2017年01月07日

呼吸するのを忘れてしまった! マサル V.S 牛嶋・柄崎の結末! 闇金ウシジマくん(38)!もう1回最初から読もう!

あー、沖縄の安奈、今、思い出した。

そうか、あの安奈か・・・。


エンディングが近いのか、
33巻からの壮絶だった展開が、
クライマックスを迎えた後、
マサルを探す牛嶋と柄崎、舞台は

沖縄!

マサル V.S 牛嶋・柄崎の結末は・・・如何に!

◎闇金ウシジマくん(38):円
おい、マサル。
闇金ウシジマくん(38) (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん(38) (ビッグコミックス) -

◎闇金ウシジマくん(37):円
闇金ウシジマくん(37) (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん(37) (ビッグコミックス) -

◎闇金ウシジマくん 1-38巻セット:円
闇金ウシジマくん 1-38巻セット (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん 1-38巻セット (ビッグコミックス) -

posted by アンドレアス at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買おう!買おう! 2017年にPython本を選ぶなら、この3冊から!

クジラ飛行机さんの著作が2冊入ってますが、
書店での売れ方を見ても、
まあ、妥当なところですね。

4月から新人研修を担当している人なども、
教える内容を吟味するのに良い本だと思います。

◎みんなのPython 第4版:2,916円
みんなのPython 第4版 -
みんなのPython 第4版 -

◎Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう:3,456円
Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう -
Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう -

◎実践力を身につける Pythonの教科書:2,786円
実践力を身につける Pythonの教科書 -
実践力を身につける Pythonの教科書 -

posted by アンドレアス at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

あっ、5分後から発売開始する! 日経Linux(リナックス)2017年2月号の最初に読みたいのは・・・これだな

文句無しで、ラズパイ2017年式入門ですね。

時間がなくて、
結局、まだRaspberry Pi3を使ってない(近くにありますが)ので、
明日からさっさとインストールして使います。

参考にしよう。

それと、Ubuntuでハイレゾ音楽を再生も楽しみです。

追加レビューは後から書きます。


◎日経Linux(リナックス)2017年2月号:1,630日経Linux円
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -
日経Linux(リナックス)2017年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2017年1月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年12月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年11月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -




◎日経Linux(リナックス)2016年10月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年9月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年8月号:円
日経Linux(リナックス)2016年8月号 -
日経Linux(リナックス)2016年8月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年7号:円
日経Linux(リナックス)2016年7月号 -
日経Linux(リナックス)2016年7月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年4月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年4月号 -
日経Linux(リナックス)2016年4月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年3月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年3月号 -
日経Linux(リナックス)2016年3月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年2月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年2月号 -
日経Linux(リナックス)2016年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年1月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年1月号 -
日経Linux(リナックス)2016年1月号 -


◎日経Linux(リナックス)2015年12月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2015年12月号 -
日経Linux(リナックス)2015年12月号 -


◎まんがでわかるLinux シス管系女子2:1,728円
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
posted by アンドレアス at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年、面白さでダントツだった3冊(IT+サイエンス分野)!「量子コンピュータが人工知能を加速する」「エクサスケールの衝撃」「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」


エクサスケールの衝撃は、2015年1月発売でしたが、
私が読んだのが今月(2016/12)なので。(^^)。

人口知能・機械学習というトレンド・キーワードの陰に
隠れた感もする「量子コンピュータ」ですが、
個人的には、こちらが本命として、巨大な存在として認識されるのも
もうすぐだと思います。

NASA,USRA,GoogleがD-Waveシステムの量子コンピュータが
1億倍(今までのコンピュータと比較し)と発表して1年が経過しましたが、
「量子アニーリング方式」「量子ビット」「組み合わせ最適化問題」
「量子力学」などの
キーワードは、2017年以降、徐々にメディアで目にする機会が
増えることと思います。

◎量子コンピュータが人工知能を加速する:1,620円
量子コンピュータが人工知能を加速する -
量子コンピュータが人工知能を加速する -

◎エクサスケールの衝撃:1,620円
エクサスケールの衝撃 -
エクサスケールの衝撃 -


◎ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装:円
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 -
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 -


2017年には、量子ビットが2000個のマシンが出荷される予定、だそうです。
第4章で、通常のコンピュータプログラムより先に、
量子コンピュータのプログラムを覚えた
「人類初の例」となる、ロスアラモス国立研究所の小学生のお嬢さんの
将来って、非常に興味をひかれます(^^)


◆補足と引用
 汎用性の無いアルゴリズム+従来型コンピュータで
 D-Waveと変わらない速度で問題を解いた論文の事も触れられていることに
 関する西森教授の見解もP102〜103に記載されています。
 
その論文
vasil S. denchev et al. "What is the computational value of finite-range tunneling"
https://journals.aps.org/prx/pdf/10.1103/PhysRevX.6.031015


◆参考URL
D-Wave Twitter:https://twitter.com/dwavesys

1QBit Twitter:https://twitter.com/1QB_it
posted by アンドレアス at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

突出して面白く、かつ役立った2冊!「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」「僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意」(2016年 ビジネス本)

アマゾンのレビューには、批判している人もいますが、
2016年は、この2冊が群を抜いていたと思います。

単純に「読んでるだけでも面白い」です。

中島聡さんのWEB+DB PRESSの連載(毎回1ページでしたが)が
終了してしまっただけに、
著作が出たのは非常に良かったです。
人によっては、自慢話や部下の批判にとるんですね、勉強になりました(^^)。

役に立つか立たないかは、200以上のレビューの数が物語っていると
思います。

続いて、佐藤優さんと池上彰さんのコンビ本は
これで3冊目だったでしょうか。
その中でも、情報収集に使っている機器・雑誌・書籍・新聞を
惜しみなくさらけ出していて、購入・購読の参考になります。

「僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意」

2016年のビジネス書籍に関しては、この2冊が圧倒的でした。


◎なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である:1,490円
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である -
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である -

◎僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 :1,512円
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 -
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 -

◎コンビニ人間:1,404円
コンビニ人間 -
コンビニ人間 -
posted by アンドレアス at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

年末年始だからこそ読みたくなる!2016年最後の新刊Amazon Web Services本「Amazon Web Services完全ソリューションガイド」発売中

2016年最後の新刊Amazon Web Services本が
発売されました。

会社費用でいいから、買ってもらいましょう(^^)

◎Amazon Web Services完全ソリューションガイド:3,132円
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -
Amazon Web Services完全ソリューションガイド -


◎合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト:2,376円
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト -

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
こちらも先行販売していないか、見てきます。
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -



◎Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門:3,218円
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -
Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 -



◎Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく:3,974円
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく (Informatics&IDEA) -


◎AWSエキスパート養成読本:2,138円
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus) -
既に正式発売中で、引き続き売れています。

内容は、Elastic SearchやAPI Gatewayのように、
EC2,S3,RDSなど、これまでの基本サービス本とは違った、
これから旬になるサービスについて触れている内容です。

Kinesis,DynamoDBなども当然掲載。

そして、Lambdaも当然ですが、かなりのページを占めてました。

お買い得です。


全編全て書き下ろしです。
雑誌で掲載された内容の焼き直しは、一切ありません。

AWS専業ベンダーのクラスメソッドさんのエンジニアの方も
名を連ねてます。

AWSのビギナーの方も、そして既にビギナーでは無い方も
会社費用ででも良いから買ってもらって、
自分の机の上に置いておきましょう。




◎Amazon Web Services実践入門:2,786円
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus) -


◎Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド :3,672円
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド -
posted by アンドレアス at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始だからこそ読みたくなる!「Ansible実践ガイド」・・・・家はAnsibleなので、仕事場でも使いたいな、2017年

Ansibleのplaybookを1ホストで管理するより、
全ホストどこでも実行できるようにしておく方が効率が良いので、
自分PCのVMに展開中です。

gitのリポジトリを全ホストで持っておけば、
特に家PCでは、効率がアップするので、
メインの1台からコントロールするのは、やめることにしました。

Ansible実践ガイド、を読んでて、ふと1台でコントロールするのが
ナンセンスなのでは、・・家の自分のPCで・・・と思った次第。


◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始に一気読みだー!闇金ウシジマくん(21)〜

ルイトのホスト時代回想シーンなど、
20巻前後の「闇金ウシジマくん」では、
牛嶋の部下達の過去シーンも増えてきました。

過去が現在にどういう伏線を与えるか・・・。
友人たちの関わりも含めて、
心理の動き、現実とどういう風に対峙するかが面白いです。

◎闇金ウシジマくん(21):円
闇金ウシジマくん(21) (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん(21) (ビッグコミックス) -

◎闇金ウシジマくん(22):円
闇金ウシジマくん コミック 1-33巻セット (ビッグ コミックス) -
闇金ウシジマくん コミック 1-33巻セット (ビッグ コミックス) -

◎闇金ウシジマくん(22):円
闇金ウシジマくん(22) (ビッグコミックス) -
闇金ウシジマくん(22) (ビッグコミックス) -
posted by アンドレアス at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始だからこそ読みたくなる!「ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 オブジェクトストレージ特集」

Quesiton:What is a famous Object Storage?

Answer:S3 of Amazon Web services and OpenStack Swift are.

●まとめ

「ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 特集2オブジェクトストレージ教科書」

ファイルサーバ、FTPサーバとの違いから考えるPART1

分散処理を、OpenStachとCephを支える技術として理解するPART2

国内のオブジェクトストレージサービスが、どのように提供されているか把握できるPART3
-----
・オブジェクトストレージ
 データの入出力は、ファイル単位。
 アクセス方式の観点では、オブジェクトID単位

・データの入出力は、ファイル単位なので、一見、FTPサーバに似ているが・・・違いは何か?

ex.
Openstack Swift

操作対象リソース
アカウント :
コンテナ  :オブジェクトを保存する入れ物。階層構造は作れない。疑似的にオブジェクト名に対し、
       ディレクトリ名を含めて利用する。
オブジェクト:ファイルの実体


◎ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 :1534円
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 05 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 03 月号 :1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 03 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 03 月号 [雑誌] -


◆参照:
第4回 ストレージの基礎 〜アクセス方式の違いから見る〜
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/100700086/111700009/

★アクセス方式の観点から、ストレージを3つに分類可能
 (図1 三つのデータアクセス方式 が分かりやすい)
「ブロックストレージ」
「ファイルストレージ」
「オブジェクトストレージ」
高レスポンスが必要なら、ブロックストレージ

★時代の変遷の観点から

●メインフレームが主役の時代
 ・データが固定長
 ・「ブロックアクセス」型のストレージ(しかなかっった)
特徴:ブロックには、通し番号(アドレス)が割り当てられている

●UNIXやWindows等のオープンシステムが主役の時代
 ・「ファイルシステム」が広く普及
特徴
・ファイルシステムが、「ファイルをブロックデータに分割して」論理ボリュームに配置する
・ファイルシステムは、階層化(ツリー構造)で、
 サイズが一様でないファイル(固定長ではないデータ)を、容易に扱えるようにする仕組み
 
☆ネットワークファイルシステムの登場(NFS,CIFS,SMB)
NASはこれに該当する。


●クラウドが主役の時代
 ・データは、画像や動画ファイル等の非構造化データ
  オブジェクトを一意に識別するためのオブジェクトIDを元に、
  「オブジェクト」単位でアクセスする。

・オブジェクトは、ID(識別子)と属性情報(メタデータ)を持つ
・階層が無い(ツリー構造が無い)
 階層のある長い経路をたどるより、ファイルを探し出す負荷が軽くなる

特徴:IDをそのままURLにすれば、直接HTTPの宛先として紐付ることが可能。
   オブジェクトに期限を設定し消去したり、
   利用頻度に応じて高価・高性能のストレージと低コストのストレージを使い分けて
   格納する等可能。
posted by アンドレアス at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

年末年始だからこそ読みたくなる!「クラウドを支えるこれからの暗号技術」

こういう暗号本とか数学本は、
年末年始にゆっくり読むに限ります。

のんびりリラックスしつつ、
頭を使う。

◎クラウドを支えるこれからの暗号技術:3,024円
クラウドを支えるこれからの暗号技術 -
クラウドを支えるこれからの暗号技術 -

posted by アンドレアス at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする