して、Excelファイルに保存する。

ひとまず、メモです。


Sub OpenIE()
Dim ie As Object

Set ie = CreateObject("InternetExplorer.Application")
ie.Visible = True

End Sub

Sub OpenURL()
Dim ie As InternetExplorer
Set ie = CreateObject("InternetExplorer.Application")

ie.Visible = True
'' ie.Navigate "https://www.yahoo.co.jp/search?p=" & ActiveSheet.Cells(1, 1).Value
ie.Navigate "https://www.google.co.jp/search?p=" & ActiveSheet.Cells(1, 1).Value
''https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7YWOTFzJ_JaKAQAGkSCcQF8?p=%E5%BA%83%E7%80%AC%E3%81%99%E3%81%9A&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E5%BA%83%E7%80%AC&at=s&aa=&ai=quRcPSdxSp6EZ0pHB1gYoA&ts=2744&mfb=1205_67b
''https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=E2rzWtVMhJjzBbiLvJAC&q=%E5%BA%83%E7%80%AC%E3%81%99%E3%81%9A&btnK=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&oq=%E5%BA%83%E7%80%AC%E3%81%99%E3%81%9A&gs_l=psy-ab.12..0l2j0i131k1j0j0i131k1j0l3.92894.95957.0.106983.14.12.1.1.1.0.191.1391.0j10.10.0....0...1c.1j4.64.psy-ab..3.11.1280...0i4k1j0i4i37k1j0i4i10i37i42k1j0i4i10i37k1j0i23k1j0i10i42k1j0i10k1.0.UalS4xzn7LU
End Sub

Sub ie_test() 'IEテスト
Dim objIE As Object
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
objIE.Visible = True

objIE.Navigate "http://google.co.jp/"

While objIE.ReadyState <> 4 Or objIE.Busy = True
DoEvents
Wend

objIE.Document.getElementsByName("q")(0).Value = ActiveSheet.Cells(1, 1).Value
End Sub

'三流も参考
Sub WaitTest()
Dim ie As InternetExplorer

Set ie = CreateObject("InternetExplorer.Application")
ie.Visible = True

ie.Navigate "http://book.impress.co.jp/appended/3384/4-7.html"

Do While ie.Busy Or ie.ReadyState < READYSTATE_COMPLETE
Debug.Print ie.Busy & ":"; ie.ReadyState
DoEvents
Loop

MsgBox ie.Document.body.innerText
End Sub

'P64

Sub SearchIE1()
Dim colSh As Object
Dim win As Object
Dim strTemp As String
Dim objIE As Object
Set colSh = CreateObject("Shell.Application")
For Each win In colSh.Windows
If TypeName(win.Document) = "HTMLDocument" Then
If InStr(win.Document.Title, "Yahoo! JAPAN") > 0 Then
Set objIE = win
Exit For
End If
End If
Next

If objIE Is Nothing Then
MsgBox "探しているIEはありません。"
Else
MsgBox objIE.Document.Title & "がありました。"
End If
End Sub
posted by アンドレアス at 08:12| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PowerCLI再び・・・(その2)復習 NTP設定関連

リンクをメモしました。

まずは、Get-Wmiobject ですね。


$TimeZone = (Get-Wmiobject -NameSpace root\CIMV2 -Class Win32_TimeZone).caption
echo $TimeZone

$NTP_Param = Get-ItemProperty HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\Parameters

echo $NTP_Param.NtpServer

echo $NTP_Param.Type <=これは不要な気がする。

$NTP_Cliant = Get-ItemProperty HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\TimeProviders\NtpClient
switch($NTP_Cliant.Enabled){
0{$NTP_Cliant.Enabled = "無効"}
1{$NTP_Cliant.Enabled = "有効"}
default{$NTP_Cliant.Enabled = "不明"}
}
echo $NTP_Cliant.Enabled


$NTP_Cliant = Get-ItemProperty HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\TimeProviders\NtpClient
echo ([string]($NTP_Cliant.SpecialPollInterval) + " 秒 (" + [string]($NTP_Cliant.SpecialPollInterval / 60 / 60 /24) + " 日)" )


【参考】https://www.itc109.com/knowledge/powershell/ps-get-ntp


【参考】https://mseeeen.msen.jp/set-ntp-server-with-command-in-windows-server/
W32timeサービスの標準の動作として ActiveDirectory ドメイン環境に属しているかどうかにより起動か停止が判定されます。

【参考】HTTP経由でのNTP時刻合わせ(PowerShell利用)
https://qiita.com/suitap/items/e4726ef827499e99caa9


◎Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第2版:円
Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第2版 -
Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第2版 -

◎Pro PowerShell for Database Developers 2015 :5,723円
Pro PowerShell for Database Developers 2015 -
Pro PowerShell for Database Developers 2015 -
posted by アンドレアス at 06:28| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AnsibleでESXi上にVM作成(1)


まず、リンクを。

1.Ansible で ESXi を操作してみる[VM作成編]
https://qiita.com/hirofumihida/items/177dd47c5834477b85ec
ansible-playbook site.yml -i esx-host

2.AnsibleでESXiの仮想マシン作成など操作してみる
https://qiita.com/ynishimura0922/items/d429e1facd0dd3541fba
ansible-playbook vm.yml



そして、今から作成開始します。


◎Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現:円
Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現 -
Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現 -


◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 06:24| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

SQL Serverのメモリ関連について調べる(1)

一般人ブログの場合、似たような情報しか無いですね(^^)。
やはり本家本元のMicrosoftや@IT(古いけど)には、
詳細な仕様の説明があるので、役立ちます。

せっかくなので、リンクをメモっておきました。


1.サーバー メモリに関するサーバー構成オプション
SQL Server に対する最大メモリ容量の指定
例 B: 現在のメモリ割り当てを確認する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/configure-windows/server-memory-server-configuration-options?view=sql-server-2017



2.DBCC MEMORYSTATUS コマンドを使用して SQL Server 2005 のメモリ使用量を監視する方法
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/907877/how-to-use-the-dbcc-memorystatus-command-to-monitor-memory-usage-on-sq



3.SQL Server を再起動しないで使用中のメモリを解放する方法
https://www.projectgroup.info/tips/SQLServer/MSSQL_00000018.html

定期的に行いたい場合、コマンドで実行可能。
メモリの最大値を小さくする
本番稼働中の場合、 512MB 程度より小さくしない方がいいかも




4.都内で働くSEの技術的なひとりごと
SQL Server のメモリの状態を簡単に確認してみる
http://ryuchan.hatenablog.com/entry/2015/09/01/020340


5.Microsoft SQL Server のメモリ使用量のチューニング
https://success.trendmicro.com/jp/solution/1308038



6.SQL Server 2000 チューニング全工程(1):メモリの自動チューニング機能を完全に把握しよう (3/3)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0407/31/news024_3.html


SQL Serverの管理するリソースの中で、最も重要なのがメモリ上のアドレス空間。
SQL Serverのアドレス空間は、
・SQL Serverのシステムが使用している実行コードの領域とメモリプールの2つの領域から構成され、
それぞれに複数の構成要素が含まれています。
このアドレス空間の中で、
・動的にサイズが変更される領域がメモリプール


メモリ プール内に割り当てられる領域の主な役割

表1 6つ
SQL Serverが管理するキャッシュの利用状況を調べるには、
DBCC SQLPERFステートメントでLRUSTATSオプション



7.再起動することなくSQL Serverが確保したメモリを解放する
https://ameblo.jp/tech-note/entry-11208938612.html
デフォルト値として、[最大サーバー メモリ(MB)]はSQL Server が認識できる最大値が入っているらしい。
SQL Server 稼働中にでも実行できる。
SQL Server 2008R2
[最大サーバー メモリ(MB)]の値はストアードプロシージャで変更可能。
ストアードプロシージャは次の通り。



以下は、自分のリンク。探すのが手間なので(^^)
【参考】SQL Serverコマンド(抜粋その1)、復習中です。
http://linuxcommand2007.seesaa.net/article/452723846.html?1525903816



◎SQLServer2012逆引き大全515の極意:円
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
◎SQL Server 2016の教科書 開発編:3,888円
SQL Server 2016の教科書 開発編 -
SQL Server 2016の教科書 開発編 -

◎SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応:3,996円
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -


posted by アンドレアス at 07:16| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

行列のできる法律相談所の肛筋トレーナーの久嬢 由起子さんの面白かった!明日、本買いに行こう!

行列のできる法律相談所の肛筋トレーナーの久嬢 由起子さんの
ところ、凄く面白かった!

いやー、意外な着眼点からの鍛え方(トレーニング)ですね。

誰も、そこに目をつけなかったので、驚きと感心の両方がありました。



◎やせたいなら肛筋を鍛えなさい:1,350円

やせたいなら肛筋を鍛えなさい
やせたいなら肛筋を鍛えなさい

◎やせたいなら!健康でいたいなら!肛筋を鍛えなさい DVD:円
やせたいなら!健康でいたいなら!肛筋を鍛えなさい
やせたいなら!健康でいたいなら!肛筋を鍛えなさい



◎美尻トレ 究極のヒップメイク:1,404円

美尻トレ 究極のヒップメイク
美尻トレ 究極のヒップメイク


ちょうど、スクワットと併用して
トレーニングしよう。

かなり筋肉がつりそうだけど、最初は。
posted by アンドレアス at 21:55| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

PowerCLI再び・・・(その1)復習

6、7年前はよく使っていた時期がありましたが、
既に記憶の片隅に残っていない感があり、
まずは、復習から。


@PowerCLI
http://d.hatena.ne.jp/kt_hiro/20121019/1350631006

http://blog.bit-isle.jp/bird/2015/01/436

VMware Docs
https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/index.html#com.vmware.wssdk.apiref.doc/vim.vm.GuestOsDescriptor.GuestOsIdentifier.html



Connect-VIServer -User jackbauer -Password password 192.168.100.100

状態確認

VM一覧取得
Get-VM

特定VMの情報取得
Get-VM -Name "VM name" | Select-Object Name,PowerState,NumCpu,MemoryDB


データストアパス取得
Get-Datastore | Select-Object DatastoreBrowserPath


VMホスト一覧取得(物理ブレード一覧取得)
Get-VMHost

インベントリ取得
Get-Inventory


作成
@New-VM -name 'testsv4021' -vmhost (Get-VMHost -Name 192.168.200.200) -Datastore 'datastore' -NumCpu 2 -DiskMB(1024*30) -MemoryMB (1024*2) -DiskStorageFormat 'thin' -GuestID 'winNetStandardGuest'

ANew-VM -Name vm-test -vmhost esx003 -NumCpu 1 -Datastore vsanDatastore -DiskGB 10 -MemoryGB 4 -DiskStorageFormat Thin -GuestID windows
7Server64Guest -Location "Discovered virtual machine" -NetworkName "vCenter network"


メモリ変更(複数変更に使用可能)
Get-VM -name "testsv0421" | foreach {Set-VM -VM $_ -MemoryMB (1024*2)}

CPU変更

ディスク追加


VM停止(複数停止に使用可能)
Get-VM -name "testsv0421" | foreach {Stop-VM -VM $_}


Remove-VM -VM "testsv0421" -Confirm:$false


データストア上のvmxファイルからvCenterのインベントリに登録する

テンプレートから128台の仮想マシンをクローンする(仮想マシン名vm-1〜vm-128)

・仮想ネットワーク・アダプタの接続ポート・グループをまとめて切り替える


取得から1ヶ月以上経過した古いスナップショットを削除する

パフォーマンスデータをCSVに書き出す


・「VMware Tools のインストール」状態(CDマウント)のままになっている仮想マシンを一覧化





◎ソフトウェアデザイン 2018年5月号:円
ソフトウェアデザイン 2018年5月号
ソフトウェアデザイン 2018年5月号


平行して以下も同時に学習中です。
PowerShellではなく、Pythonでいいやん!という話もあるのですが、
実行環境にPythonをインストール、という点があるので、
PowerShellでのスクレイピングを先に確認する必要が・・・・という事情。


PowerShellでスクレイピング 前編 文字列を取得する
http://winscript.jp/powershell/304

PowerShellでスクレイピング 後編 HTMLをパースする
http://winscript.jp/powershell/305

Invoke-WebRequest だけ。

Invoke-WebRequest -Uri "http://www.yahoo.co.jp/"

Invoke-WebRequest -Uri "http://www.yahoo.co.jp/" -OutFile "E:\yahoo.txt"

(Invoke-WebRequest -Uri "http://www.yahoo.co.jp/").Links.Href




Invoke-WebRequest "https://www.google.co.jp/search?q=$([Uri]::EscapeDataString($searchWord))"

Invoke-WebRequest "https://www.google.co.jp/search?q=$([Uri]::EscapeDataString($広瀬すず))"


$client=New-Object System.Net.WebClient
$client.Encoding = [System.Text.Encoding]::UTF8
$content = $client.DownloadString("http://www.yahoo.co.jp/")


PS C:\Users\Jack> history

Id CommandLine
-- -----------

6 $client=New-Object System.Net.WebClient
7 $client.Encoding = [System.Text.Encoding]::UTF8
8 $content = $client.DownloadString("http://www.yahoo.co.jp/")
9 $content


A値の取得
 取得した値を変数に入れる。変数はハッシュか?個別に変数用意しておくか?

Import-Csv E:\24.csv.txt

Import-Csv E:\24.csv.txt -Header "name","Fullname","age"

タブ区切り
Import-Csv E:\24tab.csv.txt -Header "name","Fullname","age" -Delimiter `t



Import-Csv E:\24.csv.txt -Header "name","Fullname","age" | foreach{Write-Output $_.Fullname}





grepコマンドとPowerShellのsls (Select-String)の比較
http://tech.sanwasystem.com/entry/2016/07/05/185717

WindowsのタスクスケジューラーでPowerShellのスクリプトを実行する際には「パス」に注意
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1412/03/news125.html




【 Register-ScheduledTask 】コマンドレット――タスクスケジューラで実行する新しいタスクを作成する
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/01/news029.html



posted by アンドレアス at 07:39| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

本日発売!ソフトウェアデザイン 2018年5月号、今から買いに行って真っ先に読むのは・・・これ!“速い”データベースの作り方 だ!

第1特集 パフォーマンスを向上させるテーブル設計とSQL
“速い”データベースの作り方 、を真っ先に読みます。

さて、どこで読もうかな・・・・



◎ソフトウェアデザイン 2018年5月号:円
ソフトウェアデザイン 2018年5月号
ソフトウェアデザイン 2018年5月号



◎ソフトウェアデザイン 2018年4月号:円
ソフトウェアデザイン 2018年4月号
ソフトウェアデザイン 2018年4月号
posted by アンドレアス at 15:13| Comment(0) | vi上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

(問題形式)追加ディスク(3つ)にLVM設定を行いなさい。

問題形式にしました。
問1)
以下のようなディスク構成で、LVMを作成しなさい。
既に、sdaは利用中。
追加されるディスクが、sdb,sdc,sddとする。

/dev/sda 20GB
/dev/sdb 20GB
/dev/sdc 5GB
/dev/sdd 5GB


◆LVM・・・最終的に以下となるように。
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root: 18.8 GB

/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap: 2147 MB

/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1: 32.2 GB

◆LVM・・・最終的に以下となるように。
df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root
18G 861M 16G 6% /
tmpfs 931M 0 931M 0% /dev/shm
/dev/sda1 477M 28M 425M 7% /boot
/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1
30G 29M 28G 1% /elt1

◆LVM・・・最終的に以下となるように。
cat /etc/fstab

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Fri Jun 23 19:05:39 2017
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root / ext4 defaults 1 1
UUID=5edbc4ae-83c4-471a-ab97-5bb99cf209e7 /boot ext4 defaults 1 2
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap swap swap defaults 0 0
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
UUID=226a763d-9417-46a6-abc5-c1a3eccdee02 /elt1 ext4 defaults 0 0

◆最終的に以下となるように。pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 vg_c69aide lvm2 a--u 19.51g 0
/dev/sdb1 vg_elt1 lvm2 a--u 19.99g 0
/dev/sdc1 vg_elt1 lvm2 a--u 4.99g 0
/dev/sdd1 vg_elt1 lvm2 a--u 4.99g 0
# vgs
VG #PV #LV #SN Attr VSize VFree
vg_c69aide 1 2 0 wz--n- 19.51g 0
vg_elt1 3 1 0 wz--n- 29.98g 0
# lvs
LV VG Attr LSize Pool Origin Data% Meta% Move Log Cpy%Sync Convert
lv_root vg_c69aide -wi-ao---- 17.51g
lv_swap vg_c69aide -wi-ao---- 2.00g
lv_elt1 vg_elt1 -wi-ao---- 29.98g

◆最終的に以下となるように。正しUUIDは一致しなくても良い。
blkid
/dev/sda1: UUID="5edbc4ae-83c4-471a-ab97-5bb99cf209e7" TYPE="ext4"
/dev/sda2: UUID="x4N0Qc-t9R5-FCBu-HcDe-0eUU-Ezan-bz69b7" TYPE="LVM2_member"
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root: UUID="83ecf943-a408-42e6-9cc7-8a79f1066546" TYPE="ext4"
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap: UUID="7c0dca76-5c44-4825-9571-ce85aefc7e7d" TYPE="swap"
/dev/sdb1: UUID="WVGOlw-K6io-g0OR-hCtv-ZgB8-0Ho8-nFhmxQ" TYPE="LVM2_member"
/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1: UUID="226a763d-9417-46a6-abc5-c1a3eccdee02" TYPE="ext4"
/dev/sdc1: UUID="LNjN2Y-8MGY-VY0Q-q48M-evSL-J21l-g9blX6" TYPE="LVM2


◆与えられた環境
cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.9 (Final)

◆与えられた環境
df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root
18G 861M 16G 6% /
tmpfs 931M 0 931M 0% /dev/shm
/dev/sda1 477M 28M 425M 7% /boot

fdisk -l

ディスク /dev/sda: 21.5 GB, 21474836480 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 2610
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x0000ba79

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 * 1 64 512000 83 Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2 64 2611 20458496 8e Linux LVM

ディスク /dev/mapper/vg_c69aide-lv_root: 18.8 GB, 18798870528 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 2285
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


ディスク /dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap: 2147 MB, 2147483648 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 261
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000

pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 vg_c69aide lvm2 a--u 19.51g 0

vgs
VG #PV #LV #SN Attr VSize VFree
vg_c69aide 1 2 0 wz--n- 19.51g 0

lvs
LV VG Attr LSize Pool Origin Data% Meta% Move Log Cpy%Sync Convert
lv_root vg_c69aide -wi-ao---- 17.51g
lv_swap vg_c69aide -wi-ao---- 2.00g

◆回答@ 一気に3つディスク追加(こういうケースは無い気もするが、もしも・・・)

着眼点は、1、2、3。

1./dev/mapper/ボリュームグループ名_ホスト名-lv

/dev/mapper/vg_c69aide-lv

/dev/mapper/vg_c69aide-lv_root
/dev/mapper/vg_c69aide-lv_swap

/dev/sda2 64 2611 20458496 8e Linux LVM

2.ディスクの確認 個数

/dev/sda

fdisk -l
ディスク /dev/sda: 21.5 GB, 21474836480 バイト

3.物理ボリューム、ボリュームグループ、論理ボリュームの関係

lv_root vg_c69aide -wi-ao---- 17.51g
lv_swap vg_c69aide -wi-ao---- 2.00g

pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 vg_c69aide lvm2 a--u 19.51g 0


そして、
ディスクは3つ追加する
各々1つパーティションを作成する。
3つ作成したパーティションは、ボリュームグループ名「vg_elt1」で1つにまとめる。


論理ボリューム名「lv_elt1」を、
ボリュームグループ名「vg_elt1」にマッピングする。


blkidコマンドで、「/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1」のUUIDを確認する。

/etc/fstab

回答(最速)
fdisk /dev/sdb
fdisk /dev/sdc
fdisk /dev/sdd

pvcreate /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1

vgcreate vg_elt1 /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1

lvcreate --name lv_elt1 --size 2998M vg_elt1
lvextend -l +100%FREE /dev/vg_elt1/lv_elt1
mkfs.ext4 /dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1

ファイルシステム作成してないと、blkidコマンドで/dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1 のUUIDは表示されない。

/etc/fstab
UUID=60a936c9-25a3-426e-8550-fd17279a4dfc /elt1 ext4 defaults 0 0


回答A・・・1つ追加。次に1つ追加。最後に1つ追加

fdisk /dev/sdb
pvcreate /dev/sdb1
vgcreate vg_elt1 /dev/sdb1
lvcreate --name lv_elt1 -l +100%FREE vg_elt1

mkfs.ext4 /dev/mapper/vg_elt1-lv_elt1

注)
This filesystem will be automatically checked every 20 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.


2つ目ディスク追加。
fdisk /dev/sdc

pvcreate /dev/sdc1
vgextend vg_elt1 /dev/sdc1
lvextend -l +100%FREE /dev/vg_elt1/lv_elt1

resize2fs /dev/vg_elt1/lv_elt1c

最後の3つ目追加

【参考】
https://qiita.com/TsutomuNakamura/items/93c6333c8dd32aeb197a

◎日経Linux 2018年 5 月号:円
日経Linux 2018年 5 月号 -
日経Linux 2018年 5 月号 -

◎日経Linux 2018年 3 月号:円
日経Linux 2018年 3 月号 -
日経Linux 2018年 3 月号 -

【参考】
iwamocchan blog 「LVM の論理ボリュームを拡張する」
http://iwamocchan11.hatenadiary.jp/entry/2015/11/04/010752#HDD-%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88
posted by アンドレアス at 07:29| Comment(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

追加ディスクとLVM・・・再び

VMware Workstation Pro(無料でVMware社が配布している、かつてVMWare Playerと呼ばれていたもの)で
CentOS6.9を起動し、
1.ディスク追加、LVM作成、
2.更にディスク追加、LVM拡張

を行いました。
いくつかのWebサイトを参照しつつ、やはり分かりやすく
手順を記載している場合でも、
細かい確認のレベルではコマンドを全て記載されているわけでも
ないので、自分で手順を作成しておくのが良いですね。

今回は、2まで作成することにします。





◎日経Linux 2018年 5 月号:円
日経Linux 2018年 5 月号 -
日経Linux 2018年 5 月号 -

◎日経Linux 2018年 3 月号:円
日経Linux 2018年 3 月号 -
日経Linux 2018年 3 月号 -

【参考】
iwamocchan blog 「LVM の論理ボリュームを拡張する」
http://iwamocchan11.hatenadiary.jp/entry/2015/11/04/010752#HDD-%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88
posted by アンドレアス at 07:24| Comment(0) | よく使うコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PowerShellメモ(20180413)・・・日経NETWORKのバックナンバーを読みながら復習した記録

今日は、4月13日だ!

個人的な話はさておき、本題へ。

日経NETWORKのバックナンバーより、
2ページ連載していたPowerShellの連載を復習していました。
4/4〜
すっかり、忘れていたものが、記憶から蘇りました(^^)

以下はメモです。抜粋しておきました。
@Select-Object
AWhere-Object
BSort-Object
---------------------
Get-NetIPAddress

Get-NetIPAddress | Select-Object IPAddress

Get-NetIPAddress | Select-Object InterfaceAlias,IPAddress

Get-ChildItem -Recurse | Where-Object Length -ge 100000000

Get-ChildItem | Format-Wide -Column 5

Get-ChildItem -Recurse | Where-Object Length -ge 10000000 | Select-Object FullName,Length | Sort-Object Length -Descending | Export-Csv -Path E:\filelist20180404.csv -NoTypeInformation


Get-Command Format-* | Format-Table -AutoSize

Get-NetIPAddress | Format-Table -AutoSize

Get-NetIPAddress | Format-Table -AutoSize -GroupBy AddressFamily

Get-Command | Select-Object * | Out-GridView

Get-NetIPAddress | Select-Object IPAddress,InterfaceAlias | Where-Object InterfaceAlias -Like *イーサ*

Get-ChildItem -Recurse | Where-Object Length -ge 100000000 | Select-Object FullName,Length | Sort-Object Length -Descending | Export-Csv -Path E:\20180407.csv -NoTypeInformation

出力ファイルの1行目に、以下の行が出力されなくなる(させないでOK。不要な情報)
#TYPE Selected.System.IO.FileInfo

Get-ChildItem $env:windir\notepad.exe | Format-List -Property *

◆変数の扱い

$a=1
$b="1"
$c=$a+$b;$c

配列
$svc[25]
$svc.Name

$SVC.ForEach(If($_.Status -eq "Stopped"){Echo $_.Name}}


$SVC.Where{$_.Name -like "*Adobe*" }

$SVC.Where{$_.DisplayName -like "*Acro*" }

Whereの直後にスペースを入れるとエラーになる。

2018/4/7(土)
Test-NetConnection localhost -Port 445

4/9(月)
cd env:
dir
$env:Username

◆連想配列
$htable=@{Japan="Tokyo"; USA="Washington D.C"; Egypt="Cairo"}

$htable["Australia"] = "Canberra"

$htable.GetEnumerator() | Sort Name

$htable.Add("Jordan","Amman")

$htable.Remove("Jordan")

$24=Import-Csv -Header 1,2,3 .\24.csv -Encoding Default

$ht_24 = @{}

$24.ForEach{$ht_24[$_.1]=$_.3}

$ht_24.GetEnumerator().Where{$_.Name -like "*Jack*"}

foreach($name in $ar_names){Write-Host $name}

$ar_names | foreach{Write-Host

2018/4/12(木)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/23/news023.html
イベントログ「Application」のエラーのみ、CSVファイル形式で、Eドライブに出力する。

Get-EventLog Application | Where-Object {$_.EntryType -eq "Error"} | Export-Csv -
Encoding Default "E:\20180412_ApplicationLog.csv" -NoTypeInformation


Get-EventLog system | Group-Object Source | Sort-Object Count -Descending

Set-Location E:\
New-Item 20180412 -ItemType directory
New-Item 20180412.txt -ItemType file
New-Item 20180412.txt -ItemType file -Value "2018/4/12(木)"

今日から毎日使うのが以下。

==============================================================
Set-Location E:\

$now2=Get-Date -Format "yyyyMMdd_HHmm"
$foldername=$now2

==============================================================
Set-Location E:\

$now=Get-Date -Format "yyyy/MM/dd HH:mm:ss"
$today=Get-Date -Format "yyyyMMdd"
$fname = $today + ".txt"
New-Item $fname -ItemType file -Value $now -Force
==============================================================

▲最後が失敗した、FTPサーバ側(vsftpd)をPASSIVE MODE可能にしてもダメだった。
 後で、再度確認
$File = "20180412.csv"
$ftp = "ftp://jack:jack@10.102.10.14/"
Write-Host -Object "ftp url: $ftp"
$webclient = New-Object -TypeName System.Net.WebClient
$uri = New-Object -TypeName System.Uri -ArgumentList $ftp
Write-Host -Object "Uploading $File..."
$webclient.UploadFile($uri, $File)


【参考】
SQL Serverコマンド(抜粋その1)、復習中です。
http://linuxcommand2007.seesaa.net/article/452723846.html


◎SQLServer2012逆引き大全515の極意:円
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
SQL Server2012逆引き大全515の極意 -
◎SQL Server 2016の教科書 開発編:3,888円
SQL Server 2016の教科書 開発編 -
SQL Server 2016の教科書 開発編 -

◎SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応:3,996円
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応 -
posted by アンドレアス at 07:20| Comment(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする