2017年02月24日

復習にも初めてのPerl学習、プログラミング学習にも役立つ「もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl」

ログから文字列検索したい場合、
file名と検索したい文字列を引数に指定する
Perlスクリプトです。

○環境
OS:Ubuntu 14.04.5 LTS
Perl:5.18.2

○使用方法:./modern_script.pl sample.txt clam

-----------------
modern_script.pl
-----------------
#!/usr/bin/perl

=head1 NAME
get_match_line.pl

=head1 SYNOPSIS
perl get_match_line.pl FILE STRING

=head1 DESCRIPTION

=cut

use strict;
use warnings;

my ($file,$match) = @ARGV;

die "Usage: $0 FILE STRING" unless $file && $match;

print_match_line($file,$match);

sub print_match_line{
my ($file,$match) = @_;

open my $fh,'<',$file or die qq{Can't open file: "$file": $!};

while(my $line=<$fh>){
print $line if index($line,$match) > -1;
}
close $fh;
}

もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl」P55参照

急に、なんだか良くわからないサーバーの
ログを見る羽目になった場合にも
Perlさえあれば、手軽に使用できます。
※最近は、Perlがインストールされていない場合も増えてますが。


◎もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl:3,002円
もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl (Software Design plus) -
もっと自在にサーバを使い倒す 業務に役立つPerl (Software Design plus) -

◎Perlベストプラクティス:円
Perlベストプラクティス -
Perlベストプラクティス -

◎初めてのPerl 第6版:円
初めてのPerl 第6版 -
初めてのPerl 第6版 -
posted by アンドレアス at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

驚愕のSEASON3ラストシーンからの続き「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン4」は、シーズン最高の、ストーリーに引き込まれた、素晴らしき第1話だった!

第一話、素晴らしかったです!

文句無しの緊迫感。

ストーリー展開は、何となくある違和感で読めるんですが、
役者の演技が緊迫感溢れていて、素晴らしいSEASONの始まりとなりました。

いやー、一気に見たいので、今週休みたいなー(^^)

◎クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン4 コンパクト BOX [DVD] :3,709円
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン4 コンパクト BOX [DVD] -
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン4 コンパクト BOX [DVD] -

◎クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン5 コンパクト BOX [DVD] :3,709円
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン5 コンパクト BOX [DVD] -
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン5 コンパクト BOX [DVD] -

◎クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 コンパクト BOX [DVD] :3,709円
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 コンパクト BOX [DVD] -
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 コンパクト BOX [DVD] -
posted by アンドレアス at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メニュー形式シェルスクリプトを久しぶり(15年ぶりか)に作成。ClamAVのSignature確認もできる。

15年ほど前に、とある案件でSolaris環境で、
メニュー形式のスクリプトを作成したのですが、
数字でメニューを選ぶだけなので、またユーザー向けに作成してみることに
なりました。

○環境
OS:Ubuntu14.04
Shell:Bash
主なアプリケーション:ClamAV
--------
@menu1.sh
#!/bin/bash

cat sample.txt
echo -n "数字を半角で入力して下さい。"

read num

case "$num" in
1)
./1_osversion.sh
;;
2)
./2_clamav_dataupdate.sh
;;
3)
./3_infected_clamscan_log.sh
;;
4)
./date4_compare_freshclamlog.sh
;;
*)
echo "1,2,3,4以外のキーを入力されました。"
;;
esac


A3_infected_clamscan_log.sh
#!/bin/bash

sudo cat /root/clamscan2_20170218.txt | /bin/grep Infected;echo ""


Bdate4_compare_freshclamlog.sh
#!/bin/bash

TODAY=`/usr/bin/env LC_ALL=C date "+%a %b %d"`
YESTERDAY=`/usr/bin/env LC_ALL=C date "+%a %b %d" -d "1 days ago"`

TODAY_BYTECODE_CVD=`/bin/grep "$TODAY" /var/log/clamav/freshclam.log | /bin/grep bytecode.cvd | tail -1 | sed -E 's/^.*version: ([0-9]{3}).*$/\1/g'`
YESTERDAY_BYTECODE_CVD=`/bin/grep "$YESTERDAY" /var/log/clamav/freshclam.log | /bin/grep bytecode.cvd | tail -1 | sed -E 's/^.*version: ([0-9]{3}).*$/\1/g'`

TODAY_SIGNATURE=`/bin/grep "$TODAY" /var/log/clamav/freshclam.log | /bin/grep signature | tail -1 | sed -E 's/^.*([0-9]{7}) signatures.*$/\1/g'`
YESTERDAY_SIGNATURE=`/bin/grep "$YESTERDAY" /var/log/clamav/freshclam.log | /bin/grep signature | tail -1 | sed -E 's/^.*([0-9]{7}) signatures.*$/\1/g'`


echo "********************************************************************"
echo "昨日のBYTECODE_CVD : "$YESTERDAY_BYTECODE_CVD
echo "昨日の signature : "$YESTERDAY_SIGNATURE
echo "********************************************************************"
echo "今日のBYTECODE_CVD : "$TODAY_BYTECODE_CVD
echo "今日の signature : "$TODAY_SIGNATURE
echo "********************************************************************"

C2_clamav_dataupdate.sh
#!/bin/bash

sudo /usr/bin/freshclam &


ログチェック等も面倒だから、
他にも「自分用に」作成しておこうと思います。(^^)。


◎フルスクラッチから1日でCMSを作る シェルスクリプト高速開発手法入門:2,808円
フルスクラッチから1日でCMSを作る シェルスクリプト高速開発手法入門 -
フルスクラッチから1日でCMSを作る シェルスクリプト高速開発手法入門 -


◎シェルプログラミング実用テクニック:3,218円
シェルプログラミング実用テクニック (Software Design plus) -
シェルプログラミング実用テクニック (Software Design plus) -

◎すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか デプロイ・保守に苦しむエンジニア達へ贈る[シェルスクリプトレシピ集]:2,700円
すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか デプロイ・保守に苦しむエンジニア達へ贈る[シェルスクリプトレシピ集] -
すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか デプロイ・保守に苦しむエンジニア達へ贈る[シェルスクリプトレシピ集] -


posted by アンドレアス at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

あと33分で先行発売開始!WEB+DB PRESS Vol.97の特集2はMySQL運用最前線だ!

明日から東京では、先行販売しているはずなので、
大きい書店を巡ってみます。

Reactで作るシングルページアプリケーション入門が特集1ですが、
こちらも読みたいです。

◎WEB+DB PRESS Vol.97:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.97 -
WEB+DB PRESS Vol.97 -

◎WEB+DB PRESS Vol.96:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.96 -
WEB+DB PRESS Vol.96 -
特集3
はやぶさ2小惑星探査ノウハウ大公開
宇宙航行からサンプル採集,帰還までの舞台裏


面白そう!WEB+DB PRESSの内容と関係無くても、
非常に楽しみです!


◎WEB+DB PRESS Vol.95:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.95 -
WEB+DB PRESS Vol.95 -
面白記事満載で、
特集でもないのに、非常に面白いのが
「機械学習xサーバ管理」将来予測、異常検出による先進的インフラ運用、です。

線形回帰分析による将来予測(P105)とか正規分布モデルによる異常検出(P107)とか
従来の障害検出と異なった、これからの障害予測手法が
ついにWeb+DB PRESSに掲載される時代になった、ということは、
今後のインフラ担当も、この統計・数学を駆使した
方法を理解する必要がある時代に突入することを
示していると思われます。

最後の「まとめ」に書かれているように、
サーバ管理への応用はまだ始まったばかり、ゆえに、
早めに理解に努めるようにした方が良いですね。

数学のところがネックになって、
込み入った話からはずされていく人も増えるかと
思います。

他にも面白い記事が続きますが、
伊藤直哉氏の連載、
第21回 AWS LambdaとServerless Frameworkでサーバレスアーキテクチャ
では、Serverless Frameworkを利用した
画像サムネイル作成保存、Amazon 商品情報をJSONで返すなどの
アプリサンプルを作れます。

第4回データ処理の高速化 では、
アプリケーションを高速化するための可視化、RDBMS/SQLの最適化と題して
キャッシュの最適化とともに取り上げられています。

キャッシュのN+1問題、Cache thundering herd問題なども取り上げられており、
必読な内容です。

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。

★伊藤直也氏の連載で、Embulk, Re:dash, Digdagを取り上げています。
 Embulkでみずほ銀行の公開データを取り込む、という始まりのところですが、
 (P167付近)そのままでは、エラーが出るようです。
 DATE含めた13列目のデータだけ、awkで切り出して embulk previewすると
 うまくいきました。
 ***** をnull_string で定義してますが、
 それ以外にも、掲載されていない個所を対応しないといけないようです。
 ,,, のところと思いますが、後でまとめます。

embulk-input-postgresql をインストール後、
PostgreSQLへ出力中ですが、
exchangeテーブルが作成されてないので、
あとで、メモします。
WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -
posted by アンドレアス at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

37分後、発売開始!ソフトウェアデザイン 2017年 03 月号は、ログ&データ分析基盤入門特集だ!

明日は午前中に買いに行きます。
土日で一気に読んでしまおう。

来週から始まるPJで読む時間が無くなると思うので・・・。


◎ソフトウェアデザイン 2017年 03 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2017年 03 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 03 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -


◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 - プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

posted by アンドレアス at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

「天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス」は、「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しただけあり、面白い!

「マネーロンダリング」「タックス・ヘブン」以来の
面白い、金融系ミステリー小説が、ようやく
出てきました。

主人公の二礼茜ですが、
「何となく、誰かに似ているキャラクターだな、誰だっけ?」と
あれこれ記憶をたどっていたのですが、

あっ!ヴァルキリーか!

と。

どちらかというと悪役側にいるポジション等の違いがありますが、
P42まで読んできた印象では、
キャラクターの冷静さとベールに包まれた怪しさなどは、
読者が受け取るイメージとして、似ています。

これから読み進めていきます。

追記は後程・・・・・。


◎天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス:734円
天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) -
天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) -


◎ブラック・ヴィーナス 投資の女神:1,620円
【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】ブラック・ヴィーナス 投資の女神 -
【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】ブラック・ヴィーナス 投資の女神 -

◎:562円
このミステリーがすごい! 2017年版 -
このミステリーがすごい! 2017年版 -
posted by アンドレアス at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発売開始!佐藤優 氏「嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる」は、リーダーのポジション・管理職にとって実用的で役立つ

特に、内容が役立ちそうな人は、
管理職、リーダー職ですね。

嫉妬、自己愛の肥大化という観点からの
対人対応の心がけ、を「コンビニ人間」などの作品もあげながら、
わかりやすい「ポイント」で、対処方法も
記載されています。

個人的に、一番面白く関心をひいたのは、
竹村健一さんのところでした。

佐藤優さんの執筆ペースは、あの池上彰さんも驚くものですが、
竹村健一さん自身を参考に、自分なりに
アレンジしているんだな、と気付いた次第です。


◎嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる:円
嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ) -
嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ) -

◎:円
伊藤くん  A to E -
伊藤くん A to E -

◎ウォーク・イン・クローゼット:1,512円
ウォーク・イン・クローゼット -
ウォーク・イン・クローゼット -

posted by アンドレアス at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先行発売開始!「Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現」は、買いです!

会社費用でもいいから買ってもらいましょう(笑)。

東京では大手書店で軒並み先行販売開始しています。
特に良いと思う箇所は、
下記の4点です。

第4章 RoleによるPlaybookの共通部品化
第7章 AWSでのAnsibleの活用
第9章 Dockerコンテナの利用
第10章 Playbookのテスト

「Ansible実践ガイド」と合わせて、
自分の机の上に置いておきましょう。

そして、社内で流行らせましょう。

◎Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現:円
Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現 -
Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現 -


◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

AnsibleでCentOS7.3にPostgreSQLをソースインストールする(2)

OS:CentOS7.3

@ソースインストールするために必要パッケージを入れたり、
 ソースをDownloadするところから。
Aソースある前提の
 configure,make,make install

@/etc/ansible/postgre96_source.yml
---
- hosts: c7322
vars:
src_dir: /home/jack/work
postgres_ver: postgresql-9.6.1
tasks:
- name: install readline-devel zlib-devel
action: command yum -y install readline-devel zlib-devel
- name: install wget
action: command yum -y install wget
- name: install gcc gcc-c++ binutils
action: command yum -y install gcc gcc-c++ binutils make
- name: check exist postgresql source file
action: command ls -l {{src_dir}}/{{postgres_ver}}.tar.gz
ignore_errors: True
register: result1
- name: download postgresql-9.6.1 source file
action: command chdir={{src_dir}} wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.6.1/postgresql-9.6.1.tar.gz
- name: download postgresql-9.6.1 sha256
action: command chdir={{src_dir}} wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.6.1/postgresql-9.6.1.tar.gz.sha256
when: result1|failed
- name: download pg_bigm-1.2 source file
action: command chdir={{src_dir}} wget https://ja.osdn.net/projects/pgbigm/downloads/66565/pg_bigm-1.2-20161011.tar.gz
- name: tar xvzf postgresql-9.6.1.tar.gz
action: command chdir={{src_dir}} tar xvzf {{postgres_ver}}.tar.gz
- name: configure
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} ./configure --prefix={{src_dir}}
- name: make
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make
- name: make install
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make install

A/etc/ansible/postgre96_source_makeinstall.yml
---
- hosts: c7322
vars:
src_dir: /home/jack/work
postgres_ver: postgresql-9.6.1
tasks:
- name: mkdir postgresql
action: command chdir={{src_dir}} mkdir postgresql
- name: tar xvzf postgresql-9.6.1.tar.gz
action: command chdir={{src_dir}} tar xvzf {{postgres_ver}}.tar.gz
- name: configure
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} ./configure --prefix={{src_dir}}/postgresql
- name: make
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make
- name: make install
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make install



◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと8分で発売開始!日経Linux(リナックス)2017年3月号、ついに人工知能特集が登場した!

ついに出てきた!人工知能特集です!

速攻、買いに行くぞ〜!


◎日経Linux(リナックス)2017年3月号:1,630日経Linux円
日経Linux(リナックス)2017年3月号 -
日経Linux(リナックス)2017年3月号 -

◎日経Linux(リナックス)2017年2月号:1,630日経Linux円
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2017年1月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -

◎まんがでわかるLinux シス管系女子2:1,728円
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
posted by アンドレアス at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする