2016年12月17日

今日から東京では先行販売しているはず!「WEB+DB PRESS Vol.96」、はやぶさ2小惑星探査ノウハウ大公開は、メチャクチャ読みたい

最初に読みたいのは、文句なしで、これ!


特集3
はやぶさ2小惑星探査ノウハウ大公開
宇宙航行からサンプル採集,帰還までの舞台裏


面白そう!WEB+DB PRESSの内容と関係無くても、
非常に楽しみです!

◎WEB+DB PRESS Vol.96:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.96 -
WEB+DB PRESS Vol.96 -


◎WEB+DB PRESS Vol.95:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.95 -
WEB+DB PRESS Vol.95 -
面白記事満載で、
特集でもないのに、非常に面白いのが
「機械学習xサーバ管理」将来予測、異常検出による先進的インフラ運用、です。

線形回帰分析による将来予測(P105)とか正規分布モデルによる異常検出(P107)とか
従来の障害検出と異なった、これからの障害予測手法が
ついにWeb+DB PRESSに掲載される時代になった、ということは、
今後のインフラ担当も、この統計・数学を駆使した
方法を理解する必要がある時代に突入することを
示していると思われます。

最後の「まとめ」に書かれているように、
サーバ管理への応用はまだ始まったばかり、ゆえに、
早めに理解に努めるようにした方が良いですね。

数学のところがネックになって、
込み入った話からはずされていく人も増えるかと
思います。

他にも面白い記事が続きますが、
伊藤直哉氏の連載、
第21回 AWS LambdaとServerless Frameworkでサーバレスアーキテクチャ
では、Serverless Frameworkを利用した
画像サムネイル作成保存、Amazon 商品情報をJSONで返すなどの
アプリサンプルを作れます。

第4回データ処理の高速化 では、
アプリケーションを高速化するための可視化、RDBMS/SQLの最適化と題して
キャッシュの最適化とともに取り上げられています。

キャッシュのN+1問題、Cache thundering herd問題なども取り上げられており、
必読な内容です。

◎WEB+DB PRESS Vol.94:1,598円
超、旬なネタの特集ですね。
AWSでの負荷を意識した設計・構築できる人って、
今、引手あまたですから。(AWSでなくても、ですが)

誰もが知ってるWeb系企業出身を名乗っていても、
実はこういう負荷対策を考慮して、実際に構築できるわけではない人、
多いですからね(^^)。

★伊藤直也氏の連載で、Embulk, Re:dash, Digdagを取り上げています。
 Embulkでみずほ銀行の公開データを取り込む、という始まりのところですが、
 (P167付近)そのままでは、エラーが出るようです。
 DATE含めた13列目のデータだけ、awkで切り出して embulk previewすると
 うまくいきました。
 ***** をnull_string で定義してますが、
 それ以外にも、掲載されていない個所を対応しないといけないようです。
 ,,, のところと思いますが、後でまとめます。

embulk-input-postgresql をインストール後、
PostgreSQLへ出力中ですが、
exchangeテーブルが作成されてないので、
あとで、メモします。
WEB+DB PRESS Vol.94 -
WEB+DB PRESS Vol.94 -

◎WEB+DB PRESS Vol.93:1,598円
WEB+DB PRESS Vol.93 -
WEB+DB PRESS Vol.93 -


◎WEB+DB PRESS Vol.92:円
WEB+DB PRESS Vol.92 -
WEB+DB PRESS Vol.92 -
posted by アンドレアス at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェル30本ノック、にチャレンジしよう=>本日発売!「ソフトウェアデザイン 2017年 1 月号」

第2特集の
[データサイエンス超入門]機械学習をどう学ぶべきか?
数学とコンピュータのつなぎ方

も楽しみですが、
一番先に読むだろう内容は、これ!

[光学ドライブを違う方法で“再生”]Ejectコマンドで遊んでみませんか?

ejectコマンドを使う機会と楽しみは、
仮想環境上でLinuxをVMとして利用するのが当たり前となった今、
無くなったと思うので、内容が非常に楽しみです。

◎ソフトウェアデザイン 2017年 1 月号:1,339円
ソフトウェアデザイン 2017年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2017年 01 月号 [雑誌] -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 12 月号:円
特集1は、「NoSQLの教科書」です。
ぜひとも買って、長期保存しておきたいですね。
もう1つの特集「文字コード攻略マニュアル」も
保存してとっておきたい内容です。
最近は、日本語文字コード以外の
アジア圏の文字コードの話題も増えているので、
参考にしたい内容です。
ソフトウェアデザイン 2016年 12 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 12 月号 [雑誌] -


◎ソフトウェアデザイン 2016年 11 月号:1,318円
ソフトウェアデザイン 2016年 11 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 11 月号 [雑誌] -

posted by アンドレアス at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

東京では先行販売開始!「Ansible実践ガイド」は、Windows構成管理、Docker利用まで含んだ最新の構成管理を自実践理解できる良書です。

インプレスの書籍は内容が優れたものが多いですが、
この「実践ガイド」シリーズも、ハズれ無しですね。

◎Ansible実践ガイド:3,456円
Ansible実践ガイド (impress top gear) -
Ansible実践ガイド (impress top gear) -


◎初めてのAnsible:3,456円
初めてのAnsible -
初めてのAnsible -

◎ソフトウェアデザイン 2016年 1 月号 :1,318円
やっぱ、第2特集 手軽さとコード化しやすさが人気!
Ansibleでサーバ構成管理を省力化 が良かったです!
それと、カラーページの
DIGITAL GADGET vol.205「浸透してきた人口知能」非常に良かった!
1月号のNO1と言っても過言ではありません。
P3のMusioやCogniToysなどの
オモチャのようなロボットが非常に関心を引きました。
・Musio(ミュージオ)
https://themusio.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151119_731341.html

・ディープラーニング基盤の学習エンジン「Muse」を搭載
・OSにAndroid 5.0
・子供向けの英語教育
だそうですね。


https://cognitoys.com/

これ、もう少し形状を変えると
日本でも流行りそうな気がするけど。
手触りとかどんな感じなのかな。
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
ソフトウェアデザイン 2016年 01 月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

「えんとつ町のプペル」は35人で創ってたらしい・・・。

絵本は1人で創るものだと思っていた・・、という
キングコング西野さんのインタビューが、王様のブランチで
流れているのを見てたんですが、
「えんとつ町のプペル」は、35人で創っていたんですね〜。

確かに作者1人で創る印象があった(実際、これまで大半の絵本はそうでしょうけど)ジャンルで
グループ創作すると、
ここまで凄いものが出来上がるという
好例ですね。



◎えんとつ町のプペル:2,160円
えんとつ町のプペル -
えんとつ町のプペル -

◎:1,728円
オルゴールワールド -
オルゴールワールド -

◎魔法のコンパス 道なき道の歩き方:1,500円
魔法のコンパス 道なき道の歩き方 -
魔法のコンパス 道なき道の歩き方 -
posted by アンドレアス at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発売中!日経Linux(リナックス)2017年1月号は、100ページもある、特別付録「Linuxカーネルが全部わかる本」が非常に良かった。

特集2「コマンドから機械学習まで GoogleをLinuxで使い倒す」も良かったが、
特別付録「Linuxカーネルが全部わかる本」が非常に良かった!

◎日経Linux(リナックス)2017年1月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年12月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年11月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -
posted by アンドレアス at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

今日のPublickey1にDocker記事が出ていたので、久しぶりにDockerを動かすことにする。

今日のPublickey1を読むと・・・。

Dockerが分散ストレージのInfinitを買収。Dockerに欠けていた最後のピースであるストレージが埋まった
http://www.publickey1.jp/blog/16/dockerinfinitdocker.html

そういえば、最近Dockerを触っていないので
読みかけの「プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化」
を開いて、今から触るか・・・。


◎プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化:3,240円
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 - プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -
プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 -

◎Docker 実践ガイド:3,240円
Docker 実践ガイド (impress top gear) -
Docker 実践ガイド (impress top gear) -

◎Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで:2,894円
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus) -
posted by アンドレアス at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

59分後書店で発売開始、日経Linux(リナックス)2017年1月号の特集1「Windows版Linux超活用」は今後Windowsを使う上で必ず役立つ便利な技を使いこなすのに良いなー

日経Linux(リナックス)2017年1月号の特集2も
特集1に負けない、便利で役立つ内容です。

もうすぐ書店が開くので
速攻で買って来て、コーヒーを飲みながら読もう。

年末的な話題としては、
Ubuntuで動かすインクジェットプリンターが
タイムリーな内容ですね。

まあ、Windows XPでそのまま使っていますけど、プリンターはいまだに。
ESET更新しとかないといけないな。

◎日経Linux(リナックス)2017年1月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -
日経Linux(リナックス)2017年1月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年12月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -
日経Linux(リナックス)2016年12月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年11月号:1,630円
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -
日経Linux(リナックス)2016年11月号 -




◎日経Linux(リナックス)2016年10月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -
日経Linux(リナックス)2016年10月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年9月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -
日経Linux(リナックス)2016年9月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年8月号:円
日経Linux(リナックス)2016年8月号 -
日経Linux(リナックス)2016年8月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年7号:円
日経Linux(リナックス)2016年7月号 -
日経Linux(リナックス)2016年7月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年6号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -
日経Linux(リナックス)2016年6月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年5月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -
日経Linux(リナックス)2016年5月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年4月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年4月号 -
日経Linux(リナックス)2016年4月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年3月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年3月号 -
日経Linux(リナックス)2016年3月号 -


◎日経Linux(リナックス)2016年2月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年2月号 -
日経Linux(リナックス)2016年2月号 -

◎日経Linux(リナックス)2016年1月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2016年1月号 -
日経Linux(リナックス)2016年1月号 -


◎日経Linux(リナックス)2015年12月号:1,540円
日経Linux(リナックス)2015年12月号 -
日経Linux(リナックス)2015年12月号 -


◎まんがでわかるLinux シス管系女子2:1,728円
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
まんがでわかるLinux シス管系女子2 -
posted by アンドレアス at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

発売中の「Python3ではじめるシステムトレード ──環境構築と売買戦略」は、株価に関するデータ解析、統計的手法学習に役立つという副産物がある、オイシイ本です。




◎Python3ではじめるシステムトレード ──環境構築と売買戦略:4,104円


◎ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装:3,672円
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 -
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 -
圧倒的な高評価の本です。
ディープラーニング、深層学習、機械学習、AIの本は数多くありますが、
これほど高い評価ばかりの本は、ありません!




◎Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう:3,456円
Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう -
Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう -

◎科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラリ、高速化:3,456円
科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラリ、高速化 -
科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラリ、高速化 -
科学技術計算向けの、Pythonの実践的な入門書です。
理工系の学部や研究室等でもPython採用実績が増加中ですが、
実験やシミュレーション等で役立つPython開発の基本が徹底解説されています。
ロケットシミュレータの作成場面を想定し、
コーディングの基礎からデバッグやテストまで、
いつ、何をするか、具体的なフローを平易に紹介しています。

押さえておきたいライブラリであるNumpy/SciPy/Matplotlib/pandas等も
コンパクトな例と共に紹介されていますので、お買い得。
posted by アンドレアス at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PythonとGoogle App Engine(GAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ITエンジニアも自分の音楽スタジオを持つために参考になる1冊が発売!「Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号」

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号、がハウt倍開始。

総力特集は、「プライベート・スタジオ2017」です。


<登場クリエイター/エンジニア(掲載順)>
◎オヴァル
◎上地等(BEGIN)
◎TeddyLoid
◎ALI&(80KIDZ)
◎保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)
◎田中隼人
◎ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW)
◎Dadub
◎Kuniyuki Takahashi
◎REBEL MUSICAL
◎mergrim
◎Yui Onodera
◎Yuto Uchino(The fin.)
◎麗(the GazettE)
◎小林うてな
◎KOKIA
◎ゲントウキ
◎山田ノブマサ
◎溝口肇


◎Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号:900円
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号 [雑誌] -
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号 [雑誌] -

https://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/


◎:900円
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 11月号 [雑誌] -
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 11月号 [雑誌] -

◎:900円
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 10月号 [雑誌] -
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 10月号 [雑誌] -
posted by アンドレアス at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

「聖書を語る」・・・佐藤優さん「村上春樹さんはたぶんプロットを作ってないと思う」中村うさぎさん「うん、作ってない」

・中村うさぎさんのエバンゲリオンの解釈話が非常に面白い。

・「フラニーとゾーイ」を買ったのは、この本がきっかけです。

・キルケゴール「非本来的絶望」

・自家中毒  、自己免疫が強すぎる
 アトピーも、この1種。

・ハードボイルドの手法
 モノに仮託する

・スープはイートするもの。
 日本人はドリンクする感覚。

・二元論ではサトリに到達しない





◎聖書を語る:626円
聖書を語る (文春文庫) -
聖書を語る (文春文庫) -

◎:円
聖書を読む (文春文庫) -
聖書を読む (文春文庫) -

◎1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット:3,866円
1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫) -
1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫) -
posted by アンドレアス at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする