2017年02月12日

先行発売開始!「Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現」は、買いです!

会社費用でもいいから買ってもらいましょう(笑)。

東京では大手書店で軒並み先行販売開始しています。
特に良いと思う箇所は、
下記の4点です。

第4章 RoleによるPlaybookの共通部品化
第7章 AWSでのAnsibleの活用
第9章 Dockerコンテナの利用
第10章 Playbookのテスト

「Ansible実践ガイド」と合わせて、
自分の机の上に置いておきましょう。

そして、社内で流行らせましょう。

◎Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現:円
Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現 -
Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現 -


◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

AnsibleでCentOS7.3にPostgreSQLをソースインストールする(2)

OS:CentOS7.3

@ソースインストールするために必要パッケージを入れたり、
 ソースをDownloadするところから。
Aソースある前提の
 configure,make,make install

@/etc/ansible/postgre96_source.yml
---
- hosts: c7322
vars:
src_dir: /home/jack/work
postgres_ver: postgresql-9.6.1
tasks:
- name: install readline-devel zlib-devel
action: command yum -y install readline-devel zlib-devel
- name: install wget
action: command yum -y install wget
- name: install gcc gcc-c++ binutils
action: command yum -y install gcc gcc-c++ binutils make
- name: check exist postgresql source file
action: command ls -l {{src_dir}}/{{postgres_ver}}.tar.gz
ignore_errors: True
register: result1
- name: download postgresql-9.6.1 source file
action: command chdir={{src_dir}} wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.6.1/postgresql-9.6.1.tar.gz
- name: download postgresql-9.6.1 sha256
action: command chdir={{src_dir}} wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.6.1/postgresql-9.6.1.tar.gz.sha256
when: result1|failed
- name: download pg_bigm-1.2 source file
action: command chdir={{src_dir}} wget https://ja.osdn.net/projects/pgbigm/downloads/66565/pg_bigm-1.2-20161011.tar.gz
- name: tar xvzf postgresql-9.6.1.tar.gz
action: command chdir={{src_dir}} tar xvzf {{postgres_ver}}.tar.gz
- name: configure
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} ./configure --prefix={{src_dir}}
- name: make
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make
- name: make install
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make install

A/etc/ansible/postgre96_source_makeinstall.yml
---
- hosts: c7322
vars:
src_dir: /home/jack/work
postgres_ver: postgresql-9.6.1
tasks:
- name: mkdir postgresql
action: command chdir={{src_dir}} mkdir postgresql
- name: tar xvzf postgresql-9.6.1.tar.gz
action: command chdir={{src_dir}} tar xvzf {{postgres_ver}}.tar.gz
- name: configure
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} ./configure --prefix={{src_dir}}/postgresql
- name: make
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make
- name: make install
action: command chdir={{src_dir}}/{{postgres_ver}} make install



◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと8分で発売開始!日経Linux(リナックス)2017年3月号、ついに人工知能特集が登場した!

ついに出てきた!人工知能特集です!

速攻、買いに行くぞ〜!


◎日経Linux(リナックス)2017年3月号:1,630日経Linux円
日経Linux(リナックス)2017年3月号 -
日経Linux(リナックス)2017年3月号 -

◎日経Linux(リナックス)2017年2月号:1,630日経Linux円
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2017年1月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -

◎まんがでわかるLinux シス管系女子2:1,728円
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
posted by アンドレアス at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

リーダーとマネージャーを明確に分けている!日経NETWORK2017年2月号「スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学」

日経NETWORKの最後のページは、
エンジニアの方のおすすめ書籍を取り上げているコーナーになっています。

今月はマクニカの大野氏による
「スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学」という
G.M.ワインバーグの著書がとりあげられています。

・リーダーとマネージャーを明確に分けている

・リーダーは自律的に改革を起こす人。
 アサインされていようがいまいが関係なく、
 リーダーシップを発揮し、組織を引っ張る。

・マネージャーでなくてもリーダーにはなれます。

非常に面白そうなので、
買ってきます、明日。



◎スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学:3,132円
スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学 -
スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学 -

◎コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学:3,132円
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 -
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 -
posted by アンドレアス at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語能力と教養を両方アップさせつつ楽しめる!「MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare」


シェークスピアの4作品を読んだことあるといえる、
というのも大きいかと思います。

なかなかシェークスピアを読む機会も時間も無い中で
英語能力をアップさせるという目的にプラスして
読んで楽しめるのが、この本の良いところです。

日本語訳もついてるので、挫折の無い書籍です。
オススメ!


◎MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare:2,160円
MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -
MP3 CD付 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 Four Tragedies of Shakespeare【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -


◎MP3 CD付 英語で読むシャーロック・ホームズ シャーロキアンが愛した5篇 The Best 5 of Sherlock Holmes by Sherlockian:2,376円
MP3 CD付 英語で読むシャーロック・ホームズ シャーロキアンが愛した5篇 The Best 5 of Sherlock Holmes by Sherlockian【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -
MP3 CD付 英語で読むシャーロック・ホームズ シャーロキアンが愛した5篇 The Best 5 of Sherlock Holmes by Sherlockian【日英対訳】 (IBC対訳ライブラリー) -


◎世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語:1,620円
世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語 (講談社パワー・イングリッシュ) -
世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語 (講談社パワー・イングリッシュ) -

◎あらすじで読むシェイクスピア全作品:864円
あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書) -
あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書) -

posted by アンドレアス at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラックの森久氏の著作「サイバー攻撃の足跡を分析するハニーポット観察記録」がユニーク&面白い!

ラックのエンジニアの方の著作が、時々発売されていますが、
ユニークで内容が面白い本がまた出てきました。

大きい書店では、こそっとセキュリティ本などの
コーナーに並んでいるので、
見逃している人もいるかも、しれません(^^)。

第2章 Webサーバのアクセスログ観察 の、

第1節 外部ファイルを不正に読み込ませる攻撃
第2節 パスワードファイル閲覧攻撃
第3節 環境変数に対する調査
第4節 一時ファイルに対する調査
第5節 スキャンツールを用いた調査
第6節 SQLインジェクション攻撃
第7節 クロスサイトスクリプティング攻撃
第8節 EPGrecに対する調査
第9節 OpenFlashChartに対する調査
第10節 apach0day攻撃?

そして、第3章 Web型ハニーポットのログ観察、
第4章 多彩なハニーポットのログ観察 も盛りだくさんです。

サーバー系、ネットワーク系問わず
非常に読み応えある内容ですので、
会社費用でもいいから、ぜひ買っておくべき1冊です。

CSIRTの人にでも良いから買ってもらうのも手ですね(笑)


◎サイバー攻撃の足跡を分析するハニーポット観察記録:円


◎Honeypots―ネットワーク・セキュリティのおとりシステム:8,640円


◎:円

posted by アンドレアス at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

AnsibleでCentOS7.3にPostgreSQLをソースからインストールし自動起動するようにplaybookをつくる(準備編)

準備中ですが、ようやくできました。
yum でインストールすると楽なんですが、
systemctl設定まわりや、PostgreSQLの初期導入時に
具体的に何をやっているかが、
yumでのパッケージインストールでは分からなくなるので、
ちょうど良い機会になりました。

※しばらくすると、忘れてしまうかもしれませんが、
 その時は、AnsibleのPlaybookを見て、
 思い出せるようにしたい、です。

さて、本題です。


Postgresqlのソースをインストールする場合、
readline-devel,zlib-develを追加インストールしておかないと
./configure でエラーになりました。

注)gcc系のパッケージは、インストール済である前提です。

1.
vi /usr/lib/systemd/system/postgresql.service

systemctl enable postgresql

下記のシンボリックリンクが出来る。
/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postgresql.service

2.
postgres になり。

~/.bashrcに下記を追記(他にもあるので、Webを見る。下記だけでも動いた)
=========================================================================
export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/pgsql/lib
export PGDATA=/home/postgres/data
=============================================

source ~/.bashrc



/home/postgres で、

mkdir data

initdb --encoding=UTF8 --no-locale

pg_ctl -w start

psql
pg_ctl stop

3.
http://pgbigm.osdn.jp/pg_bigm-1-2.html#install

initdb -D $PGDATA --locale=C --encoding=UTF8
とか参考にする

postgres=# create extension pg_bigm;
CREATE EXTENSION
postgres=# \dx pg_bigm
List of installed extensions
Name | Version | Schema | Description
---------+---------+--------+------------------------------------------------------------------
pg_bigm | 1.2 | public | text similarity measurement and index searching based on bigrams
(1 row)

◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -


◎内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則:円
内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus) -
内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus) -

posted by アンドレアス at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

【極厚冊子付録】作例満載! ラズパイ・プログラム集と、特集1 フレームワーク&おもしろソフト大図鑑100だけで買う価値あり!発売中!「日経ソフトウエア 2017年3月号」

今月は普段より売れているようです。
昨日、帰りにIT本・雑誌売り場を見ていたら
日経ソフトウェアを手に取って買っていきました、1人。

普段は、あまり見かけない光景です(^^)。

SOFTWARE DESIGNやWEB+DB PRESSなら、
目の前でぱっととっていく人は良く見かけますが、
意外に日経ソフトウェアは、次から次へと
買っていくほどではなかったので。

ちなみに、私が日経ソフトウェアを買う理由の1つは、
付録です。

【極厚冊子付録】作例満載! ラズパイ・プログラム集

付録で対抗できるのは、
日経Linuxくらいしか思い浮かびません。

そして、
特集1 フレームワーク&おもしろソフト大図鑑100だけで買う価値あり!
もかなり、良いです。

こんな事言うと何ですが、
日経Linuxの特集1を真似た感じで、良かったです(^^)


◎日経ソフトウエア 2017年3月号:円
日経ソフトウエア2017年3月号 -
日経ソフトウエア2017年3月号 -



◎日経ソフトウエア 2017年2月号:1,320円
日経ソフトウエア2017年2月号 -
日経ソフトウエア2017年2月号 -

◎日経ソフトウエア 2017年1月号:1,320円
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
日経ソフトウエア 2017年 1月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

読み終えた!「ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号」、一番面白かったのは・・・

一気に読み終えました。

◎面白かった&役に立った
1位:特集1 いまはじめるDocker
   7章 最新動向を知る

・1.9からdocker network
 複数の仮想インターフェースを利用可能に
・Docker Engineに内部で名前解決するDNSサーバを内蔵
・v1.11から内部DNSのラウンドロビン対応。
 runC導入(ライブラリ,2015年Docker社がOCIへ寄贈)
 containerdデーモン

 v1.11まで
 v1.12から 新dockerdデーモン

・swarm
 v1.12から新しいSwarmモード(Docker Swarmよりクラスタが簡単に組める、新機能「ルーティングメッシュ機能」「Ingressロードバランシング」も追加)
 機能とクラスタ構成方法が異なる。
・新しいコンテナ管理の概念
 サービス(コンテナ実行を定義する)とタスク

docker service create --replicas 3 -p 80:80 nginx:latest


◎ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 02 月号 [雑誌] -


◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 - プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

◎Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで:2,894円
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
posted by アンドレアス at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「モーツァルトのいる休日 大人の楽しむクラシック」を読み、モーツァルトのCD「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466」「ディヴェルティメント集」

最近、音楽聞いてないなぁーと思って日々を過ごしていた最中、
書店で目に留まる。

「モーツァルトのいる休日 大人の楽しむクラシック」

パラパラ、パラパラ。

うーん。

パラパラ、パラパラ。

うーん。

面白い!購入決定。

昨日読み終わり、モーツァルトCDも購入して
早速、聴いています。

聴いた事ある、されど曲名とモーツァルトの曲であるとは
知らない曲がたくさんあるのだなあーと実感。

歌詞がなく、リズムもテンポも良いので、
BGMにも使えそうですね。


◎モーツァルトのいる休日 大人の楽しむクラシック:918円
モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書) -
モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書) -

◎Mozart: The Great Piano Concertos, Vol.1:2,000円
2CDって、2枚CDが入っていることに今気づきました!(^^)。
このブログ書いてないと気づかなかった可能性大(笑)。
Mozart: The Great Piano Concertos, Vol.1 (2 CDs) -
Mozart: The Great Piano Concertos, Vol.1 (2 CDs) -
書籍でとりあげられた「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466」以外に、
第21番,19番,22番,23番もあって、お買い得!

◎モーツァルト:ディヴェルティメント集:976円


◎:円


著者の石田衣良さんは、
ヒット作「池袋ウエスト・ゲート・パーク」でも、
クラシック曲を聴くマコトの描写を1編1曲必ず
入れられてました。

◎IWGPコンプリートガイド:円
IWGPコンプリートガイド (文春文庫) -
IWGPコンプリートガイド (文春文庫) -
P146〜167まで、マコトの音楽ライブラリーと題した章で、
1ページ2曲ずつ、クラシック曲が紹介されています。
(p167だけ、その他の登場曲を記載)

「池袋ウエストゲートパークT」の P60、
マコトがヴァージン・メガストアで、
「お得だからこれがいい」と店員に渡された
デイビスのチャイコフスキー「弦楽セレナード」から
始まります。
ここ読んでCDを買って聴きながら「池袋ウエストゲートパーク」を
読むのが、



です!

◎チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード:1,300円前後
チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード - デイヴィス(サー・コリン)
チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード - デイヴィス(サー・コリン)
posted by アンドレアス at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする